「埼玉(WEB)版家庭のエコ診断」の運営会社に不正アクセス、利用者情報が流出の可能性(埼玉県) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.09.23(月)

「埼玉(WEB)版家庭のエコ診断」の運営会社に不正アクセス、利用者情報が流出の可能性(埼玉県)

埼玉県は6月26日、「埼玉(WEB)版家庭のエコ診断」の運営を委託している有限会社ひのでやエコライフ研究所のサーバーに不正アクセスがあり利用者の情報が流出した可能性があることが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ(埼玉県)
トップページ(埼玉県) 全 6 枚 拡大写真
埼玉県は6月26日、「埼玉(WEB)版家庭のエコ診断」の運営を委託している有限会社ひのでやエコライフ研究所のサーバーに不正アクセスがあり利用者の情報が流出した可能性があることが判明したと発表した。

これは6月25日に同サイトの運営を委託しているひのでやエコライフ研究所に情報漏えいの指摘があり調査したところ、同県のデータについても2018年3月19日15時9分から3月20日12時2分頃に不正アクセスがあったことが判明したというもの。

流出した可能性があるのは、2018年3月20日までに同サイトに登録された名前、メールアドレス、暗号化されたパスワード、年代、居住市町村名の個人情報2,291名分で、さらにその内90名についてはプレゼント当選した景品の送付に使用した住所、郵便番号、電話番号も含まれるとのこと。

また、鳥取県をはじめとする同社が運営を受託していた他の環境家計簿等も漏えいの可能性があるという。

同県では、個人情報が流出した可能性のある利用者に対しメール等による連絡を行い注意喚起を実施するとのこと。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. メールサーバへ海外から不正アクセス、なりすましメールを送信(EPO九州)

    メールサーバへ海外から不正アクセス、なりすましメールを送信(EPO九州)

  2. Android版「LINE」に任意コード実行など複数の脆弱性(JVN)

    Android版「LINE」に任意コード実行など複数の脆弱性(JVN)

  3. 日本郵便を騙る偽SMS、マイクロソフトを騙る偽メールを確認(フィッシング対策協議会)

    日本郵便を騙る偽SMS、マイクロソフトを騙る偽メールを確認(フィッシング対策協議会)

  4. 受験者への合格通知を誤って2名分同封し発送(愛知県)

    受験者への合格通知を誤って2名分同封し発送(愛知県)

  5. サイバーセキュリティ技術者の「職人技」どこまで標準化できるか

    サイバーセキュリティ技術者の「職人技」どこまで標準化できるかPR

  6. 個人市民税・府民税の「納税管理人の届出書」を別法人に誤送付(大阪市)

    個人市民税・府民税の「納税管理人の届出書」を別法人に誤送付(大阪市)

  7. MAC アドレス認証 これだけ危険 ~ Wi-Fi セキュリティ対策の誤解

    MAC アドレス認証 これだけ危険 ~ Wi-Fi セキュリティ対策の誤解PR

  8. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  9. Scan BASIC 登録方法

    Scan BASIC 登録方法

  10. WebフィルタリングソフトとWeb分離・無害化製品を連携(ALSI、アシスト)

    WebフィルタリングソフトとWeb分離・無害化製品を連携(ALSI、アシスト)

ランキングをもっと見る