IoTデバイスに広く使用される「ConnMan」にリモートコード実行の脆弱性(NRIセキュア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.21(水)

IoTデバイスに広く使用される「ConnMan」にリモートコード実行の脆弱性(NRIセキュア)

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(NRIセキュア)は8月29日、組み込みデバイスなどを中心に幅広く利用されているネットワークマネージャ「ConnMan(Connection Manager)」に関する脆弱性を発見、「ConnManDo」と名付け注意喚起を発表した。この脆弱性は、ConnManのDNSプロキシ機能におけるDNSレスポンスメッセージの処理が原因で、DNSサーバから悪意のある応答を処理する際にスタックバッファオーバーフローが発生する可能性があるというもの。

攻撃の前提として、ConnManが稼働する端末が直接通信するDNSサーバからのレスポンスを乗っ取る必要がある。これは、たとえば信頼できないWi-Fiのアクセスポイントに端末を接続することで攻撃されてしまう可能性があることを意味する。攻撃により、connmandプロセスがクラッシュしたり、connmandプロセスを実行している権限でリモートから任意のコードを実行されたりする可能性がある。同社では、本脆弱性の対策を行った最新版の「ConnMan1.35」にアップデートするよう呼びかけている。

《吉澤 亨史》

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 情報漏えいをする人は会社にとって大切な人材~働き方改革成功の鍵を握るセキュリティのポイント(ワンビ)[Security Days Spring 2018]

    情報漏えいをする人は会社にとって大切な人材~働き方改革成功の鍵を握るセキュリティのポイント(ワンビ)[Security Days Spring 2018]PR

  2. プレスと自分の無力さを実感したフィンランドの2日間--F-Secureイベント

    プレスと自分の無力さを実感したフィンランドの2日間--F-Secureイベント

  3. 米ATMハッキング被害「ジャックポッティング」手法と対策(The Register)

    米ATMハッキング被害「ジャックポッティング」手法と対策(The Register)

  4. 不正アクセスにより情報漏えいの可能性(産業技術総合研究所)

    不正アクセスにより情報漏えいの可能性(産業技術総合研究所)

  5. 次世代FWの仮想マシンをGoogle Cloudで提供(フォーティネットジャパン)

    次世代FWの仮想マシンをGoogle Cloudで提供(フォーティネットジャパン)

  6. JPドメインにおける「送信ドメイン認証技術」の設定状況調査(総務省)

    JPドメインにおける「送信ドメイン認証技術」の設定状況調査(総務省)

  7. ランサムウェアの次なる形態「中抜き」(The Register)

    ランサムウェアの次なる形態「中抜き」(The Register)

  8. [セキュリティ ホットトピック] 「Meltdown」と「Spectre」問題点と最新動向おさらい

    [セキュリティ ホットトピック] 「Meltdown」と「Spectre」問題点と最新動向おさらい

  9. 「Quagga bgpd」に任意コード実行など複数の脆弱性(JVN)

    「Quagga bgpd」に任意コード実行など複数の脆弱性(JVN)

  10. 「静岡でiCloudへのサインインがあった」、偽Appleメールを確認(フィッシング対策協議会)

    「静岡でiCloudへのサインインがあった」、偽Appleメールを確認(フィッシング対策協議会)

ランキングをもっと見る