Oracleが複数製品のクリティカルパッチアップデートを公開(JPCERT/CC、IPA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.23(水)

Oracleが複数製品のクリティカルパッチアップデートを公開(JPCERT/CC、IPA)

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は4月18日、「2018年 4月 Oracle製品のクリティカルパッチアップデートに関する注意喚起」を発表した。独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)も、「Oracle Java の脆弱性対策について(CVE-2018-2814等)」を発表している。これはOracle社が複数の製品に対するクリティカルアップデートに関する情報を公開したことを受けたもの。

対象として、次の製品およびバージョンが含まれている。

・Java SE JDK/JRE 8 Update 162 およびそれ以前
・Java SE JDK/JRE 10
・Oracle WebLogic Portal 10.3.6.0.0 SPU より前のバージョン
・Oracle WebLogic Server 10.3.6.0.180417 PSU より前のバージョン
・Oracle WebLogic Server 12.1.3.0.180417 PSU より前のバージョン
・Oracle WebLogic Server 12.2.1.2.180417 PSU より前のバージョン
・Oracle WebLogic Server 12.2.1.3.180417 PSU より前のバージョン

なお、製品やバージョンは多岐にわたるので、正確な情報はOracleの情報を参照すること。

これらの脆弱性を悪用された場合、リモートからの攻撃によってアプリケーションが不正終了したり、任意のコードが実行されたりするなどの可能性がある。対象となる製品を利用している場合には、アップデートの適用等を検討するよう呼びかけている。

《吉澤 亨史》

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 日本人2億件の個人情報が中国地下市場に出品、大半が過去の漏えい情報(ファイア・アイ)

    日本人2億件の個人情報が中国地下市場に出品、大半が過去の漏えい情報(ファイア・アイ)

  2. 「スピードラーニング」のデータをオークション販売目的でアップロード(ACCS)

    「スピードラーニング」のデータをオークション販売目的でアップロード(ACCS)

  3. メールサーバーが不正アクセス、不特定多数のユーザーへメール送信(ジラフ)

    メールサーバーが不正アクセス、不特定多数のユーザーへメール送信(ジラフ)

  4. パスワードを使わないログインを提供、すでに200万IDが利用(Yahoo! JAPAN)

    パスワードを使わないログインを提供、すでに200万IDが利用(Yahoo! JAPAN)

  5. ここが変だよ日本のセキュリティ 第33回 「君は生き延びることができるか!? セキュリティの半分は信頼で出来ている」

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第33回 「君は生き延びることができるか!? セキュリティの半分は信頼で出来ている」

  6. MS Wordの「メール一括送信」機能を誤って選択、個人情報誤送信(JNSA)

    MS Wordの「メール一括送信」機能を誤って選択、個人情報誤送信(JNSA)

  7. ルータのDNS設定を改ざんする「Roaming Mantis」攻撃の脅威が拡大(カスペルスキー)

    ルータのDNS設定を改ざんする「Roaming Mantis」攻撃の脅威が拡大(カスペルスキー)

  8. 教育現場でiPadの評判急降下の理由(The Register)

    教育現場でiPadの評判急降下の理由(The Register)

  9. BIND 9.12.xに、namedが異常終了を起こしサービスが停止する脆弱性(JPRS、JVN)

    BIND 9.12.xに、namedが異常終了を起こしサービスが停止する脆弱性(JPRS、JVN)

  10. 5月25日から施行のGDPR、法務部や経営企画の理解に遅れ(トレンドマイクロ)

    5月25日から施行のGDPR、法務部や経営企画の理解に遅れ(トレンドマイクロ)

ランキングをもっと見る