2014年の個人情報漏えい、1件の大規模漏えいで人数、損害賠償額が大幅増(JNSA) | ScanNetSecurity
2024.07.23(火)

2014年の個人情報漏えい、1件の大規模漏えいで人数、損害賠償額が大幅増(JNSA)

JNSAは、「2014年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書~個人情報漏えい編~」および「2015年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書【速報版】」を公開した。

調査・レポート・白書・ガイドライン 調査・ホワイトペーパー
2014年 個人情報漏えいインシデント 概要データ
2014年 個人情報漏えいインシデント 概要データ 全 8 枚 拡大写真
特定非営利活動法人 日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)セキュリティ被害調査WGは6月17日、「2014年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書~個人情報漏えい編~」および「2015年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書【速報版】」を公開した。これらの報告書は、新聞やインターネットニュースなどで報道された個人情報漏えいインシデントの情報を集計し、漏えいした組織の業種、漏えい人数、漏えい原因、漏えい経路などの情報の分類、JOモデル(JNSA Damage Operation Model for Individual Information Leak)を用いた想定損害賠償額などを分析した結果をまとめたもの。

報告書によると、2014年の個人情報漏えいインシデントの件数は1,591件と前年比202件増と微増であったが、漏えい人数は4,999万9,892名で前年比4,075万名増と大幅に増加した。これを受け想定損害賠償総額は1兆6,642億3,910万円と前年比1兆5,203億円増となっている。これは、大規模なインシデントが1件発生したことが原因としている。原因では、「管理ミス」696件がもっとも多く、「誤操作」491件、「紛失・置き忘れ」200件と続き、この3つで全体の約90%を占めた。

2015年の速報版によると、2015年のインシデント件数は799件、漏えい人数は496万63名、想定損害賠償総額は2,541億3,663万円となっている。原因では、「紛失・置き忘れ」が243件でもっとも多く、「誤操作」206件、「管理ミス」144件と続いた。漏えい媒体・経路では、「紙媒体」411件、「インターネット」114件、「電子メール」99件となっている。業種別では「公務(他に分類されるものを除く)」222件、「教育、学習支援業」142件、「金融業、保険業」102件となった。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. ランサムウェア集団が謝罪

    ランサムウェア集団が謝罪

  2. 富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

    富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

  3. 国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

    国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

  4. イセトーへのランサムウェア攻撃で日本生命保険の個人情報が漏えい

    イセトーへのランサムウェア攻撃で日本生命保険の個人情報が漏えい

  5. 世界規模の障害発生 ~ CrowdStrike CEO ジョージ・カーツ 公式コメント

    世界規模の障害発生 ~ CrowdStrike CEO ジョージ・カーツ 公式コメント

ランキングをもっと見る
PageTop