CSIRTの実効性向上などを目的としたサイバー攻撃対応訓練・研修サービス(ラック、SOMPOリスケアマネジメント) | ScanNetSecurity
2022.10.01(土)

CSIRTの実効性向上などを目的としたサイバー攻撃対応訓練・研修サービス(ラック、SOMPOリスケアマネジメント)

ラックは、SOMPOリスケアマネジメントと協力し、情報セキュリティ対策を推進する企業を支援する「サイバー攻撃を想定した訓練・研修サービス」を提供する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社ラックは5月10日、SOMPOリスケアマネジメント株式会社と協力し、情報セキュリティ対策を推進する企業を支援する「サイバー攻撃を想定した訓練・研修サービス」を提供すると発表した。同サービスはSOMPOリスケアマネジメントが企画したもの。この企画に、CSIRTの構築支援活動やCSIRTを構成するセキュリティ技術者の育成、職員や社員のセキュリティ啓発活動にも注力しているラックが共感し、サービスの提供に至った。

同サービスは、CSIRTの構築を検討、もしくは構築を済ませたCSIRTを実効的に活動させ、企業全体のセキュリティ耐性を高めることを目的に、「サイバー攻撃想定机上訓練」「サイバー攻撃想定実機訓練」「標的型攻撃メール対応訓練」「情報セキュリティ研修コース」により構成される。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. オンライン会議出席者の眼鏡から情報漏えい

    オンライン会議出席者の眼鏡から情報漏えい

  2. イエラエ CSIRT支援室 第 33 回 擬似マルウェアの実行から始まる、イエラエペネトレーションテストの実践的手法を大公開!

    イエラエ CSIRT支援室 第 33 回 擬似マルウェアの実行から始まる、イエラエペネトレーションテストの実践的手法を大公開!

  3. 協会けんぽの基幹システムに障害、健康保険証の発行や現金給付への影響も

    協会けんぽの基幹システムに障害、健康保険証の発行や現金給付への影響も

  4. JPCERT/CCによる「積極的サイバー防御(Active Cyber Defense)」論点整理

    JPCERT/CCによる「積極的サイバー防御(Active Cyber Defense)」論点整理

  5. デジタル庁「GビズID」のメール中継サーバに不正アクセス、約13,000件の迷惑メールを送信

    デジタル庁「GビズID」のメール中継サーバに不正アクセス、約13,000件の迷惑メールを送信

  6. 「ユニフォームタウン」への不正アクセスで63,565名分のカード情報が漏えい

    「ユニフォームタウン」への不正アクセスで63,565名分のカード情報が漏えい

  7. JR西日本グループの山陽SC開発サーバに不正アクセス、個人情報が流出した可能性を完全に否定できず

    JR西日本グループの山陽SC開発サーバに不正アクセス、個人情報が流出した可能性を完全に否定できず

  8. ガートナー、日本におけるセキュリティハイプサイクル2022 公開

    ガートナー、日本におけるセキュリティハイプサイクル2022 公開

  9. 次年度セキュリティ戦略立案中の方必聴、リスク環境の変化と手堅い対策の実装とは

    次年度セキュリティ戦略立案中の方必聴、リスク環境の変化と手堅い対策の実装とはPR

  10. サンソウシステムズが運用管理するサーバに不正アクセス、社内システムで障害が発生

    サンソウシステムズが運用管理するサーバに不正アクセス、社内システムで障害が発生

ランキングをもっと見る