ここが変だよ日本のセキュリティ 第24回「毎年恒例、台湾HITCON突撃レポート」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.07.16(火)

ここが変だよ日本のセキュリティ 第24回「毎年恒例、台湾HITCON突撃レポート」

医療セキュリティ分野では昨年と同様にインドのPhilips社から、Swaroop Yermalkar氏の講演があった。さすがに医療分野でセンシティブな内容のため、撮影、スライドともに非公開だ。しかしその内容から日本の医療も同様の課題を抱えていることが分かった。

特集 特集
信じられるかい? 開催したスタッフの殆どは大学生か20代の社会人、そして女性も多い!!
信じられるかい? 開催したスタッフの殆どは大学生か20代の社会人、そして女性も多い!! 全 4 枚 拡大写真
何だね君はぁ? 「我交易商人、出口動漫,茶葉進口。スーツケースの中身の半分は、HITCONスタッフへのお土産のアニメグッズ。帰りは同じ量だけ凍頂烏龍茶とパイナップルケーキをたくさん買って帰ります。

今年もアジア最大級のセキュリティ・カンファレンスHITCONへ行ってきましたよ。」2次元殺法コンビでのHITCON参加も連続で5回目、毎回日本から誰かキーマンを連れて行っては台湾と日本の距離をゼロに近づけています。

●今年のHITCONは2回開催!

11年前、小さな勉強会から始まったHITCONもとうとう12回目。今年は何が凄いって、開催を若手ボランティア中心のCommunityとビジネスを意識したPacificの2回に分けてしまったこと。一昨年から2日間ずつの開催だったけど、とうとう今年は7月と12月の2回に開催時期も分けてしまった。

これの何が凄いかというと、大規模な国際カンファレンスを学生と20代の社会人ばかりで開催してしまうってこと。台湾では人材育成、世代交代は解決済みなのさ。写真のボランティア・スタッフ達の晴れ晴れした表情を見て欲しい。 セキュリティ人材が8万人足りないとか上から目線で言っている日本は、出遅れていないかい?有望な若者が活躍できる基盤が出来ている、そう強く感じさせられたというのが、筆者が受けた一番のインパクトだ。

《2次元殺法コンビ》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 華為のウェブに■■■■の脆弱性、■■■■の顧客情報や■■■■にリスクが及んだ可能性、■■■■を修復済(The Register)

    華為のウェブに■■■■の脆弱性、■■■■の顧客情報や■■■■にリスクが及んだ可能性、■■■■を修復済(The Register)

  2. 仮想通貨不正流出判明、被害額概算約35億円(リミックスポイント、ビットポイントジャパン)

    仮想通貨不正流出判明、被害額概算約35億円(リミックスポイント、ビットポイントジャパン)

  3. 「カテエネ」へパスワードリスト型攻撃、個人情報最大234件閲覧可能状態に(中部電力)

    「カテエネ」へパスワードリスト型攻撃、個人情報最大234件閲覧可能状態に(中部電力)

  4. 複数の高度な機能を持つランサムウェア「Sodin」、アジアを中心に拡大(カスペルスキー)

    複数の高度な機能を持つランサムウェア「Sodin」、アジアを中心に拡大(カスペルスキー)

  5. Windowsの複数のDNS関連機能に脆弱性(JPRS)

    Windowsの複数のDNS関連機能に脆弱性(JPRS)

  6. キャッシュDNSサーバ「Knot Resolver」に複数の脆弱性(JPRS)

    キャッシュDNSサーバ「Knot Resolver」に複数の脆弱性(JPRS)

  7. グローバルIPを割り振るモバイルルータなどによる感染事例が国内で増加(Secureworks)

    グローバルIPを割り振るモバイルルータなどによる感染事例が国内で増加(Secureworks)

  8. 犯罪者に身代金支払い顧客へマージン上乗せ ~ 英データ復旧サービス大繁盛(The Register)

    犯罪者に身代金支払い顧客へマージン上乗せ ~ 英データ復旧サービス大繁盛(The Register)

  9. 「ご登録パスワード変更完了のお知らせ」、ウェブマネーを騙るメール確認(フィッシング対策協議会)

    「ご登録パスワード変更完了のお知らせ」、ウェブマネーを騙るメール確認(フィッシング対策協議会)

  10. 無料セキュリティ調査ツールがメモリ領域にも対応(ラック)

    無料セキュリティ調査ツールがメモリ領域にも対応(ラック)

ランキングをもっと見る