piyolog Mk-II 第7回「アドウェア放置していませんか? Superfish問題から見えてきた問題点」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.09.24(日)

piyolog Mk-II 第7回「アドウェア放置していませんか? Superfish問題から見えてきた問題点」

特集 特集

混合しがちなSuperfishの問題を整理
混合しがちなSuperfishの問題を整理 全 1 枚 拡大写真
Lenovo社の製造するPCにアドウェア「Superfish Visual Discovery(以下Superfishと記載)」 が出荷時からインストール(プリインストール)されており、さらにそのアドウェアに深刻な問題があることが明らかになりました。LenovoはPCの世界シェア一位であり、Lenovoの製品を使用しているユーザーは多く、この騒動は国内でも注目を受けました。

今回はこのSuperfish問題を整理しつつ、アドウェアは放置しても良い存在なのかについても考えます。

● Superfish炎上後のLenovoの対応
Superfishプリインストールの指摘は昨年9月にLenovoのユーザーサポートフォーラムへの書き込みが行われたことに始まります。Lenovo側も問題と認識したためか大々的に発表こそしなかったものの、今年1月時点でSuperfishのプリインストール中止やサーバー側の作用を通じた機能停止を行ったことをその後明らかにしています。

しかし、2月19日にこのSuperfishがプロキシとして動作していること、さらに自己署名証明書を用いてHTTPS通信も傍受していることが判明し、Twitterやマスメディアを通じて拡散されたことで炎上状態になりました。炎上後のLenovo側の対応としては、翌日20日と比較的早い段階で問題を公式に認めた他、その後も情報をアップデートし、対象製品の情報公開や自社製Superfish削除ツールの提供、MicrosoftやMcAfeeと協力し問題解決にあたることを発表しています。また今回の影響範囲ですが、報道によれば全世界で約1000万台、日本国内では約5万台がこの影響を受けたのではないかといわれています。

● 混合しがちなSuperfishの問題を整理
Superfishをめぐる問題は出荷時にインストール(プリインストール)されていたことがよく取り上げられてしまったためか、Superfishに関連する他の問題も一括りにされてしまうことがあるようです。そこで、どのような点が問題であったのかについてまずは整理してみます…

※本記事は本日配信のScan有料版に全文を掲載しました

《piyokango》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. 米メールセキュリティ企業が提供するBEC対策 (日本プルーフポイント) [ Email Security Conference 2017インタビュー]

    米メールセキュリティ企業が提供するBEC対策 (日本プルーフポイント) [ Email Security Conference 2017インタビュー]

  2. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

    次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  3. 8割がセキュリティ用途で導入、VMware NSXとは(ヴイエムウェア)[Security Days 2017 インタビュー]

    8割がセキュリティ用途で導入、VMware NSXとは(ヴイエムウェア)[Security Days 2017 インタビュー]

  4. 最も大事なものはすでに盗まれている(Niサイバーセキュリティ)[Security Days 2017 インタビュー]

    最も大事なものはすでに盗まれている(Niサイバーセキュリティ)[Security Days 2017 インタビュー]

  5. デロイト丸山満彦の危機管理広報論~セキュリティインシデント発生後のマスコミ対応ポイント

    デロイト丸山満彦の危機管理広報論~セキュリティインシデント発生後のマスコミ対応ポイント

  6. ウイルスに感染したIoT機器からの攻撃、メキシコでの大規模乗っ取りで急増(横浜国立大学、BBソフトサービス)

    ウイルスに感染したIoT機器からの攻撃、メキシコでの大規模乗っ取りで急増(横浜国立大学、BBソフトサービス)

  7. 30年度サイバーセキュリティ政府予算730億円、防衛省と厚労省が各45億円超(NISC)

    30年度サイバーセキュリティ政府予算730億円、防衛省と厚労省が各45億円超(NISC)

  8. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第 3 回「通信密室」

    工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第 3 回「通信密室」

  9. 比較的少ない400ノードで毎秒75Gbpsという今期最強のDDoS攻撃を発生(アカマイ)

    比較的少ない400ノードで毎秒75Gbpsという今期最強のDDoS攻撃を発生(アカマイ)

  10. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

    自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

ランキングをもっと見る
PageTop