BCCをTOに、メール誤送信366人分アドレス流出(和歌山市) | ScanNetSecurity
2019.11.17(日)

BCCをTOに、メール誤送信366人分アドレス流出(和歌山市)

和歌山県和歌山市は6月16日、メールを送信した際に同時送信宛先のアドレスが他の受信者のメール内に表示される誤送信をしたことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 2 枚 拡大写真
和歌山県和歌山市は6月16日、メールを送信した際に同時送信宛先のアドレスが他の受信者のメール内に表示される誤送信をしたことが判明したと発表した。

これは6月15日に、同市産業交流局産業部産業政策課において、「生産性向上セミナー」開催のお知らせのメール送信の際、本来ならば「BCC」にて送信すべきところ誤って他の宛先が表示されてしまう「TO」にアドレスを入力して送信したというもの。

流出したアドレスは、過去に訪問した事業者117人と企業情報サイト登録事業者のうち249人の計366人で、約50人ずつ複数回に分けてメール送信したとのこと。

同市では同日、「お詫びとメール削除依頼」のメールを送信したとのこと。

同市では今後、個人情報を含む重要なメールや複数先へのメール送信時の手順、留意事項を徹底し、また個人情報取り扱いのリスクの認識を徹底させるとのこと。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. Windows 7などのサポート終了に対し、現状と支援施策を発表(日本マイクロソフト)

    Windows 7などのサポート終了に対し、現状と支援施策を発表(日本マイクロソフト)

  2. 「Windows 7よ永遠に」プログラム書き込み禁止でWindows 7を使い続けられるソフト(電机本舗)

    「Windows 7よ永遠に」プログラム書き込み禁止でWindows 7を使い続けられるソフト(電机本舗)

  3. クラウドセキュリティで日本の遅れが顕著に(KPMGコンサルティング、日本オラクル)

    クラウドセキュリティで日本の遅れが顕著に(KPMGコンサルティング、日本オラクル)

  4. 工場を要塞化するOTセキュリティ製品群を発表(トレンドマイクロ)

    工場を要塞化するOTセキュリティ製品群を発表(トレンドマイクロ)

  5. 三菱電機製シーケンサのFTPサーバ機能に脆弱性(JVN)

    三菱電機製シーケンサのFTPサーバ機能に脆弱性(JVN)

  6. メール誤送信後に隠蔽を行った25歳職員を懲戒処分(川崎市)

    メール誤送信後に隠蔽を行った25歳職員を懲戒処分(川崎市)

  7. 複製「Windows7」などをプロダクトキーとセットで販売、逮捕(ACCS)

    複製「Windows7」などをプロダクトキーとセットで販売、逮捕(ACCS)

  8. PQCの脅威は意識しつつも、具体策の意識に欠ける日本(デジサート)

    PQCの脅威は意識しつつも、具体策の意識に欠ける日本(デジサート)

  9. マイクロソフトが月例セキュリティ情報を公開、悪用も確認(IPA、JPCERT/CC)

    マイクロソフトが月例セキュリティ情報を公開、悪用も確認(IPA、JPCERT/CC)

  10. 「Windows 7」延長サポート終了後もエンドポイント製品のサポートを継続(トレンドマイクロ)

    「Windows 7」延長サポート終了後もエンドポイント製品のサポートを継続(トレンドマイクロ)

ランキングをもっと見る