FFRI 鵜飼裕司の Black Hat USA 2018 注目 Briefings(3)AI・機械学習と自動車 | ScanNetSecurity
2021.01.19(火)

FFRI 鵜飼裕司の Black Hat USA 2018 注目 Briefings(3)AI・機械学習と自動車

AI・機械学習を使っていく場合、まず「認知バイアス」に気をつけないといけませんよと。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
「AI・機械学習にはそれを使う人間の問題がある」株式会社FFRI 鵜飼 裕司 氏
「AI・機械学習にはそれを使う人間の問題がある」株式会社FFRI 鵜飼 裕司 氏 全 1 枚 拡大写真
サイバーセキュリティのトレンドを牽引する国際会議 Black Hat 初のアジア人ボードメンバーとして、2012年から応募論文の審査にあたる、株式会社 FFRI の鵜飼裕司氏に、今週8月8日(水)、8月9日(木)の 2 日間にわたって米ラスベガスのマンダレイベイ コンベンションセンターで開催される Black Hat USA 2018 Briefings の注目発表を聞いた。


●サイバーセキュリティにおけるAI と機械学習の危険性

―― CPU 、マルウェア の次は、「AI・機械学習」「自動車」ですね。

AI・機械学習系の話って、AI を使ったらこんな感じでうまいことサイバーセキュリティの嬉しいことがありましたっていう話だけではなくて、Black Hat の場合、どちらかというと危険性とか問題点みたいなところが議論されています。

―― ScanNetSecurityでも AI の悪用や、学習の仕方を逆手にとるようなセッションの取材をいくつか行いました。

そういう発表は今年も出ます。AI は万能なものではないし意外と脆弱なんですよ、っていうのはちゃんと理解をしたうえで AI による利点を享受していくのが重要なので、ある意味、正常な議論ができるようになって来つつあると思います。いまだに AI・機械学習万能説みたいなものがあるとは思いますが。

――去年のインタビューで鵜飼さんは「AI に頼り切る一本足打法は危険」だと語りました。

そうですね。同じような話で、この発表もそうなんです。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 続きを読む

《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 世界ではじめて脆弱性診断士資格「セキュリスト(SecuriST)」を作った三人の男

    世界ではじめて脆弱性診断士資格「セキュリスト(SecuriST)」を作った三人の男PR

  2. カプコンへのランサムウェア攻撃、新たに16,406人の情報流出を確認

    カプコンへのランサムウェア攻撃、新たに16,406人の情報流出を確認

  3. 神奈川県と富士通リースがHDD盗難のクリスマス和解 ~ 賠償 4,097 万円 再発防止策差し引き和解金 2,369 万円で合意

    神奈川県と富士通リースがHDD盗難のクリスマス和解 ~ 賠償 4,097 万円 再発防止策差し引き和解金 2,369 万円で合意

  4. kintoneに連携「kMailer」で不具合、送信ログとして別顧客の情報が流出

    kintoneに連携「kMailer」で不具合、送信ログとして別顧客の情報が流出

  5. #NoMoreFake 第3回「ファクトチェック」

    #NoMoreFake 第3回「ファクトチェック」

  6. ソフトバンク元社員 不正競争防止法違反容疑で逮捕、楽天モバイルに技術情報持ち出し疑い

    ソフトバンク元社員 不正競争防止法違反容疑で逮捕、楽天モバイルに技術情報持ち出し疑い

  7. 一体どうバランスを取るか?  高度なサイバー攻撃対策 & 日々のセキュリティ運用

    一体どうバランスを取るか? 高度なサイバー攻撃対策 & 日々のセキュリティ運用PR

  8. マイクロソフトが1月のセキュリティ情報を公開、一部脆弱性については悪用の事実を確認済み

    マイクロソフトが1月のセキュリティ情報を公開、一部脆弱性については悪用の事実を確認済み

  9. 東京海上日動と連携、Microsoft Azureの障害やサイバー攻撃を補償

    東京海上日動と連携、Microsoft Azureの障害やサイバー攻撃を補償

  10. IDC予測、2024年までのセキュリティ製品サービス市場規模

    IDC予測、2024年までのセキュリティ製品サービス市場規模

ランキングをもっと見る