「Pokemon GO」で身元バレの可能性、個人情報の管理に注意 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.20(火)

「Pokemon GO」で身元バレの可能性、個人情報の管理に注意

一部の国で順次配信が開始されているiOS/Android『Pokemon GO』。日本でのサービス開始も迫ってきているものと思われますが、プレイする前にいくつか注意すべき点が存在します。

脆弱性と脅威 脅威動向
一部の国で順次配信が開始されているiOS/Android『Pokemon GO』。日本でのサービス開始も迫ってきているものと思われますが、プレイする前にいくつか注意すべき点が存在します。

『Pokemon GO』は、『ポケットモンスター』シリーズを題材にした位置情報を活用して遊ぶゲームです。現実世界で「ポケモン」の捕獲や交換が体験でき、家の外に出てポケモンを探したり、他のプレイヤーとのバトルなども楽しむことができるようになっています。

位置情報を活用するゲーム、スマートフォンを実際に持ち歩いて遊ぶ、他のプレイヤーとの関わりがあるソフトということで、通常のゲームとはまた違った考え方が必要となります。

■歩きスマホ
当然ではありますが、街中を歩きながらゲームをする場合は注意が必要です。スマートフォンの画面を見ながらでは何かにぶつかる可能性が高く、交通事故なども起こしかねません。


今後発売予定となっている周辺機器「Pokemon GO Plus」があれば、スマートフォンの画面を見ずとも本作をプレイ可能です。危険を減らすだけでなくゲームプレイも円滑に行えるため、用意しておくと良いでしょう。

■熱中症
これからさらに暑い時期になってくると心配なのが熱中症です。『Pokemon GO』に限らない話ですが、暑い日にでかける際はくれぐれも水分補給や休憩を適切に挟むようにしましょう。

■身元バレ
『Ingress』でも同様の問題があるようですが、位置情報を活用するゲームのスクリーンショットをSNSなどで公開すると、どこにいるのかが他者に伝わることがあります。日常生活上での行動範囲があまり広くない場合、どこに住んでいるのか、どういった行動を行っているのかということがわかってしまうかもしれません。

また、ゲーム内ネームを本名やハンドルネームと合わせていると、さらに危険が増す可能性も。個人情報の管理には気を使いましょう。

■不法侵入
ポケモンを探してさまざまな場所へ行くのは楽しいであろう行為ですが、そこが他人の土地である場合は問題が起こってしまいます。ポケモンを見つけたら、入っても大丈夫な場所か確認しておくと安全に楽しめることでしょう。

■アメリカでは強盗も
アメリカでは『Pokemon GO』ユーザーを狙う強盗事件が発生。ゲーム内アイテムを用いて被害者を誘い込むという手口になっています。

現実にでかけて遊ぶということもあり、考えられる注意点は意外と多くなっています。しかしながら、“ゲームを遊ぶ”というより“外にでかける”と考えれば特にそこまで奇妙な注意点はありません。あくまで現実の延長線上にある遊びとして、注意すべき点をわきまえて楽しくプレイしましょう。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
『Pokemon GO』は2016年サービス開始予定で、基本プレイ無料(アイテム課金あり)です。

(C)2016 Niantic, Inc.
(C)2016 Pokemon. (C)1995-2016 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.

『ポケモンGO』プレイ前に気をつけたいポイント…歩きスマホ・身バレ・不法侵入などには要注意

《すしし@INSIDE》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. Nginxの脆弱性を悪用する攻撃準備中か、ダークウェブの観察で判明(Antuit)

    Nginxの脆弱性を悪用する攻撃準備中か、ダークウェブの観察で判明(Antuit)

  2. 多数の職員が事件被害者のカルテを不適切に閲覧(島根大学医学部附属病院)

    多数の職員が事件被害者のカルテを不適切に閲覧(島根大学医学部附属病院)

  3. Android版「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんが行われる脆弱性(JVN)

    Android版「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんが行われる脆弱性(JVN)

  4. セキュリティ技術者が取締役会で報告を求められたら ~ ガートナーが教えるプレゼン術4つのポイント

    セキュリティ技術者が取締役会で報告を求められたら ~ ガートナーが教えるプレゼン術4つのポイント

  5. DLmarketへの不正アクセスで561,625件の会員情報が流出の可能性(ディー・エル・マーケット)

    DLmarketへの不正アクセスで561,625件の会員情報が流出の可能性(ディー・エル・マーケット)

  6. 遂に開催「ペネトレーションテスト最高会議」見えて来る あんな事やこんな事 [Internet Week 2018]

    遂に開催「ペネトレーションテスト最高会議」見えて来る あんな事やこんな事 [Internet Week 2018]

  7. スキャンツール利用ボットの攻撃が拡大、Struts2も依然標的に(サイバーセキュリティクラウド)

    スキャンツール利用ボットの攻撃が拡大、Struts2も依然標的に(サイバーセキュリティクラウド)

  8. JSOCの監視・運用サービスが「Deep Security」に対応(ラック)

    JSOCの監視・運用サービスが「Deep Security」に対応(ラック)

  9. 複数のサイボウズ製品に、サーバ上のファイルを削除される脆弱性(JVN)

    複数のサイボウズ製品に、サーバ上のファイルを削除される脆弱性(JVN)

  10. 稼働を止めない、産業向けネットワークセキュリティソフトを開発(IIJ)

    稼働を止めない、産業向けネットワークセキュリティソフトを開発(IIJ)

ランキングをもっと見る