マルウェア自動解析ツールの新版、解析対策機能を持つマルウェアにも対応(FFRI) | ScanNetSecurity
2022.07.01(金)

マルウェア自動解析ツールの新版、解析対策機能を持つマルウェアにも対応(FFRI)

FFRIは、マルウェア自動解析ツール「FFR yarai analyzer Version1.4」の出荷を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
マルウェア自動解析ツールの新版、解析対策機能を持つマルウェアにも対応(FFRI)
マルウェア自動解析ツールの新版、解析対策機能を持つマルウェアにも対応(FFRI) 全 1 枚 拡大写真
株式会社FFRIは1月14日、マルウェア自動解析ツール「FFR yarai analyzer Version1.4」の出荷を同日より開始したと発表した。本ツールは、マルウェアと疑わしきファイルを任意の検査フォルダに置くだけで、自動的に解析が実行され解析結果レポートを出力するもの。外部ベンダに依存しない自己完結型のインシデントレスポンス体制の強化が可能となる。

今回のバージョンアップでは、解析エンジンのアップデートによってマルウェア検出力を強化したほか、感染した端末の固有情報を利用する高度な解析対策が実装されたマルウェアへの対応を強化している。また、さまざまなシステムとの連携機能(Web API用の新モジュール)やレポート・管理機能の強化も行っている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. つるぎ町立半田病院「コンピュータウイルス感染事案有識者会議調査報告書」を公開

    つるぎ町立半田病院「コンピュータウイルス感染事案有識者会議調査報告書」を公開

  2. 「Webシステム/Webアプリケーションセキュリティ要件書 Ver.4.0」を公開、多要素認証やパスワード等更新

    「Webシステム/Webアプリケーションセキュリティ要件書 Ver.4.0」を公開、多要素認証やパスワード等更新

  3. DMARC導入企業が半数近くに、猛威振るうあのマルウェアが普及加速の一因か?

    DMARC導入企業が半数近くに、猛威振るうあのマルウェアが普及加速の一因か?PR

  4. Microsoft Edge の IE モードについて公式が解説

    Microsoft Edge の IE モードについて公式が解説

  5. また上野宣が社外取締役、GSX選任

    また上野宣が社外取締役、GSX選任

  6. 尼崎市全市民の住民基本台帳を記録したUSBメモリ、再々委託先が紛失

    尼崎市全市民の住民基本台帳を記録したUSBメモリ、再々委託先が紛失

  7. 市民インフラが標的になるイスラエル、サイバー攻撃の「前科」

    市民インフラが標的になるイスラエル、サイバー攻撃の「前科」

  8. MSDTの脆弱性(CVE-2022-30190、Follina)を悪用したWordファイルについて検証

    MSDTの脆弱性(CVE-2022-30190、Follina)を悪用したWordファイルについて検証

  9. 障害者就労支援などを行うLITALICOにランサムウェア攻撃、業務遂行には支障なし

    障害者就労支援などを行うLITALICOにランサムウェア攻撃、業務遂行には支障なし

  10. コンサル契約にもとづき提供した秘密情報が漏えい

    コンサル契約にもとづき提供した秘密情報が漏えい

ランキングをもっと見る