「ポケモンGO」のBAN基準を解説、サーバーからデータを不正取得するマップツールは引き続きBAN対象に(ナイアンティック) | ScanNetSecurity
2021.11.29(月)

「ポケモンGO」のBAN基準を解説、サーバーからデータを不正取得するマップツールは引き続きBAN対象に(ナイアンティック)

ナイアンティックが開発/運営する世界的に人気のモバイルタイトル『ポケモンGO』において、ツール使用者のBAN基準に対して一部のユーザー間に混乱を招いてしまったとし、BAN基準の解説と、それに該当するユーザーのBANを解除可能としたことが発表されました。

製品・サービス・業界動向 業界動向
『ポケモンGO』アカウント停止の基準が明らかに―該当ユーザーはBAN解除も
『ポケモンGO』アカウント停止の基準が明らかに―該当ユーザーはBAN解除も 全 1 枚 拡大写真
ナイアンティックが開発/運営する世界的に人気のモバイルタイトル『ポケモンGO』。先日、サーバー負荷を引き起こしていた外部ツールをブロックする対応をとった本作ですが、引き続いて行われたツール使用者の一斉BANにおいて、BAN基準に対して一部のユーザー間に混乱を招いてしまったとし、BAN基準の解説と、それに該当するユーザーのBANを解除可能としたことが発表されました。

今回BANを解除可能な対象とされているのは主にポケモンの位置を表示する“マップツール”と呼ばれるツール群の利用者です。BAN理由として、これらのツールの挙動がサーバー負荷を引き起こしていることや、一見無害を装っていても、ツール開発者へユーザー情報を送信している可能性、などが挙げられています。

同時に、サーバーからデータを不正取得するマップツールは利用規約に反するままであり、今後もBAN対象となること、その場合のBAN解除措置は行われないことが明言されています。何らかの外部アプリを利用して遠隔からポケモンを捕まえること、ポケモンバトル、ジムを自分のチームのものにすること、ポケストップから道具を入手するなどの不正行為を行った場合もBAN解除措置の対象外となっています。

『ポケモンGO』アカウント停止の基準が明らかに―該当ユーザーはBAN解除も

《Arkblade》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. サイバー攻撃者とハンティングチーム 365日間の「対話」~ CrowdStrike  2021年度 脅威ハンティングレポート公開

    サイバー攻撃者とハンティングチーム 365日間の「対話」~ CrowdStrike 2021年度 脅威ハンティングレポート公開PR

  2. Apache HTTP Server における URI の検証不備によるディレクトリトラバーサルの脆弱性(Scan Tech Report)

    Apache HTTP Server における URI の検証不備によるディレクトリトラバーサルの脆弱性(Scan Tech Report)

  3. 日本薬学会Webサイトへ不正アクセス、緊急メンテナンスを実施し復旧

    日本薬学会Webサイトへ不正アクセス、緊急メンテナンスを実施し復旧

  4. proofpoint、日本で新しい情報保護及びクラウドセキュリティプラットフォームを販売開始

    proofpoint、日本で新しい情報保護及びクラウドセキュリティプラットフォームを販売開始

  5. 「Emotet」テイクダウンから復活 ~ トレンドマイクロが動向やテイクダウン前との違いを解説

    「Emotet」テイクダウンから復活 ~ トレンドマイクロが動向やテイクダウン前との違いを解説

  6. Googleフォームの誤設定事案、コロナ感染防止策用の健康調査リストが閲覧可能に

    Googleフォームの誤設定事案、コロナ感染防止策用の健康調査リストが閲覧可能に

  7. C&Cサーバ検知と通信の秘密、総務省「電気通信事業におけるサイバー攻撃への適正な対処 第四次とりまとめ」公表

    C&Cサーバ検知と通信の秘密、総務省「電気通信事業におけるサイバー攻撃への適正な対処 第四次とりまとめ」公表

  8. もし我が社が米諜報機関からサイバー攻撃されたら ~ 某旅行予約サイトの対応

    もし我が社が米諜報機関からサイバー攻撃されたら ~ 某旅行予約サイトの対応

  9. PowerCMS の XMLRPC API に OS コマンドインジェクションの脆弱性

    PowerCMS の XMLRPC API に OS コマンドインジェクションの脆弱性

  10. マイクロソフト、Azure Active Directoryの情報漏えいを引き起こす脆弱性に対処

    マイクロソフト、Azure Active Directoryの情報漏えいを引き起こす脆弱性に対処

ランキングをもっと見る