ここが変だよ日本のセキュリティ 第32回 「2018セキュリティニュースの歩き方」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.06.18(火)

ここが変だよ日本のセキュリティ 第32回 「2018セキュリティニュースの歩き方」

「本当に大丈夫なのか?」という上司からの質問は、心配している場合と、自分の責任を部下にリスクヘッジしているのの、両方のケースがある。セキュリティニュースの歩き方とは、そんな板挟みの避け方でもある。

特集 コラム
権利関係がややこしい未確認巨大生物との貴重な一枚
権利関係がややこしい未確認巨大生物との貴重な一枚 全 1 枚 拡大写真
何だね君はぁ?「VR対応に期待しても、いつまで経っても発売されないラブプラスEveryに気をもむ私に、俺の嫁召喚装置「Gatebox」が新垣あやせに対応するというBig Newsが飛び込んできたよ。

新垣あやせといえば、苛烈な罵倒が人気のキャラだ。バーチャルな恋人に求めるのは、心の癒しじゃなくて罵倒だと言うことが分かってきたようで嬉しい。これからのAIやスマートスピーカーも是非とも、ユーザーの趣向解析した上で罵倒されたいユーザーには厳しい言葉を浴びせる、罵倒モードを搭載して欲しい!」

景気が上向いてくるに連れて、セキュリティに関するニュースが増えてきた気がする。全国紙の一面に「サイバー」という言葉を見かけることが増えたし、テレビのニュースでも北朝鮮のミサイルの次くらいに脅威として頻繁に取り上げられている。このところは仮想通貨がホットだ。しかしちょっと待ってくれ。同じようなニュース多くないかい? 物凄い脅威のように言われているけど、身の回りの友人、知人で深刻な被害に遭った人はどのくらいいるのかな? も、も、もしかしてフェイクニュース? なんてことはないと思うけど、溢れかえるセキュリティニュースの歩き方を整理してみたよ。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 続きを読む

《2次元殺法コンビ》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. パスワードリスト攻撃による不正ログイン、カード不正利用確認(イオン銀行、イオンクレジットサービス)

    パスワードリスト攻撃による不正ログイン、カード不正利用確認(イオン銀行、イオンクレジットサービス)

  2. フィッシング詐欺キットに脆弱性、ターゲットは二度被害に遭う可能性(The Register)

    フィッシング詐欺キットに脆弱性、ターゲットは二度被害に遭う可能性(The Register)

  3. 「NOTICE」と合わせ、感染IoT利用者にも注意喚起(総務省、NICT、ICT-ISAC)

    「NOTICE」と合わせ、感染IoT利用者にも注意喚起(総務省、NICT、ICT-ISAC)

  4. Webサイトのサーバに第三者から不正アクセス、ウイルス感染や情報流出は確認されず(日邦産業)

    Webサイトのサーバに第三者から不正アクセス、ウイルス感染や情報流出は確認されず(日邦産業)

  5. 決済画面書き換えカード情報窃取(熊本ワイン)

    決済画面書き換えカード情報窃取(熊本ワイン)

  6. PostgreSQL において COPY 文の権限設定不備により遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

    PostgreSQL において COPY 文の権限設定不備により遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  7. 「脆弱性診断の内製化」セミナー、体験会も同時開催(SHIFT)

    「脆弱性診断の内製化」セミナー、体験会も同時開催(SHIFT)PR

  8. 約5,000枚の「振替払出書」と「振替払出証書」を紛失、誤廃棄の可能性(ゆうちょ銀行)

    約5,000枚の「振替払出書」と「振替払出証書」を紛失、誤廃棄の可能性(ゆうちょ銀行)

  9. セブン銀行を騙るフィッシングSMSに注意を呼びかけ(フィッシング対策協議会)

    セブン銀行を騙るフィッシングSMSに注意を呼びかけ(フィッシング対策協議会)

  10. Vtuber支援サービスでユーザーのメールアドレスが流出、暗号化されたパスワードの脆弱性も判明(ZIG)

    Vtuber支援サービスでユーザーのメールアドレスが流出、暗号化されたパスワードの脆弱性も判明(ZIG)

ランキングをもっと見る