ビットコイン総合サービス「Zaif」でのAPIキー不正使用などについて報告(テックビューロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.13(木)

ビットコイン総合サービス「Zaif」でのAPIキー不正使用などについて報告(テックビューロ)

テックビューロは、ビットコイン総合サービス「Zaif」において、1月6日から7日未明にかけて発生したAPIキーの不正利用、および1月9日に報告された不正アクセスおよび不正出金に関して発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
テックビューロ株式会社は1月10日、同社が運営するビットコイン総合サービス「Zaif(ザイフ)」において、1月6日から7日未明にかけて発生したAPIキーの不正利用、および1月9日に報告された不正アクセスおよび不正出金に関して、現時点で判明している点について発表した。

APIキーの不正利用については、10名分のアカウントについて合計37件の不正出金が実行され、15名分のアカウントについて合計137件の不正注文が発行されたことが確認された。使用されたAPIキーは102個で、このうち18個は削除済みのAPIキーであった。もっとも古いものは2014年8月7日、もっとも新しいものは2016年6月11日に作成されたものであった。この期間に約1,000個のAPIキーを作成しているという。また、不正使用のアクセス元は、海外のホスティング会社のものと思われる4つのIPアドレスからの接続を確認している。

不正アクセスおよび不正出金については、1月9日未明に不正アクセスおよび不正出金があったと連絡を受け、同社では同日午前11時過ぎに仮想通貨の出金処理を停止している。その後の調査により、国内のIPアドレスからのアクセスであり、特定のアカウントが狙われたものであること、また、連続的なものではないことが判明。APIキーの不正使用との関連性は考えにくいため、同日14時過ぎに仮想通貨の出金処理を再開した。

同社では今後の対応として、APIキーを利用する際、ユーザごとにIPアドレスホワイトリストを登録できるようにするとともに。IDS・IPSによる不正使用の検知と防止を行うとしている。また、引き続き該当ユーザとの対話および調査、捜査機関との連携を行い、事件の解決へ努力するとしている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. CSIRT 担当者は J. D. サリンジャーを読むべきか ~ やらかし事例から学ぶセキュリティ

    CSIRT 担当者は J. D. サリンジャーを読むべきか ~ やらかし事例から学ぶセキュリティ

  2. 任天堂グッズ販売Webサイトへ4ヶ月にわたり不正アクセス、カード情報が流出(エディットモード)

    任天堂グッズ販売Webサイトへ4ヶ月にわたり不正アクセス、カード情報が流出(エディットモード)

  3. きみに読んでほしい3冊:セキュリティブックガイド 第一回   NRIセキュアテクノロジーズ 小田島 潤「計算機基礎」

    きみに読んでほしい3冊:セキュリティブックガイド 第一回 NRIセキュアテクノロジーズ 小田島 潤「計算機基礎」

  4. 全くの無知よりも予備知識がある方がフィッシング詐欺にかかりやすい:米大学研究結果(The Register)

    全くの無知よりも予備知識がある方がフィッシング詐欺にかかりやすい:米大学研究結果(The Register)

  5. 企業のアタックサーフェス別クリプトジャッキング感染状況

    企業のアタックサーフェス別クリプトジャッキング感染状況

  6. 車の屋根の上に個人情報記載名簿を載せ発進・紛失(高岡市)

    車の屋根の上に個人情報記載名簿を載せ発進・紛失(高岡市)

  7. サイボウズ「Garoon」および「リモートサービス」に脆弱性(JVN)

    サイボウズ「Garoon」および「リモートサービス」に脆弱性(JVN)

  8. 【Scan PREMIUM 記事配信予告】あの男が帰ってくる! ~ 翼の折れたペネトレーションテスター

    【Scan PREMIUM 記事配信予告】あの男が帰ってくる! ~ 翼の折れたペネトレーションテスター

  9. 「i-FILTER」に悪意あるスクリプトを実行される複数の脆弱性(JVN)

    「i-FILTER」に悪意あるスクリプトを実行される複数の脆弱性(JVN)

  10. 事務処理の誤りでふるさと納税寄付者の全データを掲載(山形市)

    事務処理の誤りでふるさと納税寄付者の全データを掲載(山形市)

ランキングをもっと見る