Heart of Darknet - インターネット闇の奥 第2回「五十兆円『市場』」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.25(月)

Heart of Darknet - インターネット闇の奥 第2回「五十兆円『市場』」

特集 コラム

株式会社マキナレコード CEO 軍司 祐介 氏
株式会社マキナレコード CEO 軍司 祐介 氏 全 1 枚 拡大写真
前回の記事

ここにひとつ面白いデータがある。FBIによる銀行強盗の統計情報だ。米国での2004年の銀行強盗の数は7720件、2014年では3961件。実に50%近く銀行強盗が減少しているのである。傍から見れば、警察の取締が功を奏し犯罪数が減ったようにみえる。

一方で、IC3(Internet Crime Complaint Center)からのインターネット上の詐欺を始めとする犯罪での被害額を見てみよう。こちらは、2004年次には6800万ドルだったのが(これはこれですごい数字ではある)2014年次には、8億ドル(米国内)にまで膨れ上がった。昨年の2016年には13億ドルとなっている。つまり、物理的な銀行強盗はこの10年で半減したが、インターネット上では10倍以上に増加したのだ。

よくよく考えてみれば当たり前ではある。銀行強盗を成功させるためには綿密な計画と、信頼できるパートナー、そして武器が必要だ。インターネットでの犯罪はどうか、基本的にはネットにつながっているPCが一台あれば事足りてしまう。物証が残りやすく、逮捕もしくは射殺されるリスクのあるリアルな強盗を起こすよりも、紅茶を片手にモニタをみながらお金を奪うことのできるバーチャルな強盗にシフトするのは当然の帰結だろう。

《株式会社マキナレコード CEO 軍司 祐介》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. Microsoft Windows OS においてライセンス認証プログラム slui.exe の仕組みを悪用して UAC を回避する手法(Scan Tech Report)

    Microsoft Windows OS においてライセンス認証プログラム slui.exe の仕組みを悪用して UAC を回避する手法(Scan Tech Report)

  2. アジア地域のセキュリティリーダー、6名の日本人がISLA賞を受賞((ISC)2)

    アジア地域のセキュリティリーダー、6名の日本人がISLA賞を受賞((ISC)2)

  3. BCCをTOに、メール誤送信366人分アドレス流出(和歌山市)

    BCCをTOに、メール誤送信366人分アドレス流出(和歌山市)

  4. 海にこぎ出す穴だらけの船舶 IoT システム、航路変換も可能(The Register)

    海にこぎ出す穴だらけの船舶 IoT システム、航路変換も可能(The Register)

  5. いまだ9万人がP2Pファイル共有ソフト利用、著作権侵害ファイル存在(ネットエージェント)

    いまだ9万人がP2Pファイル共有ソフト利用、著作権侵害ファイル存在(ネットエージェント)

  6. アカウント情報の有効期限が切れたとする、MUFGカードを騙るフィッシング(フィッシング対策協議会)

    アカウント情報の有効期限が切れたとする、MUFGカードを騙るフィッシング(フィッシング対策協議会)

  7. 3種類のエンジンを搭載する、Windows向け無料セキュリティ対策ソフト(エクサゴン)

    3種類のエンジンを搭載する、Windows向け無料セキュリティ対策ソフト(エクサゴン)

  8. 法人 iOS、Android 端末向けセキュリティサービス(ソフトバンク)

    法人 iOS、Android 端末向けセキュリティサービス(ソフトバンク)

  9. 超絶うっかり注意:GDPR 対応完了メール送信し情報漏えい、海外で炎上事案大量発生(The Register)

    超絶うっかり注意:GDPR 対応完了メール送信し情報漏えい、海外で炎上事案大量発生(The Register)

  10. 患者5名の個人情報が記録されたUSBメモリを紛失(小諸高原病院)

    患者5名の個人情報が記録されたUSBメモリを紛失(小諸高原病院)

ランキングをもっと見る