コードサイニング証明書を密売する企業が「証明書付マルウェア」の 流通を加速(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.03.23(土)

コードサイニング証明書を密売する企業が「証明書付マルウェア」の 流通を加速(The Register)

ハッカーがデジタルな認証手段を盗み出すのではなく、コードサイニング証明書に金を払うケースは増えている。認証手段を盗むとなると、手順が煩雑になることもあるからだ。

国際 TheRegister
211 万 7,600 サンプルのうち 14,221 件が正規証明書付マルウェア(論文表 1 )
211 万 7,600 サンプルのうち 14,221 件が正規証明書付マルウェア(論文表 1 ) 全 1 枚 拡大写真
不正なベンダーが信頼済みのコードサイニング証明書を悪意のある者に販売し、デジタル証明書つきWindowsマルウェアの増加の一因となっていることが、研究報告によって明らかになった。

チェコ共和国マサリク大学と、米国メリーランドサイバーセキュリティセンター(MCC)によるセキュリティ研究チームでは、Microsoft Authenticodeの証明書を匿名の購入者に販売した業者を特定、監視していた。さらにWindowsを標的にしたマルウェアから有効なデジタル証明書を備えていたものを収集しデータベース化し分析した。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 続きを読む

《The Register》

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 不正アクセスで手帳アプリ「Lifebear」のアカウント情報が流出の可能性(ライフベア)

    不正アクセスで手帳アプリ「Lifebear」のアカウント情報が流出の可能性(ライフベア)

  2. 予約システム「Coubic」に不正アクセス、登録された個人情報が流出(クービック)

    予約システム「Coubic」に不正アクセス、登録された個人情報が流出(クービック)

  3. 疑問その3「クラウドのセキュリティ = CASB?」~日商エレに聞く、CASBとクラウドセキュリティの疑問

    疑問その3「クラウドのセキュリティ = CASB?」~日商エレに聞く、CASBとクラウドセキュリティの疑問PR

  4. 中国・ロシア・イラン・北朝鮮、国別国家支援アクター分析レポート(CrowdStrike)

    中国・ロシア・イラン・北朝鮮、国別国家支援アクター分析レポート(CrowdStrike)

  5. x86 アーキテクチャの不可解な「仕様」

    x86 アーキテクチャの不可解な「仕様」

  6. iOSアプリ「an」に、情報漏えいの脆弱性(JVN)

    iOSアプリ「an」に、情報漏えいの脆弱性(JVN)

  7. 不正アクセスによる改ざんで情報調査室ホームページと文献情報総合検索システムが2ヶ月間停止(広島大学高等教育研究開発センター)

    不正アクセスによる改ざんで情報調査室ホームページと文献情報総合検索システムが2ヶ月間停止(広島大学高等教育研究開発センター)

  8. 「中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン」を2年4カ月ぶりに改訂(IPA)

    「中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン」を2年4カ月ぶりに改訂(IPA)

  9. ニュージーランド乱射事件犯人、同程度の時間かけ SNS 拡散を準備 ~ ソーシャルメディアが作った世界

    ニュージーランド乱射事件犯人、同程度の時間かけ SNS 拡散を準備 ~ ソーシャルメディアが作った世界

  10. お勧めIoTセキュリティガイドライン5種--診断レポート(ラック)

    お勧めIoTセキュリティガイドライン5種--診断レポート(ラック)

ランキングをもっと見る