「WannaCry」などのインシデントを防ぐには、アップデートと設定見直しが鍵(ラック) | ScanNetSecurity
2021.10.23(土)

「WannaCry」などのインシデントを防ぐには、アップデートと設定見直しが鍵(ラック)

ラックは、同社のセキュリティ監視センター「JSOC」によるセキュリティレポート「JSOC INSIGHT vol.17」を公開した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
発生した重要インシデントの件数推移(2017 年4 月~6 月)
発生した重要インシデントの件数推移(2017 年4 月~6 月) 全 5 枚 拡大写真
株式会社ラックは9月25日、同社のセキュリティ監視センター「JSOC」によるセキュリティレポート「JSOC INSIGHT vol.17」を公開した。本レポートは、JSOCのセキュリティアナリストによる日々の分析結果に基づき、日本におけるセキュリティインシデントの発生傾向を分析したもの。

レポートによると、2017年4月から6月に発生した重要インシデント件数は、インターネットからの攻撃によるものが128件(前四半期は164件)、内部から発生したものが225件(同168件)であった。前者の減少は、HeartBleedを悪用した攻撃による重要インシデントの件数は増加したものの、Apache Strutsの「S2-045」の脆弱性対策が完了したとみられること。後者の増加は、ET-Trojanの感染による重要インシデントが増加したことや、UrsnifやDNS Changerの感染の増加などが要因であるとしている。

またレポートでは、注目のトピックとして「WannaCryの感染事例」「DDoS攻撃に関する通信の検知傾向」を取り上げている。WannaCryの事例では、定期的なソフトウェアのアップデート、各種設定の見直しがインシデントを防ぐ鍵としている。またDDoS攻撃では、SNMP、DNS、NTPをはじめとした、DDoS攻撃の踏み台として利用可能なサービスの探査通信を定常的に検知している。なお、SOCではNTPの探査通信の検知件数の一時的な急騰を確認しており、DDoS攻撃の準備が行われたと推測している。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 若手社員の半数以上「情報漏えいより締め切りが大切」IT部門との確執浮き彫り

    若手社員の半数以上「情報漏えいより締め切りが大切」IT部門との確執浮き彫り

  2. オリンパス、米州での不正アクセスで一部データ流出の可能性

    オリンパス、米州での不正アクセスで一部データ流出の可能性

  3. 発見した攻撃者を泳がせ・妨害し・諦めさせる ~ TEAM T5 の特筆すべき成功例「オペレーション:アイ アム トム」

    発見した攻撃者を泳がせ・妨害し・諦めさせる ~ TEAM T5 の特筆すべき成功例「オペレーション:アイ アム トム」

  4. 「教科書レンタル詐欺」Amazonに1億7千万円の被害与えた36歳、洗練された詐欺スキーム

    「教科書レンタル詐欺」Amazonに1億7千万円の被害与えた36歳、洗練された詐欺スキーム

  5. 奈良県明日香村で個人情報が記載された文書を資源ごみに混入、盗難に遭い三重県名張市で投棄散乱

    奈良県明日香村で個人情報が記載された文書を資源ごみに混入、盗難に遭い三重県名張市で投棄散乱

  6. ワイヤー錠で固定実施済も、病院の超音波診断装置外付けHDD行方知れず

    ワイヤー錠で固定実施済も、病院の超音波診断装置外付けHDD行方知れず

  7. 水道局とパイプライン企業へのサイバー攻撃、制御システムで起こったインシデント2例追加

    水道局とパイプライン企業へのサイバー攻撃、制御システムで起こったインシデント2例追加

  8. proofpoint Blog 第6回「そのサンドボックス運用にはご注意を! BCCモードのサンドボックス解析による大きなリスク」

    proofpoint Blog 第6回「そのサンドボックス運用にはご注意を! BCCモードのサンドボックス解析による大きなリスク」

  9. 「サイバーセキュリティ・オンラインサミット 2021年(秋)」開催、編集長も講演

    「サイバーセキュリティ・オンラインサミット 2021年(秋)」開催、編集長も講演

  10. ウイルス感染で東亜電気がシステム障害、復旧するも社内情報の一部漏えい確認

    ウイルス感染で東亜電気がシステム障害、復旧するも社内情報の一部漏えい確認

ランキングをもっと見る