パスワードリスト攻撃で6,458件のeoIDが不正ログイン被害(ケイ・オプティコム) | ScanNetSecurity
2020.06.01(月)

パスワードリスト攻撃で6,458件のeoIDが不正ログイン被害(ケイ・オプティコム)

株式会社ケイ・オプティコムは8月16日、同社が提供するeoやmineoなどを利用するためのeoIDに対し外部からの不正ログインが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 3 枚 拡大写真
株式会社ケイ・オプティコムは8月16日、同社が提供するeoやmineoなどを利用するためのeoIDに対し外部からの不正ログインが判明したと発表した。

これは8月15日に、特定のIPアドレスからeoIDへ不正ログインを試みる事象を確認し判明したというもの。
不正ログインの発生期間は8月13日22時05分から8月15日21時00分までで、同社では該当IPアドレスからのログインを遮断する等の緊急措置を実施した。

同社の調査では、サーバーへのハッキングによるeoIDの流出は確認されず、パスワードリスト攻撃による不正ログインであることが判明したとのこと。

8月15日21時現在で不正ログインが確認されたユーザー数は6,458件で、住所、氏名、性別、電話番号、生年月日、メールアドレスなどが閲覧された可能性がある。なお、口座情報とクレジットカード情報はマスキングをしており流出はない。

同社では8月15日より、eoIDへの不正ログインが確認されたアカウントに関してはパスワードを変更しなければ利用できないよう対策済みで、該当のユーザーには個別にメールで連絡している。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 楽天を騙るフィッシングメールを確認、注意喚起を発表(フィッシング対策協議会)

    楽天を騙るフィッシングメールを確認、注意喚起を発表(フィッシング対策協議会)

  2. 今後Nコムは旧サービスにも最新セキュリティ対策実施、撤去予定サーバ経由の不正アクセス発生受け(NTT Com)

    今後Nコムは旧サービスにも最新セキュリティ対策実施、撤去予定サーバ経由の不正アクセス発生受け(NTT Com)

  3. 日本はランサムウェア暗号化成功率世界最悪、復旧費用は世界2位の高額(ソフォス)

    日本はランサムウェア暗号化成功率世界最悪、復旧費用は世界2位の高額(ソフォス)

  4. 愛知県の新型コロナウイルス感染者の氏名等495件誤掲載

    愛知県の新型コロナウイルス感染者の氏名等495件誤掲載

  5. テレワーク実施実態調査:都道府県別・業界別・職種別

    テレワーク実施実態調査:都道府県別・業界別・職種別

  6. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  7. メール配信プログラムのコーディングミス重なる、原価マスク販売で誤送信(トリニティ)

    メール配信プログラムのコーディングミス重なる、原価マスク販売で誤送信(トリニティ)

  8. iOSに“脱獄”につながる未対策の脆弱性(JVN)

    iOSに“脱獄”につながる未対策の脆弱性(JVN)

  9. やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

    やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

  10. サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

    サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

ランキングをもっと見る