「中国にハッキングされた? やり返せ!」米議会の激怒レポート~「我々が彼らに要求したとおりのことを、よくも彼らは我々に要求できたものだ!」(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.09.18(水)

「中国にハッキングされた? やり返せ!」米議会の激怒レポート~「我々が彼らに要求したとおりのことを、よくも彼らは我々に要求できたものだ!」(The Register)

「報復的なアプローチ」を提唱する中、さらに同委員会は議会に対し「中国にいる米国の投資家たちに公平な競争の場を提供するため、米国にいる中国の投資家たちの市場参入を調整する法」を考慮するよう奨励した。

国際 TheRegister
昨日(編集部註:2015年11月18日)米議会に提出された一通の報告書は、米国企業が自社の情報を守るために、そのデータをくすねている中国の悪党たちに対抗し、「それらの企業へのハッキングの仕返し」をさせることを議員たちに推奨するものだった。

米中経済・安全保障検討委員会(US-China Economic and Security Review Commission)は「米国と中華人民共和国の両国間の貿易と経済の関係における国家安全保障への影響について報告するために」議会が設立したものだ。その委員会が昨日、年次報告書を提出した。

《》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. リコー製プリンタや複合機に任意コード実行などの脆弱性(JVN)

    リコー製プリンタや複合機に任意コード実行などの脆弱性(JVN)

  2. 「OpenSSL」アップデート、情報漏えいなどの脆弱性に対応(JVN)

    「OpenSSL」アップデート、情報漏えいなどの脆弱性に対応(JVN)

  3. 架空請求の封筒の実物写真のマスキング処理が不適切、特定のソフトで容易に外せる状態に(神奈川県)

    架空請求の封筒の実物写真のマスキング処理が不適切、特定のソフトで容易に外せる状態に(神奈川県)

  4. 高額なコンサル不要 !? ~ ISOG-J 公開三つの無料ドキュメント活用方法

    高額なコンサル不要 !? ~ ISOG-J 公開三つの無料ドキュメント活用方法

  5. 個人情報記載書類を委託事業者が紛失、今後は書類ではなく暗号化したデータでの報告に切り替え(大阪市)

    個人情報記載書類を委託事業者が紛失、今後は書類ではなく暗号化したデータでの報告に切り替え(大阪市)

  6. 「なんとかデータベース」へ不正アクセス、会員情報169,843件が流出の可能性(スープレックス)

    「なんとかデータベース」へ不正アクセス、会員情報169,843件が流出の可能性(スープレックス)

  7. 「マグちゃんオンラインショップ」に不正アクセス、最大2,905件のカード情報が流出の可能性(宮本製作所)

    「マグちゃんオンラインショップ」に不正アクセス、最大2,905件のカード情報が流出の可能性(宮本製作所)

  8. 「CODE BLUE」全25セッションの講演者が決定(CODE BLUE実行委員会)

    「CODE BLUE」全25セッションの講演者が決定(CODE BLUE実行委員会)

  9. OTネットワークを可視化しセキュリティリスクを監視(NRIセキュア)

    OTネットワークを可視化しセキュリティリスクを監視(NRIセキュア)

  10. LINEの「apng-drawable」に任意コード実行などの脆弱性(JVN)

    LINEの「apng-drawable」に任意コード実行などの脆弱性(JVN)

ランキングをもっと見る