「監査人」から見た今年の10大セキュリティ問題(JASA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.22(金)

「監査人」から見た今年の10大セキュリティ問題(JASA)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

特定非営利活動法人日本セキュリティ監査協会(JASA)は1月5日、「情報セキュリティ監査人が選ぶ2018年度の情報セキュリティ十大トレンド」を発表した。これは2017年10月18日~10月31日に実施したアンケート調査によるもの。有効回答数は195件。第1位を3ポイント、第2位を2ポイント、第3位を1ポイントとしてそれぞれ換算し、10位までを「十大トレンド」としている。

各トレンドごとに監査の具体的ポイントが考慮されており、たとえば1位の「多様化・巧妙化するランサムウェアの被害拡大」では、「従業員への不審メール教育が徹底しているか。」「ぜい弱性対策・マルウェア対策の実施が十分か。」「情報のバックアップ及びリカバリーテストの実施がされているか。」「内部ネットワークでのマルウェアによる感染拡大活動に対する局所化対策ができているか。」などが挙げられている。

十大トレンドの結果は次の通り。

1位:多様化・巧妙化するランサムウェアの被害拡大
2位:最新の対策もすり抜ける標的型攻撃による甚大な被害の発生
3位:セキュリティ機能が乏しいIoT製品への攻撃による社会的混乱
4位:クラウドなど集中管理による社会的規模の被害発生
5位:考慮不足の働き方改革に起因する事故の発生
6位:日本語ビジネスメール詐欺被害の拡大
7位:ガバナンス欠如のIT投資による重大インシデントの発生
8位:成長しないマネジメントシステムによる組織活力の低下
9位:形だけCSIRT/名ばかりセキュリティ人材による弊害の発生
10位:GDPR違反の摘発

《吉澤 亨史》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. アジア地域のセキュリティリーダー、6名の日本人がISLA賞を受賞((ISC)2)

    アジア地域のセキュリティリーダー、6名の日本人がISLA賞を受賞((ISC)2)

  2. 電力のセキュリティは国防にも関係 - イスラエル電力公社会長タル元少将講演

    電力のセキュリティは国防にも関係 - イスラエル電力公社会長タル元少将講演

  3. 海にこぎ出す穴だらけの船舶 IoT システム、航路変換も可能(The Register)

    海にこぎ出す穴だらけの船舶 IoT システム、航路変換も可能(The Register)

  4. 超絶うっかり注意:GDPR 対応完了メール送信し情報漏えい、海外で炎上事案大量発生(The Register)

    超絶うっかり注意:GDPR 対応完了メール送信し情報漏えい、海外で炎上事案大量発生(The Register)

  5. 脆弱性の76%は攻撃者側に先行利益(テナブル)

    脆弱性の76%は攻撃者側に先行利益(テナブル)

  6. Chrome拡張機能「5000兆円コンバーター」にXSSの脆弱性(JVN)

    Chrome拡張機能「5000兆円コンバーター」にXSSの脆弱性(JVN)

  7. 不正アクセスにより退会者を含むホームページの会員情報の一部が流出(東芝産業機器システム)

    不正アクセスにより退会者を含むホームページの会員情報の一部が流出(東芝産業機器システム)

  8. 2017年度の国内マネージドEDRサービス市場は3.5億円、今後は急速に成長(ITR)

    2017年度の国内マネージドEDRサービス市場は3.5億円、今後は急速に成長(ITR)

  9. 申込フォームが公開モード、「第5回しんけんトリニータ東京の陣」参加者個人情報が閲覧可能に(大分フットボールクラブ)

    申込フォームが公開モード、「第5回しんけんトリニータ東京の陣」参加者個人情報が閲覧可能に(大分フットボールクラブ)

  10. iOSアプリ「ANA」に通信内容の取得や改ざんなどが行なわれる脆弱性(JVN)

    iOSアプリ「ANA」に通信内容の取得や改ざんなどが行なわれる脆弱性(JVN)

ランキングをもっと見る