「我々は人間か、それともスパマーか」Google は CAPTCHA を捨てる~ミスターウォンカ、あなたには見分けられますか?(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.06.18(火)

「我々は人間か、それともスパマーか」Google は CAPTCHA を捨てる~ミスターウォンカ、あなたには見分けられますか?(The Register)

画像のラベリングをベースとした新しい CAPTCHAには、「モバイルデバイスで利用しやすい」という追加のボーナスがある。歪んだ文字列を携帯電話に入力するよりも、猫や七面鳥の画像をタップする方が、はるかに容易だからだ。

国際 TheRegister
たった一度のクリックで、ウェブサイトが「人間だけを許可し、自動化されたソフトウェアは許可しない」ようにするため、Google は CAPTCHA に類似した新たなシステムを開発した。

【動画:「no CAPTCHA reCAPTCHA」を紹介するビデオ】

この「no CAPTCHA reCAPTCHA」は、歪めたテキストをユーザーに解読させるのではなく、ユーザーにチェックボックスを提供して確認を行う。それは自動化されたスパムソフトウェアが先のページへ進めなくなるよう設計されている。しかし人間なら、チェックボックスにチェックを入れて、その先へ進むことができる。

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. パスワードリスト攻撃による不正ログイン、カード不正利用確認(イオン銀行、イオンクレジットサービス)

    パスワードリスト攻撃による不正ログイン、カード不正利用確認(イオン銀行、イオンクレジットサービス)

  2. フィッシング詐欺キットに脆弱性、ターゲットは二度被害に遭う可能性(The Register)

    フィッシング詐欺キットに脆弱性、ターゲットは二度被害に遭う可能性(The Register)

  3. 「NOTICE」と合わせ、感染IoT利用者にも注意喚起(総務省、NICT、ICT-ISAC)

    「NOTICE」と合わせ、感染IoT利用者にも注意喚起(総務省、NICT、ICT-ISAC)

  4. Webサイトのサーバに第三者から不正アクセス、ウイルス感染や情報流出は確認されず(日邦産業)

    Webサイトのサーバに第三者から不正アクセス、ウイルス感染や情報流出は確認されず(日邦産業)

  5. 決済画面書き換えカード情報窃取(熊本ワイン)

    決済画面書き換えカード情報窃取(熊本ワイン)

  6. PostgreSQL において COPY 文の権限設定不備により遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

    PostgreSQL において COPY 文の権限設定不備により遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  7. 「脆弱性診断の内製化」セミナー、体験会も同時開催(SHIFT)

    「脆弱性診断の内製化」セミナー、体験会も同時開催(SHIFT)PR

  8. 約5,000枚の「振替払出書」と「振替払出証書」を紛失、誤廃棄の可能性(ゆうちょ銀行)

    約5,000枚の「振替払出書」と「振替払出証書」を紛失、誤廃棄の可能性(ゆうちょ銀行)

  9. セブン銀行を騙るフィッシングSMSに注意を呼びかけ(フィッシング対策協議会)

    セブン銀行を騙るフィッシングSMSに注意を呼びかけ(フィッシング対策協議会)

  10. Vtuber支援サービスでユーザーのメールアドレスが流出、暗号化されたパスワードの脆弱性も判明(ZIG)

    Vtuber支援サービスでユーザーのメールアドレスが流出、暗号化されたパスワードの脆弱性も判明(ZIG)

ランキングをもっと見る