IoTデバイスに広く使用される「ConnMan」にリモートコード実行の脆弱性(NRIセキュア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.22(金)

IoTデバイスに広く使用される「ConnMan」にリモートコード実行の脆弱性(NRIセキュア)

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(NRIセキュア)は8月29日、組み込みデバイスなどを中心に幅広く利用されているネットワークマネージャ「ConnMan(Connection Manager)」に関する脆弱性を発見、「ConnManDo」と名付け注意喚起を発表した。この脆弱性は、ConnManのDNSプロキシ機能におけるDNSレスポンスメッセージの処理が原因で、DNSサーバから悪意のある応答を処理する際にスタックバッファオーバーフローが発生する可能性があるというもの。

攻撃の前提として、ConnManが稼働する端末が直接通信するDNSサーバからのレスポンスを乗っ取る必要がある。これは、たとえば信頼できないWi-Fiのアクセスポイントに端末を接続することで攻撃されてしまう可能性があることを意味する。攻撃により、connmandプロセスがクラッシュしたり、connmandプロセスを実行している権限でリモートから任意のコードを実行されたりする可能性がある。同社では、本脆弱性の対策を行った最新版の「ConnMan1.35」にアップデートするよう呼びかけている。

《吉澤 亨史》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. アジア地域のセキュリティリーダー、6名の日本人がISLA賞を受賞((ISC)2)

    アジア地域のセキュリティリーダー、6名の日本人がISLA賞を受賞((ISC)2)

  2. 電力のセキュリティは国防にも関係 - イスラエル電力公社会長タル元少将講演

    電力のセキュリティは国防にも関係 - イスラエル電力公社会長タル元少将講演

  3. 海にこぎ出す穴だらけの船舶 IoT システム、航路変換も可能(The Register)

    海にこぎ出す穴だらけの船舶 IoT システム、航路変換も可能(The Register)

  4. 超絶うっかり注意:GDPR 対応完了メール送信し情報漏えい、海外で炎上事案大量発生(The Register)

    超絶うっかり注意:GDPR 対応完了メール送信し情報漏えい、海外で炎上事案大量発生(The Register)

  5. 脆弱性の76%は攻撃者側に先行利益(テナブル)

    脆弱性の76%は攻撃者側に先行利益(テナブル)

  6. Chrome拡張機能「5000兆円コンバーター」にXSSの脆弱性(JVN)

    Chrome拡張機能「5000兆円コンバーター」にXSSの脆弱性(JVN)

  7. 不正アクセスにより退会者を含むホームページの会員情報の一部が流出(東芝産業機器システム)

    不正アクセスにより退会者を含むホームページの会員情報の一部が流出(東芝産業機器システム)

  8. 2017年度の国内マネージドEDRサービス市場は3.5億円、今後は急速に成長(ITR)

    2017年度の国内マネージドEDRサービス市場は3.5億円、今後は急速に成長(ITR)

  9. 申込フォームが公開モード、「第5回しんけんトリニータ東京の陣」参加者個人情報が閲覧可能に(大分フットボールクラブ)

    申込フォームが公開モード、「第5回しんけんトリニータ東京の陣」参加者個人情報が閲覧可能に(大分フットボールクラブ)

  10. iOSアプリ「ANA」に通信内容の取得や改ざんなどが行なわれる脆弱性(JVN)

    iOSアプリ「ANA」に通信内容の取得や改ざんなどが行なわれる脆弱性(JVN)

ランキングをもっと見る