ランサムウェア「WannaCry」被害が多く報道されても、パッチ非適用者は増加(フレクセラ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.07.20(土)

ランサムウェア「WannaCry」被害が多く報道されても、パッチ非適用者は増加(フレクセラ)

フレクセラは、同社のSecunia Researchによる「Personal Software Inspector 国別レポート - 2017 年第1四半期」の日本の状況について発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
2016年4月から2017年3月までに検出された脆弱性の内訳
2016年4月から2017年3月までに検出された脆弱性の内訳 全 3 枚 拡大写真
フレクセラ・ソフトウェア合同会社(フレクセラ)は5月29日、同社のSecunia Researchによる「Personal Software Inspector 国別レポート - 2017 年第1四半期」の日本の状況について発表した。同レポートは、同社が提供する脆弱性検出プログラム「Personal Software Inspector」により実行されたスキャンのデータに基づくもので、2017年1月1日から3月31日までのデータを12カ国の国別にまとめたもの。

レポートによると、2016年4月から2017年3月までに検出された脆弱性の内訳は、マイクロソフト以外のプログラムが44%、OSが35%、マイクロソフトのプログラムが21%であった。また、日本の平均的なPCユーザは、61のプログラムをインストールしており、このうち27(44%)がマイクロソフトのプログラム、34(56%)がマイクロソフト以外のプログラムであった。

日本の個人PCにおいて、Windows OSにパッチを適用していないユーザは9.3%と前四半期(6.5%)および前年同四半期(5.2%)から増加した。マイクロソフト以外のプログラムにパッチを適用していないユーザも14.6%と、前四半期(9.3%)より増加している。日本でもランサムウェア「WannaCry」の被害が発生し、多くの報道が成されたにもかかわらず、パッチの重要性が認識されていないとしている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. BEC(ビジネスメール詐欺)対策ポイントを2つの代表的被害事例から学ぶ

    BEC(ビジネスメール詐欺)対策ポイントを2つの代表的被害事例から学ぶ

  2. 仮想通貨の不正流出、ホットウォレットの秘密鍵が窃取された可能性(リミックスポイント、ビットポイントジャパン)

    仮想通貨の不正流出、ホットウォレットの秘密鍵が窃取された可能性(リミックスポイント、ビットポイントジャパン)

  3. イオンスクエアメンバーへパスワードリスト型攻撃、10名の個人情報が閲覧された可能性(イオンドットコム)

    イオンスクエアメンバーへパスワードリスト型攻撃、10名の個人情報が閲覧された可能性(イオンドットコム)

  4. より危険な目的に転用可能なAndroidマルウェアを発見(チェック・ポイント)

    より危険な目的に転用可能なAndroidマルウェアを発見(チェック・ポイント)

  5. 「NOTICE」など取組が奏功か、Mirai関連パケット減少--定点観測レポート(JPCERT/CC)

    「NOTICE」など取組が奏功か、Mirai関連パケット減少--定点観測レポート(JPCERT/CC)

  6. 複数のOracle製品に脆弱性、製品の存在確認を含め対応を呼びかけ(JPCERT/CC、IPA)

    複数のOracle製品に脆弱性、製品の存在確認を含め対応を呼びかけ(JPCERT/CC、IPA)

  7. クックパッドが「CrowdStrike Falcon プラットフォーム」を採用(CrowdStrike Japan)

    クックパッドが「CrowdStrike Falcon プラットフォーム」を採用(CrowdStrike Japan)

  8. 経営トップダウンで先手を打つ海外、事故が起こってから後手後手の日本:企業セキュリティ実態調査(NRIセキュア)

    経営トップダウンで先手を打つ海外、事故が起こってから後手後手の日本:企業セキュリティ実態調査(NRIセキュア)

  9. 大学教員が前職都立高校在籍時に作成したMLへメール送信(明海大学)

    大学教員が前職都立高校在籍時に作成したMLへメール送信(明海大学)

  10. 「カテエネ」へパスワードリスト型攻撃、個人情報最大234件閲覧可能状態に(中部電力)

    「カテエネ」へパスワードリスト型攻撃、個人情報最大234件閲覧可能状態に(中部電力)

ランキングをもっと見る