[特別寄稿] CODEBLUE で出会った 12 名の学生たち | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.07.16(火)

[特別寄稿] CODEBLUE で出会った 12 名の学生たち

「大学ではCTFに参加してセキュリティ技術を学んできました。最近ではCTFに参加するだけではなく自分たちでCTFを運営し、問題を解くだけではなく問題を作ることの独特の難しさを体感しています。」

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
株式会社カスペルスキーは全国の12名の学生を CODE BLUE に招待した
株式会社カスペルスキーは全国の12名の学生を CODE BLUE に招待した 全 7 枚 拡大写真
10月28日から2日間開催された、日本発のセキュリティカンファレンス「CODE BLUE」。今回で3回目を数える当イベントに、カスペルスキーは、1回目からエメラルドスポンサーとして協賛しています。

今回の開催から、2トラック並行となり、スピーカーの数が増えました。さらに24歳以下のスピーカー枠を設けるという試みがなされました。カスペルスキーはこれに賛同し、スポンサーとしてカンファレンス主催者と連携協力する形で、同じく24歳以下の学生を聴講者として無償招待しました。国籍は問いませんが、日本在住でセキュリティに興味があり、将来何らかの形でこの分野に関わりたいと考える学生を募集し、審査を経て最終的に12名の方々を招待することが出来ました。

募集に際して、その動機や自身が現在取り組んでいること、また自身の将来について考えていることなどを送付して頂きました。これまでにCTFに参戦したことがあったりセキュリティキャンプに参加したことがあったりする、理工系の大学生・大学院生が多く応募してくださいました。ですが、中には高校生や専攻が理工系ではない方々も含まれていました。また、交通費と宿泊費は参加者自己負担という条件であったにもかかわらず、半数以上が地方からの参加であったということも注目点だと思います。

カスペルスキーでは、応募に際して、その動機や意気込みなどを学生の方々に伺っています。その一例を紹介します。

《株式会社カスペルスキー チーフセキュリティエヴァンゲリスト 前田 典彦》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 華為のウェブに■■■■の脆弱性、■■■■の顧客情報や■■■■にリスクが及んだ可能性、■■■■を修復済(The Register)

    華為のウェブに■■■■の脆弱性、■■■■の顧客情報や■■■■にリスクが及んだ可能性、■■■■を修復済(The Register)

  2. 仮想通貨不正流出判明、被害額概算約35億円(リミックスポイント、ビットポイントジャパン)

    仮想通貨不正流出判明、被害額概算約35億円(リミックスポイント、ビットポイントジャパン)

  3. 「カテエネ」へパスワードリスト型攻撃、個人情報最大234件閲覧可能状態に(中部電力)

    「カテエネ」へパスワードリスト型攻撃、個人情報最大234件閲覧可能状態に(中部電力)

  4. 複数の高度な機能を持つランサムウェア「Sodin」、アジアを中心に拡大(カスペルスキー)

    複数の高度な機能を持つランサムウェア「Sodin」、アジアを中心に拡大(カスペルスキー)

  5. Windowsの複数のDNS関連機能に脆弱性(JPRS)

    Windowsの複数のDNS関連機能に脆弱性(JPRS)

  6. キャッシュDNSサーバ「Knot Resolver」に複数の脆弱性(JPRS)

    キャッシュDNSサーバ「Knot Resolver」に複数の脆弱性(JPRS)

  7. グローバルIPを割り振るモバイルルータなどによる感染事例が国内で増加(Secureworks)

    グローバルIPを割り振るモバイルルータなどによる感染事例が国内で増加(Secureworks)

  8. 犯罪者に身代金支払い顧客へマージン上乗せ ~ 英データ復旧サービス大繁盛(The Register)

    犯罪者に身代金支払い顧客へマージン上乗せ ~ 英データ復旧サービス大繁盛(The Register)

  9. 「ご登録パスワード変更完了のお知らせ」、ウェブマネーを騙るメール確認(フィッシング対策協議会)

    「ご登録パスワード変更完了のお知らせ」、ウェブマネーを騙るメール確認(フィッシング対策協議会)

  10. 無料セキュリティ調査ツールがメモリ領域にも対応(ラック)

    無料セキュリティ調査ツールがメモリ領域にも対応(ラック)

ランキングをもっと見る