ここが変だよ日本のセキュリティ 第32回 「2018セキュリティニュースの歩き方」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.13(木)

ここが変だよ日本のセキュリティ 第32回 「2018セキュリティニュースの歩き方」

「本当に大丈夫なのか?」という上司からの質問は、心配している場合と、自分の責任を部下にリスクヘッジしているのの、両方のケースがある。セキュリティニュースの歩き方とは、そんな板挟みの避け方でもある。

特集 コラム
権利関係がややこしい未確認巨大生物との貴重な一枚
権利関係がややこしい未確認巨大生物との貴重な一枚 全 1 枚 拡大写真
何だね君はぁ?「VR対応に期待しても、いつまで経っても発売されないラブプラスEveryに気をもむ私に、俺の嫁召喚装置「Gatebox」が新垣あやせに対応するというBig Newsが飛び込んできたよ。

新垣あやせといえば、苛烈な罵倒が人気のキャラだ。バーチャルな恋人に求めるのは、心の癒しじゃなくて罵倒だと言うことが分かってきたようで嬉しい。これからのAIやスマートスピーカーも是非とも、ユーザーの趣向解析した上で罵倒されたいユーザーには厳しい言葉を浴びせる、罵倒モードを搭載して欲しい!」

景気が上向いてくるに連れて、セキュリティに関するニュースが増えてきた気がする。全国紙の一面に「サイバー」という言葉を見かけることが増えたし、テレビのニュースでも北朝鮮のミサイルの次くらいに脅威として頻繁に取り上げられている。このところは仮想通貨がホットだ。しかしちょっと待ってくれ。同じようなニュース多くないかい? 物凄い脅威のように言われているけど、身の回りの友人、知人で深刻な被害に遭った人はどのくらいいるのかな? も、も、もしかしてフェイクニュース? なんてことはないと思うけど、溢れかえるセキュリティニュースの歩き方を整理してみたよ。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 続きを読む

《2次元殺法コンビ》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. CSIRT 担当者は J. D. サリンジャーを読むべきか ~ やらかし事例から学ぶセキュリティ

    CSIRT 担当者は J. D. サリンジャーを読むべきか ~ やらかし事例から学ぶセキュリティ

  2. 任天堂グッズ販売Webサイトへ4ヶ月にわたり不正アクセス、カード情報が流出(エディットモード)

    任天堂グッズ販売Webサイトへ4ヶ月にわたり不正アクセス、カード情報が流出(エディットモード)

  3. 全くの無知よりも予備知識がある方がフィッシング詐欺にかかりやすい:米大学研究結果(The Register)

    全くの無知よりも予備知識がある方がフィッシング詐欺にかかりやすい:米大学研究結果(The Register)

  4. きみに読んでほしい3冊:セキュリティブックガイド 第一回   NRIセキュアテクノロジーズ 小田島 潤「計算機基礎」

    きみに読んでほしい3冊:セキュリティブックガイド 第一回 NRIセキュアテクノロジーズ 小田島 潤「計算機基礎」

  5. 企業のアタックサーフェス別クリプトジャッキング感染状況

    企業のアタックサーフェス別クリプトジャッキング感染状況

  6. 車の屋根の上に個人情報記載名簿を載せ発進・紛失(高岡市)

    車の屋根の上に個人情報記載名簿を載せ発進・紛失(高岡市)

  7. サイボウズ「Garoon」および「リモートサービス」に脆弱性(JVN)

    サイボウズ「Garoon」および「リモートサービス」に脆弱性(JVN)

  8. 【Scan PREMIUM 記事配信予告】あの男が帰ってくる! ~ 翼の折れたペネトレーションテスター

    【Scan PREMIUM 記事配信予告】あの男が帰ってくる! ~ 翼の折れたペネトレーションテスター

  9. 「i-FILTER」に悪意あるスクリプトを実行される複数の脆弱性(JVN)

    「i-FILTER」に悪意あるスクリプトを実行される複数の脆弱性(JVN)

  10. 事務処理の誤りでふるさと納税寄付者の全データを掲載(山形市)

    事務処理の誤りでふるさと納税寄付者の全データを掲載(山形市)

ランキングをもっと見る