GDPR施行、アジア企業の誤解と準備態勢チェック項目(AIG損保) | ScanNetSecurity
2021.10.25(月)

GDPR施行、アジア企業の誤解と準備態勢チェック項目(AIG損保)

AIG損保は、ホワイトペーパー「GDPR:アジアにおける準備態勢と潜在的影響」を公開した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
GDPR準備態勢チェックリスト
GDPR準備態勢チェックリスト 全 1 枚 拡大写真
AIG損害保険株式会社(AIG損保)は、ホワイトペーパー「GDPR:アジアにおける準備態勢と潜在的影響」を公開した。制裁金と通知などのGDPRの概要や、アジアの企業に対する影響、アジアにおける施行、日本の対応、アジアの企業が実施すべきことなどがまとめられており、「GDPR準備態勢チェックリスト」も付属する。

日本の対応においては、日本や欧州に物理的支店がないことから、GDPRの管轄に該当しないと考えていた日本のオンライン銀行で、調査の結果、欧州の事業体との金融取引の記録を保持していることが判明した事例などが紹介されている。また、多くの日本企業が、GDPRは欧州の規制であり、欧州の子会社が遵守している限り日本側は問題ないといった安易な誤解があるなどの指摘も記載している。

チェックリストには、「データ監査」「同意のレビュー」「根拠の検討」「プライバシー通知の更新」「データ主体の権利」「データ保護責任者の任命」「個人データ侵害の通知・連絡」「研修」のポイントを挙げ、自社の体制についてチェックできるようになっている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 埼玉大学の学内サーバへ不正アクセス、PCの脆弱なパスワードが原因に

    埼玉大学の学内サーバへ不正アクセス、PCの脆弱なパスワードが原因に

  2. 若手社員の半数以上「情報漏えいより締め切りが大切」IT部門との確執浮き彫り

    若手社員の半数以上「情報漏えいより締め切りが大切」IT部門との確執浮き彫り

  3. 群馬大学のメールサーバが踏み台に、約57万件の迷惑メールを送信

    群馬大学のメールサーバが踏み台に、約57万件の迷惑メールを送信

  4. proofpoint Blog 第6回「そのサンドボックス運用にはご注意を! BCCモードのサンドボックス解析による大きなリスク」

    proofpoint Blog 第6回「そのサンドボックス運用にはご注意を! BCCモードのサンドボックス解析による大きなリスク」

  5. ワイヤー錠で固定実施済も、病院の超音波診断装置外付けHDD行方知れず

    ワイヤー錠で固定実施済も、病院の超音波診断装置外付けHDD行方知れず

  6. PureSecureが不適切なパスワード保存テクニックを露呈

    PureSecureが不適切なパスワード保存テクニックを露呈

  7. 徳島県国民健康保険団体連合会が専用回線で誤送信、再送信処理でのシステム仕様に問題

    徳島県国民健康保険団体連合会が専用回線で誤送信、再送信処理でのシステム仕様に問題

  8. 東京2020で約4.5億回のセキュリティイベントに対処した“NTTの貢献”

    東京2020で約4.5億回のセキュリティイベントに対処した“NTTの貢献”

  9. GhostScript において任意のコードが実行可能となるディレクトリへのアクセス制御不備の脆弱性(Scan Tech Report)

    GhostScript において任意のコードが実行可能となるディレクトリへのアクセス制御不備の脆弱性(Scan Tech Report)

  10. 複数のOracle製品のクリティカルパッチアップデートについて注意喚起、Java SEの脆弱性は攻撃時の影響大

    複数のOracle製品のクリティカルパッチアップデートについて注意喚起、Java SEの脆弱性は攻撃時の影響大

ランキングをもっと見る