主なものだけで8つ、乱立するIoTガイドラインどう使うか | ScanNetSecurity
2019.11.15(金)

主なものだけで8つ、乱立するIoTガイドラインどう使うか

Internet Week 2017においてNRIセキュアテクノロジーズ 上級セキュリティコンサルタント 熊白浩丈氏が、IoTセキュリティに関して各団体が示しているガイドラインの特徴や実際の活用アプローチについてセミナーを行った。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
NRIセキュアテクノロジーズ 上級セキュリティコンサルタント 熊白浩丈氏
NRIセキュアテクノロジーズ 上級セキュリティコンサルタント 熊白浩丈氏 全 4 枚 拡大写真
IoTに特化したセキュリティ対策。産業界では喫緊の課題として取り組まなければならない問題のひとつだ。そのため、国内外の関連機関、業界団体からいくつもの標準やガイドラインが出されている。しかし、多くの企業はそもそもガイドラインをどう使えばいいのか、実際に必要なことはなにか、といった問題で困っているのではないか。

昨年暮に開催された技術者会議Internet Week 2017においてNRIセキュアテクノロジーズ株式会社 上級セキュリティコンサルタント 熊白浩丈氏が、IoTセキュリティに関して各団体が示しているガイドラインの特徴や実際の活用アプローチについてセミナーを行った。

製造業などがIoT製品やサービスを手掛けるようになったが、IoTセキュリティについては担当者や専門家がいない。コンサルタントに頼むにしても、どこから相談すればいいのかもままならない。そんな現実的な問題に対して、熊白氏の講演は、現実的なガイドラインの活用アプローチ、注意点などを示す、きわめて実践的な内容だ。詳しく紹介したい。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 続きを読む

《中尾 真二》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. メール誤送信後に隠蔽を行った25歳職員を懲戒処分(川崎市)

    メール誤送信後に隠蔽を行った25歳職員を懲戒処分(川崎市)

  2. CrowdStrike Blog:新学期をさらに憂うつにさせるランサムウェア

    CrowdStrike Blog:新学期をさらに憂うつにさせるランサムウェア

  3. サイバーリスク増大予想するも準備はできていないと考える日本(ファイア・アイ)

    サイバーリスク増大予想するも準備はできていないと考える日本(ファイア・アイ)

  4. 「カードの不正使用を検知し凍結した」とする、MyJCB偽メール(フィッシング対策協議会)

    「カードの不正使用を検知し凍結した」とする、MyJCB偽メール(フィッシング対策協議会)

  5. マイクロソフトが月例セキュリティ情報を公開、悪用も確認(IPA、JPCERT/CC)

    マイクロソフトが月例セキュリティ情報を公開、悪用も確認(IPA、JPCERT/CC)

  6. 独裁者御用達マルウェア「フィンフィッシャー」作成企業、ドイツのジャーナリストへ脅迫状 ~ 奴らは「ストライサンド効果」を知らないのか(The Register)

    独裁者御用達マルウェア「フィンフィッシャー」作成企業、ドイツのジャーナリストへ脅迫状 ~ 奴らは「ストライサンド効果」を知らないのか(The Register)

  7. 「5pb. Records div2 official shop」へ不正アクセス、カード情報が流出(コムス)

    「5pb. Records div2 official shop」へ不正アクセス、カード情報が流出(コムス)

  8. 重要インフラ14分野による分野横断的演習を開催、約5,000名が参加(NISC)

    重要インフラ14分野による分野横断的演習を開催、約5,000名が参加(NISC)

  9. Web上で行えるAndroidアプリの脆弱性診断サービス、LACへ譲渡(ラック)

    Web上で行えるAndroidアプリの脆弱性診断サービス、LACへ譲渡(ラック)

  10. MITRE ATT&CKフレームワーク等に準じた疑似攻撃で対策の有効性評価(ファイア・アイ)

    MITRE ATT&CKフレームワーク等に準じた疑似攻撃で対策の有効性評価(ファイア・アイ)

ランキングをもっと見る