がん治療認定医の変更届システムに不正アクセス(日本がん治療認定医機構) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

がん治療認定医の変更届システムに不正アクセス(日本がん治療認定医機構)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

トップページ
トップページ 全 3 枚 拡大写真
一般社団法人日本がん治療認定医機構は3月22日、同機構が運営するがん治療認定医「変更届システム」が第三者による不正アクセスを受け、登録情報の一部が流出した可能性があることが判明したと発表した。

これは2月22日、がん治療認定医の所属先から、がん治療認定医登録情報の一部が流出している可能性があるとの連絡を受けて判明したもの。サーバーのアクセスログを解析したところ「変更届システム」および「認定医名簿」に対する不正アクセスの痕跡が複数回認められたという。

調査の結果、同機構がシステム開発およびサーバー管理を委託している外部の協力会社が制作した「変更届システム」の一部に脆弱性があり、この脆弱性を意図的に利用するとメールアドレス、パスワードが不正に取得できる状況だったとのこと。

流出した可能性があるのは、2007年10月10日から2018年2月22日までに同システムで登録または変更した最大21,563名のメールアドレスとパスワード。

現在は、被害の拡大を防ぐため「変更届システム」および「認定医名簿」を閉鎖し、本システムに登録されていたパスワードを全て消去したとのこと。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 複数サイトの個人情報流出、データベース設定に問題あり(ひのでやエコライフ研究所)

    複数サイトの個人情報流出、データベース設定に問題あり(ひのでやエコライフ研究所)

  2. 県立歴史館ホームページが改ざん被害、安全性が確認されるまで一時閉鎖に(長野県)

    県立歴史館ホームページが改ざん被害、安全性が確認されるまで一時閉鎖に(長野県)

  3. [鋭意準備中] 今年もあの方に Black Hat USA 2018 の見どころを聞きました

    [鋭意準備中] 今年もあの方に Black Hat USA 2018 の見どころを聞きました

  4. NTT持株、アカウント名特定する新たな脅威「Silhouette」発見(NTT)

    NTT持株、アカウント名特定する新たな脅威「Silhouette」発見(NTT)

  5. 不正アクセスによるWebサイトが改ざん被害に(日本セーリング連盟オリンピック強化委員会)

    不正アクセスによるWebサイトが改ざん被害に(日本セーリング連盟オリンピック強化委員会)

  6. [学術研究] 主要セキュリティ対策の費用対効果ランキング

    [学術研究] 主要セキュリティ対策の費用対効果ランキング

  7. URL 末尾が「死ね死ね死ね」ついに最期の時迎える TLS 1.0 / 1.1(The Register)

    URL 末尾が「死ね死ね死ね」ついに最期の時迎える TLS 1.0 / 1.1(The Register)

  8. サイバー保険加入者向けにサイバーインテリジェンス情報提供(MS&ADインターリスク総研)

    サイバー保険加入者向けにサイバーインテリジェンス情報提供(MS&ADインターリスク総研)

  9. 20年後の同窓会:米上院公聴会と、ハッカーが変えられなかった未来(1)発端(The Register)

    20年後の同窓会:米上院公聴会と、ハッカーが変えられなかった未来(1)発端(The Register)

  10. セキュリティポリシーを守らずUSBメモリを校外へ持ち出し紛失(横浜市)

    セキュリティポリシーを守らずUSBメモリを校外へ持ち出し紛失(横浜市)

ランキングをもっと見る