海外子会社へ不正アクセス、顧客情報流出の可能性(野村ホールディングス) | ScanNetSecurity
2020.07.07(火)

海外子会社へ不正アクセス、顧客情報流出の可能性(野村ホールディングス)

野村ホールディングス株式会社は6月14日、機関投資家向けに委託電子取引を取り扱う同社の海外子会社インスティネット・ヨーロッパ・リミテッドへの不正アクセスがあったことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 2 枚 拡大写真
野村ホールディングス株式会社は6月14日、機関投資家向けに委託電子取引を取り扱う同社の海外子会社インスティネット・ヨーロッパ・リミテッドへの不正アクセスがあったことが判明したと発表した。

これは米国東部標準時2018年6月4日に、インスティネット・ヨーロッパ・リミテッド社において、一部のデスクトップ・ネットワークへマルウェアによる不正アクセスが判明したというもので、インスティネット・ヨーロッパ・リミテッド社を含むインスティネット関連各社と野村グループ、サイバーセキュリティ会社などが調査したところ顧客情報が流出した可能性があることが判明しというもの。

現在も調査中であるが、インスティネット関連各社のトレーディング・システムへに影響がないことは確認済みで通常通り営業を行っており、またインスティネット関連各社と野村グループ各社のシステムは互いに独立しており、野村グループ他社に影響はないとのこと。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 新たにBYOD端末からの不正アクセスが判明(NTT Com)

    新たにBYOD端末からの不正アクセスが判明(NTT Com)

  2. 情報漏えいにつながる危険な PDF 利用 - Microsoft Word 網掛け機能誤解、情報公開し注意喚起(大船渡市)

    情報漏えいにつながる危険な PDF 利用 - Microsoft Word 網掛け機能誤解、情報公開し注意喚起(大船渡市)

  3. 金融機関でのセキュリティ対策やシステム障害など3つのレポートを公開(金融庁)

    金融機関でのセキュリティ対策やシステム障害など3つのレポートを公開(金融庁)

  4. NTTコミュニケーションズのインシデント、想起されるグループほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary]

    NTTコミュニケーションズのインシデント、想起されるグループほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary]

  5. LINEプロフィール画像改ざん事件、脆弱性検証から逸脱した行為と判断(LINE)

    LINEプロフィール画像改ざん事件、脆弱性検証から逸脱した行為と判断(LINE)

  6. 「道具屋さん本店」に不正アクセス、約5ヶ月分のカード決済情報が流出(エース産業機器)

    「道具屋さん本店」に不正アクセス、約5ヶ月分のカード決済情報が流出(エース産業機器)

  7. サイバーパンフレット サイバー攻撃の現状 2020(公安調査庁)

    サイバーパンフレット サイバー攻撃の現状 2020(公安調査庁)

  8. 新型コロナ関連攻撃の約8割がフィッシング--四半期動向(NTTデータ)

    新型コロナ関連攻撃の約8割がフィッシング--四半期動向(NTTデータ)

  9. 95日、検知までの期間が昨年から10日延びる ~ インシデントレスポンスから得られた CrowdStrike の知見

    95日、検知までの期間が昨年から10日延びる ~ インシデントレスポンスから得られた CrowdStrike の知見

  10. サイボウズ「Garoon」に複数の脆弱性(JVN)

    サイボウズ「Garoon」に複数の脆弱性(JVN)

ランキングをもっと見る