公害健康被害補償不服審査会の専門委員が個人情報の入ったカバンを盗難被害(環境省) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.09.23(月)

公害健康被害補償不服審査会の専門委員が個人情報の入ったカバンを盗難被害(環境省)

環境省は8月20日、公害健康被害補償不服審査会の専門委員が盗難に遭い、審査に関する資料を紛失したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 2 枚 拡大写真
環境省は8月20日、公害健康被害補償不服審査会の専門委員が盗難に遭い、審査に関する資料を紛失したと発表した。

これは8月15日夕刻に、同審査会の専門委員が電車内で審査に関する資料を入れたカバンを盗難に遭い、現在、警察に届け出て捜索を行っているというもの。

同審査会では、公害健康被害に関する不服審査請求の審査を行っており、紛失した資料には請求者の氏名、住所、生年月、病歴等の個人情報が記載されていた。

なお現在のところ、個人情報が不正に流用された事実は確認されていない。

同省では今後、文書の管理を徹底するとともに再発防止策を講じるとのこと。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. メールサーバへ海外から不正アクセス、なりすましメールを送信(EPO九州)

    メールサーバへ海外から不正アクセス、なりすましメールを送信(EPO九州)

  2. Android版「LINE」に任意コード実行など複数の脆弱性(JVN)

    Android版「LINE」に任意コード実行など複数の脆弱性(JVN)

  3. 日本郵便を騙る偽SMS、マイクロソフトを騙る偽メールを確認(フィッシング対策協議会)

    日本郵便を騙る偽SMS、マイクロソフトを騙る偽メールを確認(フィッシング対策協議会)

  4. 受験者への合格通知を誤って2名分同封し発送(愛知県)

    受験者への合格通知を誤って2名分同封し発送(愛知県)

  5. サイバーセキュリティ技術者の「職人技」どこまで標準化できるか

    サイバーセキュリティ技術者の「職人技」どこまで標準化できるかPR

  6. 個人市民税・府民税の「納税管理人の届出書」を別法人に誤送付(大阪市)

    個人市民税・府民税の「納税管理人の届出書」を別法人に誤送付(大阪市)

  7. MAC アドレス認証 これだけ危険 ~ Wi-Fi セキュリティ対策の誤解

    MAC アドレス認証 これだけ危険 ~ Wi-Fi セキュリティ対策の誤解PR

  8. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  9. Scan BASIC 登録方法

    Scan BASIC 登録方法

  10. WebフィルタリングソフトとWeb分離・無害化製品を連携(ALSI、アシスト)

    WebフィルタリングソフトとWeb分離・無害化製品を連携(ALSI、アシスト)

ランキングをもっと見る