Webフィルタリングのデジタルアーツが外部攻撃対策市場へ進出 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.09.23(月)

Webフィルタリングのデジタルアーツが外部攻撃対策市場へ進出

バージョンアップする Webフィルタリング製品「i-FILTER」と、メールセキュリティ製品「m-FILTER」を組み合わせることで同社は、標的型攻撃などを含む外部からのサイバー攻撃対策市場に進出するという。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
デジタルアーツ株式会社 代表取締役社長 道具 登志夫 氏
デジタルアーツ株式会社 代表取締役社長 道具 登志夫 氏 全 10 枚 拡大写真
デジタルアーツ株式会社は 5 月 8 日、同社主力製品である「i-FILTER」と「m-FILTER」に今秋 9 月 19 日に予定している大規模バージョンアップに関して記者説明会を実施した。

バージョンアップする Webフィルタリング製品「i-FILTER」と、メールセキュリティ製品「m-FILTER」を組み合わせることで同社は、標的型攻撃などを含む外部からのサイバー攻撃対策市場に進出するという。

同社 代表取締役社長 道具 登志夫 氏は、これまでデジタルアーツが主戦場としてきた Webフィルタリング市場(市場規模 82 億円)の約 6 倍の市場規模を持つ、外部攻撃対策市場(市場規模 514 億円)に強い期待をみなぎらせた。初年度売上目標を 10 億円と設定する予定であり(2017年3月期決算による同社売上は、2016年の全国自治体への無害化ソリューション特需により 50 億円に上方修正している)、今後売上の支柱にしていくという。

近年の高度化したサイバー攻撃への対策には、AI やサンドボックスの活用、SIEM による予兆分析、Threat Intelligence の利用、ダークネットからの情報収集など、技術も費用も手間も高度な製品・サービスの印象が強い一方、バージョンアップしたふたつの既存製品だけで外部攻撃対策市場へ参入するという同社は、バージョンアップでいったいどのような機能追加と製品連携を行うのか。

《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. メールサーバへ海外から不正アクセス、なりすましメールを送信(EPO九州)

    メールサーバへ海外から不正アクセス、なりすましメールを送信(EPO九州)

  2. Android版「LINE」に任意コード実行など複数の脆弱性(JVN)

    Android版「LINE」に任意コード実行など複数の脆弱性(JVN)

  3. 日本郵便を騙る偽SMS、マイクロソフトを騙る偽メールを確認(フィッシング対策協議会)

    日本郵便を騙る偽SMS、マイクロソフトを騙る偽メールを確認(フィッシング対策協議会)

  4. 受験者への合格通知を誤って2名分同封し発送(愛知県)

    受験者への合格通知を誤って2名分同封し発送(愛知県)

  5. サイバーセキュリティ技術者の「職人技」どこまで標準化できるか

    サイバーセキュリティ技術者の「職人技」どこまで標準化できるかPR

  6. 個人市民税・府民税の「納税管理人の届出書」を別法人に誤送付(大阪市)

    個人市民税・府民税の「納税管理人の届出書」を別法人に誤送付(大阪市)

  7. MAC アドレス認証 これだけ危険 ~ Wi-Fi セキュリティ対策の誤解

    MAC アドレス認証 これだけ危険 ~ Wi-Fi セキュリティ対策の誤解PR

  8. Scan BASIC 登録方法

    Scan BASIC 登録方法

  9. WebフィルタリングソフトとWeb分離・無害化製品を連携(ALSI、アシスト)

    WebフィルタリングソフトとWeb分離・無害化製品を連携(ALSI、アシスト)

  10. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

ランキングをもっと見る