ユーザのふるまいを自動学習し異常を検知する「Exabeam」の取扱いを開始(マクニカネットワークス) | ScanNetSecurity
2022.05.23(月)

ユーザのふるまいを自動学習し異常を検知する「Exabeam」の取扱いを開始(マクニカネットワークス)

マクニカネットワークスは、米Exabeam社と「Exabeam」について日本、台湾における総代理店契約、および中国における代理店契約を締結したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
Exabeamトップ画面
Exabeamトップ画面 全 2 枚 拡大写真
マクニカネットワークス株式会社は2月7日、米Exabeam社と「Exabeam」について日本、台湾における総代理店契約、および中国における代理店契約を締結したと発表した。Exabeamは、Exabeam社のUEBAテクノロジーによって、大量のログの中からリスクの高い脅威を容易に発見できるようにするアプライアンス製品。Exabeamがインシデントレスポンスに必要な分析や判断を自動で行うため、運用を外部に委託しなくても自社内での効率的なインシデントレスポンスを可能する。

UEBAテクノロジーは、複数のログからユーザごとの業務パターンを自動学習し、ユーザの活動ベースラインを作成。各ユーザの活動と、活動ベースラインとの乖離をスコアリングし、異常な活動や脅威を自動で可視化する。また、既存システムから出力されたログの関連付けにより、アラート管理の改善や対応が必要なアラートの優先順位付けを行うことができるため、効率的なセキュリティ運用を実現するとしている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 「MACHATT ONLINE STORE」に不正アクセス、16,093名のカード情報が漏えい

    「MACHATT ONLINE STORE」に不正アクセス、16,093名のカード情報が漏えい

  2. PayPayカードで指定信用情報機関への信用情報を誤登録、与信判断に影響

    PayPayカードで指定信用情報機関への信用情報を誤登録、与信判断に影響

  3. 国産パブリッククラウド「ニフクラ」に不正アクセス、公表されたロードバランサーの脆弱性を悪用

    国産パブリッククラウド「ニフクラ」に不正アクセス、公表されたロードバランサーの脆弱性を悪用

  4. 京都で不動産業を行う長栄のサーバに不正アクセス、現時点で顧客関連情報の流出は確認されず

    京都で不動産業を行う長栄のサーバに不正アクセス、現時点で顧客関連情報の流出は確認されず

  5. 二重チェックでも気付けず、会員専用サイト「レジナビ」内のメッセージに個人情報含むCSVファイル添付

    二重チェックでも気付けず、会員専用サイト「レジナビ」内のメッセージに個人情報含むCSVファイル添付

  6. 2022年9月以降はe-Govで「SSL3.0」「TLS1.0」「TLS1.1」を利用禁止

    2022年9月以降はe-Govで「SSL3.0」「TLS1.0」「TLS1.1」を利用禁止

  7. しまむらのネットワークに不正アクセス、犯罪者集団の増長を招くことを考慮し情報開示は最低限に

    しまむらのネットワークに不正アクセス、犯罪者集団の増長を招くことを考慮し情報開示は最低限に

  8. PlayStation公式になりすましたアカウントに注意喚起、個人情報要求DMも

    PlayStation公式になりすましたアカウントに注意喚起、個人情報要求DMも

  9. 順天堂医院の医師が電車内にパソコンを置き忘れ紛失、所属長から厳重注意

    順天堂医院の医師が電車内にパソコンを置き忘れ紛失、所属長から厳重注意

  10. 実践的サイバー防御演習「CYDER」の2022年度の申込み受付を開始

    実践的サイバー防御演習「CYDER」の2022年度の申込み受付を開始

ランキングをもっと見る