育成支援も行う4つのメニューで「インシデントレスポンス サービス」提供(EMCジャパン) | ScanNetSecurity
2021.10.27(水)

育成支援も行う4つのメニューで「インシデントレスポンス サービス」提供(EMCジャパン)

EMCジャパンは、企業のセキュリティチーム向けに、サイバー攻撃に対処するノウハウ・知見の提供や、チームの育成支援を行う「IRサービス」の提供を開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
IRサービスの概要
IRサービスの概要 全 4 枚 拡大写真
EMCジャパン株式会社は12月21日、企業のセキュリティチーム向けに、サイバー攻撃に対処するノウハウ・知見の提供や、チームの育成支援を行う「インシデントレスポンス サービス」(IRサービス)の提供を開始したと発表した。価格は個別見積。経営層はインシデント発生の際に、適切な経営判断を行うために原因や被害、影響範囲などの情報をセキュリティチームに求める。セキュリティチームには、インシデントを分析して経営層が理解できるように説明する高度な技術が必要になる。しかし、国内では情報セキュリティ技術者が不足しており、特にユーザ企業に就業している技術者の割合は極端に少ない。

IRサービスは、この現状に対してセキュリティチームのスキルアップを支援し、成熟度を高めながらインシデントを解決するもの。「RSA NetWitness」を一定期間設置し、セキュリティ対応の現状把握と改善提案を行う「インシデントディスカバリー」、自社SOC/CSIRTの運用を間もなく開始する、あるいは開始したばかりの企業に、インシデント発生時の技術支援、スキルトランスファーを行う「インシデントホットライン」、「RSA NetWitness」を運用開始する、あるいは開始して間もないユーザ企業向けの初期運用支援サービス「IRジャンプスタート」、「RSA NetWitness」を利用しているユーザ企業向けの定期運用支援サービス「アドバイザリサービス」の、4つの独立したサービスを提供する。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 埼玉大学の学内サーバへ不正アクセス、PCの脆弱なパスワードが原因に

    埼玉大学の学内サーバへ不正アクセス、PCの脆弱なパスワードが原因に

  2. 三菱電機管理のネットワークに海外から不正アクセス、顧客に関する情報の一部が流出

    三菱電機管理のネットワークに海外から不正アクセス、顧客に関する情報の一部が流出

  3. 群馬大学のメールサーバが踏み台に、約57万件の迷惑メールを送信

    群馬大学のメールサーバが踏み台に、約57万件の迷惑メールを送信

  4. PPAPの運用失敗、パスワード通知メールに名簿を添付したまま送信

    PPAPの運用失敗、パスワード通知メールに名簿を添付したまま送信

  5. 若手社員の半数以上「情報漏えいより締め切りが大切」IT部門との確執浮き彫り

    若手社員の半数以上「情報漏えいより締め切りが大切」IT部門との確執浮き彫り

  6. 東京2020で約4.5億回のセキュリティイベントに対処した“NTTの貢献”

    東京2020で約4.5億回のセキュリティイベントに対処した“NTTの貢献”

  7. 廃棄文書をトラックで運搬中に段ボール箱6箱が落下、遺失物として連絡あり発覚

    廃棄文書をトラックで運搬中に段ボール箱6箱が落下、遺失物として連絡あり発覚

  8. 徳島県国民健康保険団体連合会が専用回線で誤送信、再送信処理でのシステム仕様に問題

    徳島県国民健康保険団体連合会が専用回線で誤送信、再送信処理でのシステム仕様に問題

  9. GhostScript において任意のコードが実行可能となるディレクトリへのアクセス制御不備の脆弱性(Scan Tech Report)

    GhostScript において任意のコードが実行可能となるディレクトリへのアクセス制御不備の脆弱性(Scan Tech Report)

  10. proofpoint Blog 第6回「そのサンドボックス運用にはご注意を! BCCモードのサンドボックス解析による大きなリスク」

    proofpoint Blog 第6回「そのサンドボックス運用にはご注意を! BCCモードのサンドボックス解析による大きなリスク」

ランキングをもっと見る