FFRI 鵜飼裕司の Black Hat USA 2018 注目 Briefings(1)日本はグローバルセキュリティ業界のインナーサークルにいない 4ページ目 | ScanNetSecurity
2020.04.03(金)

FFRI 鵜飼裕司の Black Hat USA 2018 注目 Briefings(1)日本はグローバルセキュリティ業界のインナーサークルにいない

「そこそこの規模がある国のなかでは日本が一番発表していないかもしれません。数が圧倒的に少ない。」

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
「現実的な脅威を見ておいた方がいい」 株式会社FFRI 鵜飼 裕司 氏
「現実的な脅威を見ておいた方がいい」 株式会社FFRI 鵜飼 裕司 氏 全 1 枚 拡大写真
―― Black Hat のようなところで、日本企業の研究者が発表していくことはどういう意味があるんでしょうか。日本の企業や日本の研究者が、何か損をしていることとかあったりするんでしょうか。

たとえばですけれでも、シリコンバレーもいわゆる村社会じゃないですか、意外と。

「インナーサークル(編集部註:組織や集団内の権力中枢に近い、排他性のある支配的グループ [Google Dictionary の定義を和訳])」って言葉があって、サイバーセキュリティにも同じようにインナーサークルがあるんですね。中にいる人なのか、外にいる人なのかみたいなのがあって、中にいるとトラストチェーンがつながって、ビジネスにしても共同研究にしてもいろんな意味で話がしやすい。

グローバルのセキュリティコミュニティのなかで、日本の存在感はほとんどないので、日本の会社が行ったところで「で?」ってなりがちです。ビジネスの相手としては見てくれるんですけれども、やっぱり「中の人ではない」と見られてしまう。

その結果、どのくらい損をしているのかっていうと難しいんですけど、グローバルセキュリティ業界のインナーサークルに入れてないっていうのは、ビジネスっていう観点で言ってもだいぶ損をしている部分もあるんだろうなと正直思います。

――ではいよいよ、鵜飼さんの今年の Black Hat USA 2018 Briefings の注目セッションを教えて下さい。

今年は「CPU 関連の脆弱性」に関する 3 件の発表、「マルウェア関連」 4 件、「AI・機械学習関連」 2 件、「自動車セキュリティ」 3 件に注目しており、順にそれぞれの研究概要と注目している理由を説明したいと思います。(つづく
  1. «
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 4

《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 全国手話検定試験受験者の個人情報記録、USBメモリ紛失(全国手話研修センター全国手話検定試験事務局)

    全国手話検定試験受験者の個人情報記録、USBメモリ紛失(全国手話研修センター全国手話検定試験事務局)

  2. 従業員が顧客の取引履歴をツイート、社内規定に則り処分予定(晴れる屋)

    従業員が顧客の取引履歴をツイート、社内規定に則り処分予定(晴れる屋)

  3. iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

    iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

  4. ? ランサムウェアの犯人「新型コロナ危機の間は医療機関を標的にしないことを俺たちは誓う」(The Register)

    ? ランサムウェアの犯人「新型コロナ危機の間は医療機関を標的にしないことを俺たちは誓う」(The Register)

  5. iPS 細胞研究所の非常勤職員を懲戒解雇、機密書類スキャンや教授宛メール盗み見(京都大学)

    iPS 細胞研究所の非常勤職員を懲戒解雇、機密書類スキャンや教授宛メール盗み見(京都大学)

  6. 成人動画サービスの顧客情報漏えい続報、原因はCDNのキャッシュか(ソフト・オン・デマンド)

    成人動画サービスの顧客情報漏えい続報、原因はCDNのキャッシュか(ソフト・オン・デマンド)

  7. メール誤送信による情報漏えい、事故原因の分析と対策の手がかり

    メール誤送信による情報漏えい、事故原因の分析と対策の手がかり

  8. 放射線技師が電子カルテ閲覧、20名の電話番号抜き出し懲戒処分に(大阪市、大阪市民病院機構)

    放射線技師が電子カルテ閲覧、20名の電話番号抜き出し懲戒処分に(大阪市、大阪市民病院機構)

  9. 最強のバイリンガルエンジニア集団が開く、グローバルセキュリティエキスパートの東南アジア進出

    最強のバイリンガルエンジニア集団が開く、グローバルセキュリティエキスパートの東南アジア進出PR

  10. 「人材不足と丸投げ体質が課題」、GSX西日本支社がセキュリティエンジニア教育に本格的に取り組む理由

    「人材不足と丸投げ体質が課題」、GSX西日本支社がセキュリティエンジニア教育に本格的に取り組む理由PR

ランキングをもっと見る