ここが変だよ日本のセキュリティ 第32回 「2018セキュリティニュースの歩き方」 | ScanNetSecurity
2019.11.15(金)

ここが変だよ日本のセキュリティ 第32回 「2018セキュリティニュースの歩き方」

「本当に大丈夫なのか?」という上司からの質問は、心配している場合と、自分の責任を部下にリスクヘッジしているのの、両方のケースがある。セキュリティニュースの歩き方とは、そんな板挟みの避け方でもある。

特集 コラム
権利関係がややこしい未確認巨大生物との貴重な一枚
権利関係がややこしい未確認巨大生物との貴重な一枚 全 1 枚 拡大写真
何だね君はぁ?「VR対応に期待しても、いつまで経っても発売されないラブプラスEveryに気をもむ私に、俺の嫁召喚装置「Gatebox」が新垣あやせに対応するというBig Newsが飛び込んできたよ。

新垣あやせといえば、苛烈な罵倒が人気のキャラだ。バーチャルな恋人に求めるのは、心の癒しじゃなくて罵倒だと言うことが分かってきたようで嬉しい。これからのAIやスマートスピーカーも是非とも、ユーザーの趣向解析した上で罵倒されたいユーザーには厳しい言葉を浴びせる、罵倒モードを搭載して欲しい!」

景気が上向いてくるに連れて、セキュリティに関するニュースが増えてきた気がする。全国紙の一面に「サイバー」という言葉を見かけることが増えたし、テレビのニュースでも北朝鮮のミサイルの次くらいに脅威として頻繁に取り上げられている。このところは仮想通貨がホットだ。しかしちょっと待ってくれ。同じようなニュース多くないかい? 物凄い脅威のように言われているけど、身の回りの友人、知人で深刻な被害に遭った人はどのくらいいるのかな? も、も、もしかしてフェイクニュース? なんてことはないと思うけど、溢れかえるセキュリティニュースの歩き方を整理してみたよ。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 続きを読む

《2次元殺法コンビ》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. メール誤送信後に隠蔽を行った25歳職員を懲戒処分(川崎市)

    メール誤送信後に隠蔽を行った25歳職員を懲戒処分(川崎市)

  2. CrowdStrike Blog:新学期をさらに憂うつにさせるランサムウェア

    CrowdStrike Blog:新学期をさらに憂うつにさせるランサムウェア

  3. サイバーリスク増大予想するも準備はできていないと考える日本(ファイア・アイ)

    サイバーリスク増大予想するも準備はできていないと考える日本(ファイア・アイ)

  4. 「カードの不正使用を検知し凍結した」とする、MyJCB偽メール(フィッシング対策協議会)

    「カードの不正使用を検知し凍結した」とする、MyJCB偽メール(フィッシング対策協議会)

  5. マイクロソフトが月例セキュリティ情報を公開、悪用も確認(IPA、JPCERT/CC)

    マイクロソフトが月例セキュリティ情報を公開、悪用も確認(IPA、JPCERT/CC)

  6. 独裁者御用達マルウェア「フィンフィッシャー」作成企業、ドイツのジャーナリストへ脅迫状 ~ 奴らは「ストライサンド効果」を知らないのか(The Register)

    独裁者御用達マルウェア「フィンフィッシャー」作成企業、ドイツのジャーナリストへ脅迫状 ~ 奴らは「ストライサンド効果」を知らないのか(The Register)

  7. 「5pb. Records div2 official shop」へ不正アクセス、カード情報が流出(コムス)

    「5pb. Records div2 official shop」へ不正アクセス、カード情報が流出(コムス)

  8. 重要インフラ14分野による分野横断的演習を開催、約5,000名が参加(NISC)

    重要インフラ14分野による分野横断的演習を開催、約5,000名が参加(NISC)

  9. Web上で行えるAndroidアプリの脆弱性診断サービス、LACへ譲渡(ラック)

    Web上で行えるAndroidアプリの脆弱性診断サービス、LACへ譲渡(ラック)

  10. MITRE ATT&CKフレームワーク等に準じた疑似攻撃で対策の有効性評価(ファイア・アイ)

    MITRE ATT&CKフレームワーク等に準じた疑似攻撃で対策の有効性評価(ファイア・アイ)

ランキングをもっと見る