「中国にハッキングされた? やり返せ!」米議会の激怒レポート~「我々が彼らに要求したとおりのことを、よくも彼らは我々に要求できたものだ!」(The Register) | ScanNetSecurity
2020.06.01(月)

「中国にハッキングされた? やり返せ!」米議会の激怒レポート~「我々が彼らに要求したとおりのことを、よくも彼らは我々に要求できたものだ!」(The Register)

「報復的なアプローチ」を提唱する中、さらに同委員会は議会に対し「中国にいる米国の投資家たちに公平な競争の場を提供するため、米国にいる中国の投資家たちの市場参入を調整する法」を考慮するよう奨励した。

国際 TheRegister
昨日(編集部註:2015年11月18日)米議会に提出された一通の報告書は、米国企業が自社の情報を守るために、そのデータをくすねている中国の悪党たちに対抗し、「それらの企業へのハッキングの仕返し」をさせることを議員たちに推奨するものだった。

米中経済・安全保障検討委員会(US-China Economic and Security Review Commission)は「米国と中華人民共和国の両国間の貿易と経済の関係における国家安全保障への影響について報告するために」議会が設立したものだ。その委員会が昨日、年次報告書を提出した。

《》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 楽天を騙るフィッシングメールを確認、注意喚起を発表(フィッシング対策協議会)

    楽天を騙るフィッシングメールを確認、注意喚起を発表(フィッシング対策協議会)

  2. 今後Nコムは旧サービスにも最新セキュリティ対策実施、撤去予定サーバ経由の不正アクセス発生受け(NTT Com)

    今後Nコムは旧サービスにも最新セキュリティ対策実施、撤去予定サーバ経由の不正アクセス発生受け(NTT Com)

  3. 日本はランサムウェア暗号化成功率世界最悪、復旧費用は世界2位の高額(ソフォス)

    日本はランサムウェア暗号化成功率世界最悪、復旧費用は世界2位の高額(ソフォス)

  4. 愛知県の新型コロナウイルス感染者の氏名等495件誤掲載

    愛知県の新型コロナウイルス感染者の氏名等495件誤掲載

  5. テレワーク実施実態調査:都道府県別・業界別・職種別

    テレワーク実施実態調査:都道府県別・業界別・職種別

  6. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  7. メール配信プログラムのコーディングミス重なる、原価マスク販売で誤送信(トリニティ)

    メール配信プログラムのコーディングミス重なる、原価マスク販売で誤送信(トリニティ)

  8. やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

    やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

  9. サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

    サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

  10. iOSに“脱獄”につながる未対策の脆弱性(JVN)

    iOSに“脱獄”につながる未対策の脆弱性(JVN)

ランキングをもっと見る