届出された脆弱性は、「任意のスクリプトの実行」が最多--四半期レポート(IPA) | ScanNetSecurity
2022.05.23(月)

届出された脆弱性は、「任意のスクリプトの実行」が最多--四半期レポート(IPA)

IPAは、2017年第1四半期(1月から3月)における「ソフトウェア等の脆弱性関連情報に関する届出状況」を発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
脆弱性の届出件数の四半期ごとの推移
脆弱性の届出件数の四半期ごとの推移 全 3 枚 拡大写真
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は10月25日、2017年第1四半期(1月から3月)における「ソフトウェア等の脆弱性関連情報に関する届出状況」を発表した。

これによると、同四半期のIPAへの脆弱性関連情報の届出件数は、ソフトウェア製品に関するもの93件、Webサイト(Webアプリケーション)に関するもの28件の合計121件であった。届出受付開始(2004年7月8日)からの累計は、ソフトウェア製品に関するもの3,859件、Webサイトに関するもの9,593件の合計13,452件で、Webサイトに関する届出が引き続き全体の約7割を占めている。

同四半期にJVNで公表したソフトウェア製品の件数は90件(累計1,664件)で、このうち3件は製品開発者による自社製品の脆弱性の届出であった。また、修正完了したWebサイトの件数は60件(累計7,082件)で、これらは届出を受け、IPAがWebサイト運営者に通知を行い、今四半期に修正を完了したもの。修正を完了した60件のうち、Webアプリケーションを修正したものは45件(75%)、当該ページを削除したものは15件(25%)、運用で回避したものはなかった。

届出された脆弱性の原因では、「Webアプリケーションの脆弱性(55件)」がもっとも多く、「その他実装上の不備(23件)」「証明書の検証に関する不備(6件)」と続いた。届出された脆弱性がもたらす影響では、「任意のスクリプトの実行(30件)」がもっとも多く、「任意のコマンドの実行(18件)」「情報の漏えい(10件)」という順になっている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 「MACHATT ONLINE STORE」に不正アクセス、16,093名のカード情報が漏えい

    「MACHATT ONLINE STORE」に不正アクセス、16,093名のカード情報が漏えい

  2. PayPayカードで指定信用情報機関への信用情報を誤登録、与信判断に影響

    PayPayカードで指定信用情報機関への信用情報を誤登録、与信判断に影響

  3. 国産パブリッククラウド「ニフクラ」に不正アクセス、公表されたロードバランサーの脆弱性を悪用

    国産パブリッククラウド「ニフクラ」に不正アクセス、公表されたロードバランサーの脆弱性を悪用

  4. 京都で不動産業を行う長栄のサーバに不正アクセス、現時点で顧客関連情報の流出は確認されず

    京都で不動産業を行う長栄のサーバに不正アクセス、現時点で顧客関連情報の流出は確認されず

  5. 二重チェックでも気付けず、会員専用サイト「レジナビ」内のメッセージに個人情報含むCSVファイル添付

    二重チェックでも気付けず、会員専用サイト「レジナビ」内のメッセージに個人情報含むCSVファイル添付

  6. 2022年9月以降はe-Govで「SSL3.0」「TLS1.0」「TLS1.1」を利用禁止

    2022年9月以降はe-Govで「SSL3.0」「TLS1.0」「TLS1.1」を利用禁止

  7. しまむらのネットワークに不正アクセス、犯罪者集団の増長を招くことを考慮し情報開示は最低限に

    しまむらのネットワークに不正アクセス、犯罪者集団の増長を招くことを考慮し情報開示は最低限に

  8. PlayStation公式になりすましたアカウントに注意喚起、個人情報要求DMも

    PlayStation公式になりすましたアカウントに注意喚起、個人情報要求DMも

  9. 順天堂医院の医師が電車内にパソコンを置き忘れ紛失、所属長から厳重注意

    順天堂医院の医師が電車内にパソコンを置き忘れ紛失、所属長から厳重注意

  10. 実践的サイバー防御演習「CYDER」の2022年度の申込み受付を開始

    実践的サイバー防御演習「CYDER」の2022年度の申込み受付を開始

ランキングをもっと見る