新宿区がシングルベンダによる多層防御を構築(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.02.16(土)

新宿区がシングルベンダによる多層防御を構築(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、新宿区がNECによるプライベートクラウド基盤の刷新とともに、トレンドマイクロのソリューション群を用いた多層防御を導入したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
トレンドマイクロ株式会社は9月18日、新宿区がNECによるプライベートクラウド基盤の刷新とともに、トレンドマイクロのソリューション群を用いた多層防御を導入したと発表した。新宿区では、幅広い施策の推進のため、大規模な全庁プライベートクラウド基盤を導入し、PCの仮想化やSkypeの導入など、ICTを積極的に活用している。

情報セキュリティにおいては、ゲートウェイ、ネットワーク、エンドポイントの各層に異なるベンダのセキュリティ製品を導入して多層防御を実現していた。しかし、各層で確認されたセキュリティイベントを製品間で相関的に分析、活用することが困難なため、脅威の全体像を把握することも難しく、リスクや原因、影響範囲の迅速な分析、究明に課題を感じていたという。

そこで新宿区では、システム全体の各層における情報セキュリティ対策をトレンドマイクロのソリューション群で包括的に保護する多層防御を採用した。具体的には、ネットワーク内部を可視化する「Deep Discovery Inspector」が新たな脅威を検知すると、独自の対応ルールを自動生成、エンドポイントを保護する「ウイルスバスター コーポレートエディション XG」や、サーバを保護する「Trend Micro Deep Security」などに配信し、最新の脅威への迅速な初動対応を行う。さらに、NECのSDN(Software-Defined Networking)ソリューションと連携することで、感染端末の通信をネットワーク機器が自動的に遮断するようにした。

また、専門性の高いエンジニアによるサポートが受けられる「Trend Micro Premium Service for Enterprise」と、NECによる24時間365日の監視サービスを連携させたサポート体制を活用し、セキュリティ専門家の知見を取り入れた安全なICT環境の構築・運用を実現。夜間、休日問わず担当者が駆け付けて、各種機器の状況を手作業で確認するといった非効率的な対応も行わずに済むようになった。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. マイニングマルウェアを脆弱性影響分析に活用 - LACのアイデア

    マイニングマルウェアを脆弱性影響分析に活用 - LACのアイデア

  2. 禁止されているにもかかわらずお得意様情報を持ち出し車上に置き忘れ紛失(大丸松坂屋百貨店)

    禁止されているにもかかわらずお得意様情報を持ち出し車上に置き忘れ紛失(大丸松坂屋百貨店)

  3. Facebook、Twitter ~メジャー SNS で堂々と活動するサイバー犯罪者

    Facebook、Twitter ~メジャー SNS で堂々と活動するサイバー犯罪者

  4. 量子コンピュータでも解読不可、デジタル署名アルゴリズム試験成功(デジサート・ジャパン)

    量子コンピュータでも解読不可、デジタル署名アルゴリズム試験成功(デジサート・ジャパン)

  5. 複数のIntel製品に脆弱性、アップデートを公開(JVN)

    複数のIntel製品に脆弱性、アップデートを公開(JVN)

  6. チケットの案内に関するメールで個人情報を誤送信(阪神タイガース)

    チケットの案内に関するメールで個人情報を誤送信(阪神タイガース)

  7. CrowdStrike Blog:可視化と制御、職場での USB 安全利用の秘訣

    CrowdStrike Blog:可視化と制御、職場での USB 安全利用の秘訣

  8. 月例セキュリティ情報を公開、対象ソフトウェアは13種(IPA、JPCERT/CC)

    月例セキュリティ情報を公開、対象ソフトウェアは13種(IPA、JPCERT/CC)

  9. アドビが2件のセキュリティアップデートを公開、適用を呼びかけ(JPCERT/CC、IPA)

    アドビが2件のセキュリティアップデートを公開、適用を呼びかけ(JPCERT/CC、IPA)

  10. Dockerコンテナなどに使用される「runc」にコマンド実行の脆弱性(JPCERT/CC)

    Dockerコンテナなどに使用される「runc」にコマンド実行の脆弱性(JPCERT/CC)

ランキングをもっと見る