AI の弱点をつく攻撃と AI のサイバー攻撃活用 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.07.20(土)

AI の弱点をつく攻撃と AI のサイバー攻撃活用

昨年あたりからマルウェア検知、トラフィック監視・ログ監視にAI、すなわち機械学習やディープラーニング(DL)を使ったセキュリティソリューションが話題になっている。しかし、攻撃側がそれを静観しているという保障はどこにもない。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
AIの盲点とAI対AIによるセキュリティの攻防(Blackhat USA 2017)
AIの盲点とAI対AIによるセキュリティの攻防(Blackhat USA 2017) 全 13 枚 拡大写真
ここ数年マルウェア検知、トラフィック監視・ログ監視に、AI、すなわち機械学習やディープラーニング(DL)を使ったセキュリティソリューションが話題になっている。しかし、攻撃側がそれを静観しているという保障はどこにもない。攻撃側もAIを駆使した攻撃を仕掛けてきても何ら不思議はない。

セキュリティ対策において統計や機械学習の応用はじつは新しいものではない。古くは初期のスパムフィルターは統計学的手法や機械学習を利用していた。ふるまい検知にも機械学習を利用したソリューションが存在している。これに対して、攻撃側が機械学習やDLを直接利用したという事例はあまり聞かない。

AIの利活用は攻撃側より防御側のほうが先行しているといえそうだが、その時代は終わろうとしている。防御側がAIによって未知のマルウェアの対策をしてくるなら、その対抗として攻撃者がAIを使わない理由はない。

今夏米ラスベガスで開催されたBlackhatでもAIを利用した攻撃に関する発表をいくつか行われた。このうち、防御側AIの弱点、攻撃側AIのアイデアに関する発表を2つ取り上げてみたい。

  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《中尾 真二》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 「NOTICE」など取組が奏功か、Mirai関連パケット減少--定点観測レポート(JPCERT/CC)

    「NOTICE」など取組が奏功か、Mirai関連パケット減少--定点観測レポート(JPCERT/CC)

  2. BEC(ビジネスメール詐欺)対策ポイントを2つの代表的被害事例から学ぶ

    BEC(ビジネスメール詐欺)対策ポイントを2つの代表的被害事例から学ぶ

  3. 「カテエネ」へパスワードリスト型攻撃、個人情報最大234件閲覧可能状態に(中部電力)

    「カテエネ」へパスワードリスト型攻撃、個人情報最大234件閲覧可能状態に(中部電力)

  4. 仮想通貨の不正流出、ホットウォレットの秘密鍵が窃取された可能性(リミックスポイント、ビットポイントジャパン)

    仮想通貨の不正流出、ホットウォレットの秘密鍵が窃取された可能性(リミックスポイント、ビットポイントジャパン)

  5. 華為のウェブに■■■■の脆弱性、■■■■の顧客情報や■■■■にリスクが及んだ可能性、■■■■を修復済(The Register)

    華為のウェブに■■■■の脆弱性、■■■■の顧客情報や■■■■にリスクが及んだ可能性、■■■■を修復済(The Register)

  6. イオンスクエアメンバーへパスワードリスト型攻撃、10名の個人情報が閲覧された可能性(イオンドットコム)

    イオンスクエアメンバーへパスワードリスト型攻撃、10名の個人情報が閲覧された可能性(イオンドットコム)

  7. より危険な目的に転用可能なAndroidマルウェアを発見(チェック・ポイント)

    より危険な目的に転用可能なAndroidマルウェアを発見(チェック・ポイント)

  8. 複数のOracle製品に脆弱性、製品の存在確認を含め対応を呼びかけ(JPCERT/CC、IPA)

    複数のOracle製品に脆弱性、製品の存在確認を含め対応を呼びかけ(JPCERT/CC、IPA)

  9. クックパッドが「CrowdStrike Falcon プラットフォーム」を採用(CrowdStrike Japan)

    クックパッドが「CrowdStrike Falcon プラットフォーム」を採用(CrowdStrike Japan)

  10. サイボウズ「Garoon」に複数の脆弱性(JVN)

    サイボウズ「Garoon」に複数の脆弱性(JVN)

ランキングをもっと見る