ここが変だよ日本のセキュリティ 第26回 「最近よく聞くサイバー保険は誰を救う?」 | ScanNetSecurity
2021.01.19(火)

ここが変だよ日本のセキュリティ 第26回 「最近よく聞くサイバー保険は誰を救う?」

経営者はITに詳しくない、新しい技術に疎い、なんてことを心配している次元では無くなってきた。経営者にそこまで広い知見はあるかというと、さすがに偉くなってきた、勝ち残ってきただけの優秀さは持っている。ただの50代、60代のおっさんとかとは、桁違いに切れる。

特集 特集
2016年は世界が大きく動いた年だけど、永遠の愛を誓った二人は変わらないのさ!
2016年は世界が大きく動いた年だけど、永遠の愛を誓った二人は変わらないのさ! 全 2 枚 拡大写真
何だね君はぁ? 「日本人は保険大好き。でも保険料払っていて、保険金をもらったことがある人はどれくらいいるのかな?損害保険の場合だと、乗用車を運転していれば保険を利用したことは多いはずだ。一方、生命保険だと生活習慣病が顕在化する年齢になるまで、保険金をもらうことは少ないんじゃないかな。」

●最近よく聞くサイバー保険

 サイバー保険のニュースがちらほらと出てきて、被害に対して救いになるんじゃないかって期待されているけど、実際どうなんだろう。

生命保険や自動車保険だと、生活にどんなリスクがあるかイメージしやすいパンフレットがあって、子供の養育に幾らかかるとか、事故で怪我をさせてしまった時の損害賠償がいくらだとか、どんな時に助けになるか把握できる。

一方、企業向けの保険ってどういう時に役立つか、総務部や経理部、経営企画部といった本社部門でないと、どうもよく分からない。顧客苦情や管理業務が増えるとか、そこのところは保険金が支払われても、保険に入っていなくても、余り変わらなそうだ。給与や賞与が減るとか、中小企業だと会社の経営が傾くとかありそうだけど、大企業だと経営じゃなければ、大きなインパクトは無さそうだ。

《2次元殺法コンビ》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 世界ではじめて脆弱性診断士資格「セキュリスト(SecuriST)」を作った三人の男

    世界ではじめて脆弱性診断士資格「セキュリスト(SecuriST)」を作った三人の男PR

  2. カプコンへのランサムウェア攻撃、新たに16,406人の情報流出を確認

    カプコンへのランサムウェア攻撃、新たに16,406人の情報流出を確認

  3. 神奈川県と富士通リースがHDD盗難のクリスマス和解 ~ 賠償 4,097 万円 再発防止策差し引き和解金 2,369 万円で合意

    神奈川県と富士通リースがHDD盗難のクリスマス和解 ~ 賠償 4,097 万円 再発防止策差し引き和解金 2,369 万円で合意

  4. kintoneに連携「kMailer」で不具合、送信ログとして別顧客の情報が流出

    kintoneに連携「kMailer」で不具合、送信ログとして別顧客の情報が流出

  5. #NoMoreFake 第3回「ファクトチェック」

    #NoMoreFake 第3回「ファクトチェック」

  6. ソフトバンク元社員 不正競争防止法違反容疑で逮捕、楽天モバイルに技術情報持ち出し疑い

    ソフトバンク元社員 不正競争防止法違反容疑で逮捕、楽天モバイルに技術情報持ち出し疑い

  7. 一体どうバランスを取るか?  高度なサイバー攻撃対策 & 日々のセキュリティ運用

    一体どうバランスを取るか? 高度なサイバー攻撃対策 & 日々のセキュリティ運用PR

  8. マイクロソフトが1月のセキュリティ情報を公開、一部脆弱性については悪用の事実を確認済み

    マイクロソフトが1月のセキュリティ情報を公開、一部脆弱性については悪用の事実を確認済み

  9. 東京海上日動と連携、Microsoft Azureの障害やサイバー攻撃を補償

    東京海上日動と連携、Microsoft Azureの障害やサイバー攻撃を補償

  10. IDC予測、2024年までのセキュリティ製品サービス市場規模

    IDC予測、2024年までのセキュリティ製品サービス市場規模

ランキングをもっと見る