「監査人」から見た今年の10大セキュリティ問題(JASA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.22(土)

「監査人」から見た今年の10大セキュリティ問題(JASA)

JASAは、「情報セキュリティ監査人が選ぶ2018年度の情報セキュリティ十大トレンド」を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
特定非営利活動法人日本セキュリティ監査協会(JASA)は1月5日、「情報セキュリティ監査人が選ぶ2018年度の情報セキュリティ十大トレンド」を発表した。これは2017年10月18日~10月31日に実施したアンケート調査によるもの。有効回答数は195件。第1位を3ポイント、第2位を2ポイント、第3位を1ポイントとしてそれぞれ換算し、10位までを「十大トレンド」としている。

各トレンドごとに監査の具体的ポイントが考慮されており、たとえば1位の「多様化・巧妙化するランサムウェアの被害拡大」では、「従業員への不審メール教育が徹底しているか。」「ぜい弱性対策・マルウェア対策の実施が十分か。」「情報のバックアップ及びリカバリーテストの実施がされているか。」「内部ネットワークでのマルウェアによる感染拡大活動に対する局所化対策ができているか。」などが挙げられている。

十大トレンドの結果は次の通り。

1位:多様化・巧妙化するランサムウェアの被害拡大
2位:最新の対策もすり抜ける標的型攻撃による甚大な被害の発生
3位:セキュリティ機能が乏しいIoT製品への攻撃による社会的混乱
4位:クラウドなど集中管理による社会的規模の被害発生
5位:考慮不足の働き方改革に起因する事故の発生
6位:日本語ビジネスメール詐欺被害の拡大
7位:ガバナンス欠如のIT投資による重大インシデントの発生
8位:成長しないマネジメントシステムによる組織活力の低下
9位:形だけCSIRT/名ばかりセキュリティ人材による弊害の発生
10位:GDPR違反の摘発

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. “衛る” を最大化するセキュリティ競技 Hardening Project ~ 組織力を問う新ルールで初の宮古島開催

    “衛る” を最大化するセキュリティ競技 Hardening Project ~ 組織力を問う新ルールで初の宮古島開催

  2. 仮想通貨を要求する日本語の脅迫メール確認(JPCERT/CC)

    仮想通貨を要求する日本語の脅迫メール確認(JPCERT/CC)

  3. サンドボックスと張り合うメールセキュリティ製品、大企業や金融に導入進む

    サンドボックスと張り合うメールセキュリティ製品、大企業や金融に導入進むPR

  4. サイバーインテリジェンス、サービスの実力と利用料金

    サイバーインテリジェンス、サービスの実力と利用料金

  5. 新宿区がシングルベンダによる多層防御を構築(トレンドマイクロ)

    新宿区がシングルベンダによる多層防御を構築(トレンドマイクロ)

  6. 夢は Black Hat USA で講演 ~ キヤノンITS マルウェアラボ潜入記、設立目的と体制

    夢は Black Hat USA で講演 ~ キヤノンITS マルウェアラボ潜入記、設立目的と体制PR

  7. ローソンアプリを使ったdポイントの不正利用が判明、「デジタルdポイントカードサービス」を一時停止に(ローソン)

    ローソンアプリを使ったdポイントの不正利用が判明、「デジタルdポイントカードサービス」を一時停止に(ローソン)

  8. MyJCBを騙るフィッシングメール、期限を設定も記載はなし(フィッシング対策協議会)

    MyJCBを騙るフィッシングメール、期限を設定も記載はなし(フィッシング対策協議会)

  9. 受信契約者の個人情報が含まれる帳票を紛失(NHK)

    受信契約者の個人情報が含まれる帳票を紛失(NHK)

  10. リスト攻撃と推測される不正ログインでワオンポイントが別のカードに移行される被害(イオンマーケティング)

    リスト攻撃と推測される不正ログインでワオンポイントが別のカードに移行される被害(イオンマーケティング)

ランキングをもっと見る