内部漏えい防止型ソリューション市場、2016年度は111%増950億円と予測(ミック経済研究所) | ScanNetSecurity
2021.06.20(日)

内部漏えい防止型ソリューション市場、2016年度は111%増950億円と予測(ミック経済研究所)

ミック経済研究所は、情報漏えい防止型セキュリティ市場を中心に捉えたマーケティングレポート「情報セキュリティソリューション市場の現状と将来展望2016【内部漏洩防止型ソリューション編】」を発刊した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
内部漏えい防止型情報セキュリティソリューション市場規模推移
内部漏えい防止型情報セキュリティソリューション市場規模推移 全 2 枚 拡大写真
株式会社ミック経済研究所は10月24日、情報漏えい防止型セキュリティ市場を中心に捉えたマーケティングレポート「情報セキュリティソリューション市場の現状と将来展望2016【内部漏洩防止型ソリューション編】」を発刊したと発表した。

同マーケティングレポートは、主要セキュリティ製品ベンダなど94社を調査し、各社のセキュリティソフトおよびアプライアンスサーバの出荷金額を捉え、情報セキュリティソリューション市場として、2014年度から2016年度、および2020年度までの中期予測を含めて集計・分析を行ったもの。

今回調査した31用途別の総合計である内部漏えい防止型情報セキュリティソリューション市場は、2014年度が740億円強、2015年度が前年対比115.1%の850億円強、2016年度が同111.9%の950億円強と予測している。同市場は近年の大規模な情報漏えい事件の影響から、好調な伸びが続いている。

特に、社員によるシステムの操作内容をすべて自動録画し監査などに活用する「システム証跡監査ツール」が非常に高い伸びを見せている。2015年度は前年対比123.4%の15.3億円、2016年度は同120.9%の18.5億円になると予想している。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. パラマウントベッド従業員の仮想デスクトップ環境がウイルス感染、過去のやりとりを装った不審メールを確認

    パラマウントベッド従業員の仮想デスクトップ環境がウイルス感染、過去のやりとりを装った不審メールを確認

  2. 富士通のプロジェクト情報共有ツールへの不正アクセス、総務省でも被害確認

    富士通のプロジェクト情報共有ツールへの不正アクセス、総務省でも被害確認

  3. スポーツクラブNASへランサムウェア攻撃、会員管理システムに障害発生

    スポーツクラブNASへランサムウェア攻撃、会員管理システムに障害発生

  4. 「糖質制限ドットコム」に不正アクセス、1年分の決済情報が流出

    「糖質制限ドットコム」に不正アクセス、1年分の決済情報が流出

  5. やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

    やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

  6. 病院向け情報管理システム OpenClinic GA に複数の脆弱性

    病院向け情報管理システム OpenClinic GA に複数の脆弱性

  7. 富士フイルムへのランサムウェア攻撃、外部への情報流出の痕跡は確認されず

    富士フイルムへのランサムウェア攻撃、外部への情報流出の痕跡は確認されず

  8. クラウドの脅威はプロバイダ起因から利用者起因にシフト…CSAJの11大脅威

    クラウドの脅威はプロバイダ起因から利用者起因にシフト…CSAJの11大脅威

  9. かくれ脱水から脱水状態に進行したときに起こるサインを解説(「教えて!「かくれ脱水」委員会)

    かくれ脱水から脱水状態に進行したときに起こるサインを解説(「教えて!「かくれ脱水」委員会)

  10. Apache HTTP Web Server 2.4 の複数の脆弱性へアップデート公開

    Apache HTTP Web Server 2.4 の複数の脆弱性へアップデート公開

ランキングをもっと見る