工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第10回「面会依頼」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.25(月)

工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第10回「面会依頼」

特集 フィクション

>>前回

アルバイトのくせにちゃんとした席が用意してあった。机の上には乱雑に書類が重ねてある。休みの前くらい片付けとけと思う。美少女フィギュアがひとつ飾ってあるだけだ。パソコンにも特に変わったところはない。これといって見るべきものはない。

オレはそれから部屋の中を見回した。そもそも通信密室だから、なにか仕込まれていても通信できないんだが、なにか手かがりになるものがあるかもしれない。しかし結局なにも見つからなかった。

オレは柏木と一緒にいったん会議室に戻ったが、これといって話すこともなかったので勤怠の資料だけもらってサムズブロスを後にした。

サムズワンズに戻ったオレは、山岡に頼んでオフィスの中を見て回った。田端、川辺、吉沢の席を見たが、これといって気になるものはない。空席になっている吉沢の席はきれいに片付けられ、スプラトゥーンというゲームの人形がいくつか置いてあるだけだった。

それから他のシステム部員を呼んでもらい、ログを確認した。特に改竄した痕跡は見つからなかった。

オレはサムズワンズを出て、自宅兼事務所で身上調査の手配と状況の整理をした。手っ取り早く吉沢を犯人にできれば楽なんだが、やはり手持ちの情報だけでは足りない。これで犯人を断定するのは危険だ。

ふと思いついて、沢田に連絡してみた。

《一田 和樹》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. Microsoft Windows OS においてライセンス認証プログラム slui.exe の仕組みを悪用して UAC を回避する手法(Scan Tech Report)

    Microsoft Windows OS においてライセンス認証プログラム slui.exe の仕組みを悪用して UAC を回避する手法(Scan Tech Report)

  2. アジア地域のセキュリティリーダー、6名の日本人がISLA賞を受賞((ISC)2)

    アジア地域のセキュリティリーダー、6名の日本人がISLA賞を受賞((ISC)2)

  3. BCCをTOに、メール誤送信366人分アドレス流出(和歌山市)

    BCCをTOに、メール誤送信366人分アドレス流出(和歌山市)

  4. 海にこぎ出す穴だらけの船舶 IoT システム、航路変換も可能(The Register)

    海にこぎ出す穴だらけの船舶 IoT システム、航路変換も可能(The Register)

  5. いまだ9万人がP2Pファイル共有ソフト利用、著作権侵害ファイル存在(ネットエージェント)

    いまだ9万人がP2Pファイル共有ソフト利用、著作権侵害ファイル存在(ネットエージェント)

  6. アカウント情報の有効期限が切れたとする、MUFGカードを騙るフィッシング(フィッシング対策協議会)

    アカウント情報の有効期限が切れたとする、MUFGカードを騙るフィッシング(フィッシング対策協議会)

  7. 3種類のエンジンを搭載する、Windows向け無料セキュリティ対策ソフト(エクサゴン)

    3種類のエンジンを搭載する、Windows向け無料セキュリティ対策ソフト(エクサゴン)

  8. 法人 iOS、Android 端末向けセキュリティサービス(ソフトバンク)

    法人 iOS、Android 端末向けセキュリティサービス(ソフトバンク)

  9. 超絶うっかり注意:GDPR 対応完了メール送信し情報漏えい、海外で炎上事案大量発生(The Register)

    超絶うっかり注意:GDPR 対応完了メール送信し情報漏えい、海外で炎上事案大量発生(The Register)

  10. 患者5名の個人情報が記録されたUSBメモリを紛失(小諸高原病院)

    患者5名の個人情報が記録されたUSBメモリを紛失(小諸高原病院)

ランキングをもっと見る