4組織に1組織で標的型攻撃による内部侵入が発生(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2024.07.19(金)

4組織に1組織で標的型攻撃による内部侵入が発生(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、2017年(1~12月)の国内における標的型サイバー攻撃を分析したレポート「国内標的型サイバー攻撃分析レポート 2017年版:『正規』を隠れ蓑にする攻撃の隠ぺいが巧妙化」を公開した。

調査・レポート・白書・ガイドライン 調査・ホワイトペーパー
正規ツールやサービスを悪用した攻撃の隠ぺいが標的型サイバー攻撃の94.0%で見られた
正規ツールやサービスを悪用した攻撃の隠ぺいが標的型サイバー攻撃の94.0%で見られた 全 8 枚 拡大写真
トレンドマイクロ株式会社は6月25日、2017年(1~12月)の国内における標的型サイバー攻撃を分析したレポート「国内標的型サイバー攻撃分析レポート 2017年版:『正規』を隠れ蓑にする攻撃の隠ぺいが巧妙化」を公開した。正規ツールやサービスを悪用した攻撃の隠ぺいが標的型サイバー攻撃の94.0%で見られるなど、2017年は「正規」を隠れ蓑にするサイバー犯罪者の活動が特に顕著であったとしている。

隠ぺいについては、C&Cサーバの83.3%がクラウドサービスやホスティングサービスなどの正規サービス上に設置されていることを確認した。2015年は、国内の正規Webサイトを改ざんされた上でC&Cサーバとして悪用されているケースが確認されていたが、当時とは状況が大きく異なっている。標的組織内での内部活動においても、「DLLインジェクション」や「DLLプリロード」などの隠ぺい手法が使われていた。

DLLインジェクションは、実行中の正規プロセスに不正DLLやコードを注入するもので、表面上は正規のプロセスが動いているだけに見えるが、実際にはRAT(Remote Access Tool)を動作させる手法。DLLプリロードは、DLLファイルの読み込み優先順位を悪用して同様のことを行う。いずれも実行内容をスクリプトによりログに残さないため、活動内容を把握しづらい。また、オープンソースツールやフリーツールを使うケースも確認されている。

同社が2017年に行った法人顧客のネットワーク監視活動の中では、監視対象法人組織全体の71.0%で、標的型サイバー攻撃の兆候である内部活動の疑いを確認した。特に、標的型サイバー攻撃が実際に行われていることを示唆する、遠隔操作ツールによる活動は全体の26.0%で確認されており、およそ4法人組織に1組織で実際に標的型サイバー攻撃によるネットワーク内部への侵入が発生していたことになる。

同社の監視サービスにおいて生成されるアラートは、1組織当たり月平均35万6,514件に上るが、このうちC&Cサーバとの通信や内部活動といった標的型サイバー攻撃の可能性を示唆するアラートは、1組織あたり月平均778件と、アラート全体のわずか0.2%に過ぎない。このことから、大量のログやアラートの中から、いかに早期に標的型サイバー攻撃の痕跡を可視化できるかが、被害を防止するために重要であるとし、内部活動を「点」から「線」で追うことが鍵であるとした。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. イセトーへのランサムウェア攻撃で日本生命保険の個人情報が漏えい

    イセトーへのランサムウェア攻撃で日本生命保険の個人情報が漏えい

  2. 新日本製薬にランサムウェア攻撃、全ての業務は通常通り稼働

    新日本製薬にランサムウェア攻撃、全ての業務は通常通り稼働

  3. 2021年の「不正アクセスによる情報流出の可能性に関するお詫びとお知らせ」を2024年9月30日に削除 ~ 丸紅パワー&インフラシステムズ

    2021年の「不正アクセスによる情報流出の可能性に関するお詫びとお知らせ」を2024年9月30日に削除 ~ 丸紅パワー&インフラシステムズ

  4. 本誌 ScanNetSecurity、Black Hat USA 2024 のプレス登録に落選

    本誌 ScanNetSecurity、Black Hat USA 2024 のプレス登録に落選PR

  5. 浪江町職員が不正アクセスで逮捕

    浪江町職員が不正アクセスで逮捕

  6. 日本生命保険の元社員を威力業務妨害の容疑で逮捕

    日本生命保険の元社員を威力業務妨害の容疑で逮捕

  7. ユニテックフーズに不正アクセス、サーバ上のファイルの拡張子が書き換えられる

    ユニテックフーズに不正アクセス、サーバ上のファイルの拡張子が書き換えられる

  8. 国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

    国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

  9. わずか 22.9 % ~ ランサムウェア身代金「支払いは行わない」方針でルール化

    わずか 22.9 % ~ ランサムウェア身代金「支払いは行わない」方針でルール化

  10. JAXA への不正アクセスによる情報漏えい、未知のマルウェア使用で侵害の検知を困難に

    JAXA への不正アクセスによる情報漏えい、未知のマルウェア使用で侵害の検知を困難に

ランキングをもっと見る