2017年の個人情報漏えい調査の速報値を公開、引き続き件数の減少が続く(JNSA) | ScanNetSecurity
2020.01.23(木)

2017年の個人情報漏えい調査の速報値を公開、引き続き件数の減少が続く(JNSA)

JNSAセキュリティ被害調査WGは、「2017年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書【速報版】」を公開した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
2017年 個人情報漏えいインシデント 概要データ【速報】
2017年 個人情報漏えいインシデント 概要データ【速報】 全 4 枚 拡大写真
特定非営利活動法人 日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)セキュリティ被害調査WGは6月14日、「2017年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書【速報版】」を公開した。この報告書は、新聞やインターネットニュースなどで報道された個人情報漏えいインシデントの情報を集計し、漏えいした組織の業種、漏えい人数、漏えい原因、漏えい経路などの情報の分類、JOモデル(JNSA Damage Operation Model for Individual Information Leak)を用いた想定損害賠償額などを分析した結果をまとめたもの。

速報版によると、2017年の個人情報漏えいインシデントの件数は386件で、2016年の468件、2015年の788件、2014年の1,591件と減少傾向が続いている。漏えい人数は519万8,142人で、大幅に増加した2016年(1,510万6,784人)から2015年(496万63人)のレベルに戻っている。原因では、「誤操作」が97件でもっとも多く、「紛失・置き忘れ」84件、「不正アクセス」67件、「管理ミス」50件と続いた。漏えい媒体・経路では「紙媒体」150件、「インターネット」87件、「電子メール」77件が上位を占めた。業種別では「公務(他に分類されるものを除く)」110件、「教育、学習支援業」50件、「卸売業、小売業」33件の順で多かった。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 汚染された Tor ブラウザ、狙われるダークウェブ利用者

    汚染された Tor ブラウザ、狙われるダークウェブ利用者

  2. 「改ざんサイト」は2019年8月から急増、検索結果から誘導(デジタルアーツ)

    「改ざんサイト」は2019年8月から急増、検索結果から誘導(デジタルアーツ)

  3. OracleがJavaをアップデート、ライセンス変更にも注意(IPA、JPCERT/CC)

    OracleがJavaをアップデート、ライセンス変更にも注意(IPA、JPCERT/CC)

  4. 複数のCDNに、サイト閲覧者に攻撃が行われる脆弱性(JVN)

    複数のCDNに、サイト閲覧者に攻撃が行われる脆弱性(JVN)

  5. 「ペットハグサイト」不正アクセスでカード情報流出、決済停止後も偽の決済フォームへ誘導(ペットハグ)

    「ペットハグサイト」不正アクセスでカード情報流出、決済停止後も偽の決済フォームへ誘導(ペットハグ)

  6. マイクロソフトが1月のセキュリティ情報を公開、早急に適用を(IPA、JPCERT/CC)

    マイクロソフトが1月のセキュリティ情報を公開、早急に適用を(IPA、JPCERT/CC)

  7. セキュリティソフトに「防御率の高さ」と「動きの軽快さ」の改善を期待(NTTコム オンライン)

    セキュリティソフトに「防御率の高さ」と「動きの軽快さ」の改善を期待(NTTコム オンライン)

  8. 不正アクセスで会員情報流出の「宅ふぁいる便」、3月末でサービス終了へ(オージス総研)

    不正アクセスで会員情報流出の「宅ふぁいる便」、3月末でサービス終了へ(オージス総研)

  9. 企業のメールセキュリティは改善傾向、特に送信元ドメイン認証で顕著(デージーネット)

    企業のメールセキュリティは改善傾向、特に送信元ドメイン認証で顕著(デージーネット)

  10. 委託先企業の業務用PCが遠隔操作攻撃で操作不能に(荏原製作所、イディア)

    委託先企業の業務用PCが遠隔操作攻撃で操作不能に(荏原製作所、イディア)

ランキングをもっと見る