自動車とIoT向けに、新たな2つのセキュリティ・テストサービスを提供(IBMセキュリティー) | ScanNetSecurity
2021.07.31(土)

自動車とIoT向けに、新たな2つのセキュリティ・テストサービスを提供(IBMセキュリティー)

IBMセキュリティーは、自動車のセキュリティとIoTにフォーカスした2つの新たなセキュリティ・テストサービスを提供すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
IBMセキュリティーは7月26日、自動車のセキュリティとIoTにフォーカスした2つの新たなセキュリティ・テストサービスを提供すると発表した。新しいIoTサービスはWatson IoT Platformとともに提供され、IoTソリューションを開発するあらゆる業界の企業に「設計段階からのセキュリティ・サービス」を提供する。Watson IoT PlatformによりIoT環境の構成機能と管理機能を提供するとともに、IBM X-Force Redのサービスでセキュリティ・テストとペネトレーション・テストを提供する。

IBM X-Force Redは、IoTやコネクテッド・カーなどの新興テクノロジーのセキュリティギャップを理解した上で、セキュリティ・テストの実施方法を変更。脆弱性を先回りで特定する方法として、製品のライフサイクル全体にわたってプログラムに基づきオンデマンドでセキュリティ・テストを実施するアプローチを採用している。これによりWatson IoT Platformのユーザは、IBM X-Force Redのセキュリティに関する専門知識を活用し、開発から導入に至るまで支援を受けることが可能になるとしている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. チャットサポートから顧客情報不正入手し無断契約変更:東京電力から東京ガスへ

    チャットサポートから顧客情報不正入手し無断契約変更:東京電力から東京ガスへ

  2. 時事通信社記者がUSBメモリ紛失、だんまりを決め込むも一年後警察からの連絡で発覚

    時事通信社記者がUSBメモリ紛失、だんまりを決め込むも一年後警察からの連絡で発覚

  3. プライバシーが重視されるコミュニティに起こりうる最悪の事態、銃販売店の顧客データ 11 万件盗難

    プライバシーが重視されるコミュニティに起こりうる最悪の事態、銃販売店の顧客データ 11 万件盗難

  4. かくれ脱水から脱水状態に進行したときに起こるサインを解説(「教えて!「かくれ脱水」委員会)

    かくれ脱水から脱水状態に進行したときに起こるサインを解説(「教えて!「かくれ脱水」委員会)

  5. KLab IDに外部から大量の不正アクセス、約52万件の確認メールを送信

    KLab IDに外部から大量の不正アクセス、約52万件の確認メールを送信

  6. コロナ対策リーダーへのワクチン接種案内メール、約44,000名に誤送信

    コロナ対策リーダーへのワクチン接種案内メール、約44,000名に誤送信

  7. proofpoint Blog 第3回 「セキュリティと業務効率性の矛盾を両立する」

    proofpoint Blog 第3回 「セキュリティと業務効率性の矛盾を両立する」

  8. IPA脆弱性届出、製品別は「Webアプリ」が最多に -- 四半期レポート

    IPA脆弱性届出、製品別は「Webアプリ」が最多に -- 四半期レポート

  9. 個人情報保護委員会、マイナンバーのヒヤリハット・漏えい事例をまとめた資料を公表

    個人情報保護委員会、マイナンバーのヒヤリハット・漏えい事例をまとめた資料を公表

  10. ランサムウェア対策ポータルサイト開設

    ランサムウェア対策ポータルサイト開設

ランキングをもっと見る