米国のサイバーセキュリティ法のプロトタイプは「姿を変えた盗聴法」である~待ち望まれたセキュリティ法案は、同時に 2 つやってきた(The Register) | ScanNetSecurity
2024.06.22(土)

米国のサイバーセキュリティ法のプロトタイプは「姿を変えた盗聴法」である~待ち望まれたセキュリティ法案は、同時に 2 つやってきた(The Register)

もうひとつの法案、「The National Cybersecurity Protection Advancement Act(NCPAA)」も、企業が情報の共有を行った際に、彼らが訴訟を免れるための法的な保護を追加している。この2つの法案は「プライバシー擁護派の活動家たちの1つの懸念」に統合されている。

国際 TheRegister
米国議会下院が、1 つではなく 2 つのコンピュータセキュリティ法案を可決した。それは企業とアンクルサム(編集部註:米国)が、市民に関する情報、サイバー攻撃に関する情報、ソフトウェアの脆弱性に関する情報をシェアすることを許すものであり――また、それを行う企業は、法的な責任を免れる。

307 対 116 で可決された「The Protecting Cyber Networks ActPCNA)」は、新たな機関「Cyber Threat Intelligence Integration Center」の設立を求めている。それは企業同士で、あるいは政府と情報交換するデータを扱うための情報センターとなる。

《ScanNetSecurity》

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. グリコの基幹システム障害、一部商品出荷を 6 / 25 以降再開

    グリコの基幹システム障害、一部商品出荷を 6 / 25 以降再開

  2. 「プレミアムバンダイ」会員情報漏えいの可能性、委託先従業員が私物ハードディスクを使用

    「プレミアムバンダイ」会員情報漏えいの可能性、委託先従業員が私物ハードディスクを使用

  3. フジクラのタイ子会社に不正アクセス、国際ネットワーク経由で日本のグループ各社のサーバにも痕跡

    フジクラのタイ子会社に不正アクセス、国際ネットワーク経由で日本のグループ各社のサーバにも痕跡

  4. セキュリティ企業の セキュリティ企業による セキュリティ企業のための投資ファンド ~ GSX 青柳史郎が語る「日本サイバーセキュリティファンド」設立趣旨

    セキュリティ企業の セキュリティ企業による セキュリティ企業のための投資ファンド ~ GSX 青柳史郎が語る「日本サイバーセキュリティファンド」設立趣旨PR

  5. 横浜国立大学 学生間でメールアドレスが閲覧可能に 1万人利用可のクラウドサービスで

    横浜国立大学 学生間でメールアドレスが閲覧可能に 1万人利用可のクラウドサービスで

  6. 杏林大学職員 詐欺サイト クリックしたら不正アクセス被害

    杏林大学職員 詐欺サイト クリックしたら不正アクセス被害

  7. 今日もどこかで情報漏えい 第25回「2024年5月の情報漏えい」“いたずらに混乱” しているのはおまえらでは

    今日もどこかで情報漏えい 第25回「2024年5月の情報漏えい」“いたずらに混乱” しているのはおまえらでは

  8. ID リンク・マネージャーおよびFUJITSU Software TIME CREATORに複数の脆弱性

    ID リンク・マネージャーおよびFUJITSU Software TIME CREATORに複数の脆弱性

  9. イセトーにランサムウェア攻撃、阿波銀行・藤沢市・茅ヶ崎市にも影響

    イセトーにランサムウェア攻撃、阿波銀行・藤沢市・茅ヶ崎市にも影響

  10. 約 30 名の学生がフィッシング被害に ~ 明治薬科大学教員の M365 アカウントに不正アクセス

    約 30 名の学生がフィッシング被害に ~ 明治薬科大学教員の M365 アカウントに不正アクセス

ランキングをもっと見る