Apache Struts 2 において REST プラグインでの XML データ処理の不備により遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report) | ScanNetSecurity
2020.03.31(火)

Apache Struts 2 において REST プラグインでの XML データ処理の不備により遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

Apache Struts のバージョン 2 系に、遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性が報告されています。

脆弱性と脅威 エクスプロイト
◆概要

Apache Struts のバージョン 2 系に、遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性が報告されています。脆弱なバージョンの Struts でアプリケーションを作成している場合は、当該脆弱性の影響を受けます。ソフトウェアのアップデートにより、脆弱性に対策してください。

◆分析者コメント

当該脆弱性は任意のコードが実行可能となるものです。アプリケーションの設定面での前提条件が必要とはなりますが、REST API を用いたアプリケーションである場合は脆弱性の影響を受ける可能性が高いと考えられます。攻撃者が脆弱性の悪用に成功した場合は、Struts の土台となるサーバの実行権限で、対象ホストへの侵入が可能となる脆弱性であるため、アップデートにより対策することを推奨します。

◆深刻度(CVSS)

[CVSS v2]
なし

[CVSS v3]
8.1
https://access.redhat.com/security/cve/cve-2017-9805

※本記事執筆時点 (2017 年 9 月 14 日) で NVD に情報公開がないため、 Red Hat 社の情報に従っています。

◆影響を受けるソフトウェア

Struts 2.1.2 ~ 2.3.33 および 2.5 ~ 2.5.12 が当該脆弱性の影響を受けると報告されています。

◆解説

Apache 財団が公開している Web アプリケーション開発のフレームワークである Struts に、遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性が報告されています。

《株式会社ラック サイバー・グリッド研究所》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 従業員が顧客の取引履歴をツイート、社内規定に則り処分予定(晴れる屋)

    従業員が顧客の取引履歴をツイート、社内規定に則り処分予定(晴れる屋)

  2. 脆弱性があるが開発者と連絡がつかないソフト一覧、使用中止呼びかけ(JVN)

    脆弱性があるが開発者と連絡がつかないソフト一覧、使用中止呼びかけ(JVN)

  3. 成人向け動画にログインすると別人アカウントに切り替わり、購入・視聴履歴等 閲覧可能に(ソフト・オン・デマンド)

    成人向け動画にログインすると別人アカウントに切り替わり、購入・視聴履歴等 閲覧可能に(ソフト・オン・デマンド)

  4. 機械学習アルゴリズムに脆弱性(JVN)

    機械学習アルゴリズムに脆弱性(JVN)

  5. 「Apache Tomcat」の脆弱性を確認するアクセスが増加(警察庁)

    「Apache Tomcat」の脆弱性を確認するアクセスが増加(警察庁)

  6. 新型コロナ対策で増加するリモートワークで重要な6つの要素(クラウドストライク)

    新型コロナ対策で増加するリモートワークで重要な6つの要素(クラウドストライク)

  7. CISO に求める役割ベスト3とこれから求める役割(IPA)

    CISO に求める役割ベスト3とこれから求める役割(IPA)

  8. プリンセス・クルーズのメールに不正アクセス、顧客情報流出可能性(カーニバル・ジャパン)

    プリンセス・クルーズのメールに不正アクセス、顧客情報流出可能性(カーニバル・ジャパン)

  9. Appleが8製品10バージョンのセキュリティアップデートを公開(JVN)

    Appleが8製品10バージョンのセキュリティアップデートを公開(JVN)

  10. GitHubの設定ミスが原因、取引先情報が外部から閲覧可能に(道新サービスセンター)

    GitHubの設定ミスが原因、取引先情報が外部から閲覧可能に(道新サービスセンター)

ランキングをもっと見る