ロシアにて大規模なIPブロッキング、SteamやTwitterなどにも大きな影響 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.20(月)

ロシアにて大規模なIPブロッキング、SteamやTwitterなどにも大きな影響

国際 海外情報

ロシアでTwitch/Steam/Twitterなど一部がアクセス遮断対象に―暗号化チャットの禁止余波か
ロシアでTwitch/Steam/Twitterなど一部がアクセス遮断対象に―暗号化チャットの禁止余波か 全 1 枚 拡大写真
ロシアにて大規模に行われたIPブロッキングの余波を受け、ストリーミング配信大手のTwitchや、ゲーム販売サービスSteam、有名SNSのTwitterなどが大きな影響を受けているとユーザーより報告されています。

Redditにて、ストリーマーであるAngry_Roleplayer氏が報告した所によれば、現時点でロシアからTwitchにアクセスした場合、「2000: Network Error」と表示され、正常にアクセスできないとのこと。これは、先日ロシアにて、AmazonやGoogleのサーバーへと行われたIPブロッキングの影響を受けたものとみられます。また、Twitterでは『Don't Starve』のログイン不良や、Steamモバイルアプリの動作不具合を訴えるロシアユーザーの姿も。

ロシアのプロゲーミングチーム「Team Empire」は、同国においてTwitchやSteam、Twitterが正常に動作していないことと、その影響を受け、同国で予定されていた他チームとの試合を中止する可能性をTwitterで触れています

これらの不具合を発生させたブロッキングはロシア国内で人気の暗号化チャットメッセンジャー“Telegram”を禁止するため、AmazonやGoogleのクラウドサーバーを中心に、2,000万近いIPアドレスに対して実施されたもの。ロイター通信によれば、これは“Telegram”のサーバーが、前述のクラウドサーバーを利用していることを受けての処置となります。

“Telegram”は、旧ソ連と中東の国々で広く使われており、ロシアでは政界などでも用いられていたチャットツール。先日、ロシアの裁判所によって下された、暗号化されたチャットへの警察組織の検閲を可能とする命令を拒否していました。

先日、異例なまでのスピードで、特定サイトのブロッキング処置の容認が決定された日本でも、いずれ対象が拡大し同様の自体が起こりえる可能性はあるのでしょうか?いずれにせよ、ロシアには多くのゲームメーカーなども存在しており、今回の混乱が一時的なものであることを願うばかりではないでしょうか。

ロシアでTwitch/Steam/Twitterなど一部がアクセス遮断対象に―暗号化チャットの禁止余波か

《Arkblade》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

アクセスランキング

  1. Miraiに感染したIoT機器によるアクセスの増加を確認(警察庁)

    Miraiに感染したIoT機器によるアクセスの増加を確認(警察庁)

  2. DEFCON 26 の Car Hacking Village のコンテストでイエラエセキュリティ佐藤氏圧勝

    DEFCON 26 の Car Hacking Village のコンテストでイエラエセキュリティ佐藤氏圧勝

  3. プリインストールを含む複数のAndroidおよびiOSアプリに、複数の脆弱性(JVN)

    プリインストールを含む複数のAndroidおよびiOSアプリに、複数の脆弱性(JVN)

  4. 「Apache Tomcat」に複数の脆弱性、対策の検討を呼びかけ(JPCERT/CC)

    「Apache Tomcat」に複数の脆弱性、対策の検討を呼びかけ(JPCERT/CC)

  5. ネットからアクセス可能なスマートホームデバイス、日本で千台以上確認(Avast)

    ネットからアクセス可能なスマートホームデバイス、日本で千台以上確認(Avast)

  6. 標的型攻撃メールの情報提供は減少、しかし巧妙化進む(IPA)

    標的型攻撃メールの情報提供は減少、しかし巧妙化進む(IPA)

  7. Intel製CPUの投機的実行機能に、メモリの内容を推測される脆弱性(JVN)

    Intel製CPUの投機的実行機能に、メモリの内容を推測される脆弱性(JVN)

  8. パスワードリスト攻撃で6,458件のeoIDが不正ログイン被害(ケイ・オプティコム)

    パスワードリスト攻撃で6,458件のeoIDが不正ログイン被害(ケイ・オプティコム)

  9. 脆弱性届出、「情報家電」が2位に--四半期レポート(IPA、JPCERT/CC)

    脆弱性届出、「情報家電」が2位に--四半期レポート(IPA、JPCERT/CC)

  10. SANS謹製のCTFプログラムを学生向けイベントで無償提供(NRIセキュア)

    SANS謹製のCTFプログラムを学生向けイベントで無償提供(NRIセキュア)

ランキングをもっと見る