農業IoTサービスのリスク対策に「Trend Micro IoT Security」を採用(セラク、トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.02.16(土)

農業IoTサービスのリスク対策に「Trend Micro IoT Security」を採用(セラク、トレンドマイクロ)

セラクとトレンドマイクロは農業IoTの分野で提携し、セラクが提供する農業IoTサービス「みどりクラウド」のセキュリティ対策として、トレンドマイクロのIoT機器向けセキュリティソリューション「Trend Micro IoT Security」を実装した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
「みどりクラウド」と「Trend Micro IoT Security」の連携イメージ
「みどりクラウド」と「Trend Micro IoT Security」の連携イメージ 全 1 枚 拡大写真
株式会社セラクとトレンドマイクロ株式会社は10月4日、農業IoTの分野で提携し、セラクが提供する農業IoTサービス「みどりクラウド」のセキュリティ対策として、トレンドマイクロのIoT機器向けセキュリティソリューション「Trend Micro IoT Security(TMIS)」を実装、よりセキュアな農業IoTサービスの提供を実現すると発表した。

「みどりクラウド」は、農業にIoT技術を融合した圃場環境モニタリングサービス。温度センサやカメラなど圃場のセンサデータを可視化する、圃場の「センサデータモニタリングサービス」を提供している。11月15日からは、複数のセンサから収集したデータをAIにより分析し、ボイラーなどの環境制御機器を連動、圃場環境を最適にする「環境制御サービス」を、オプションとして提供開始する。

そこでセラクは、これまで以上にセキュリティを高め、ネットワーク経由で脆弱性を狙うサイバー攻撃による誤動作や第三者による不正な操作などのリスクを最小限に留めることを目的に、TMISの採用に至ったという。特に、IoTゲートウェイへの柔軟な組み込みが可能な点、脆弱性スキャンや仮想パッチの適用など必要なセキュリティ機能が備わっている点、クラウド型セキュリティ基盤と連携することでより迅速な防御を実現できる点の3点が評価された。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. マイニングマルウェアを脆弱性影響分析に活用 - LACのアイデア

    マイニングマルウェアを脆弱性影響分析に活用 - LACのアイデア

  2. 禁止されているにもかかわらずお得意様情報を持ち出し車上に置き忘れ紛失(大丸松坂屋百貨店)

    禁止されているにもかかわらずお得意様情報を持ち出し車上に置き忘れ紛失(大丸松坂屋百貨店)

  3. Facebook、Twitter ~メジャー SNS で堂々と活動するサイバー犯罪者

    Facebook、Twitter ~メジャー SNS で堂々と活動するサイバー犯罪者

  4. 量子コンピュータでも解読不可、デジタル署名アルゴリズム試験成功(デジサート・ジャパン)

    量子コンピュータでも解読不可、デジタル署名アルゴリズム試験成功(デジサート・ジャパン)

  5. 複数のIntel製品に脆弱性、アップデートを公開(JVN)

    複数のIntel製品に脆弱性、アップデートを公開(JVN)

  6. CrowdStrike Blog:可視化と制御、職場での USB 安全利用の秘訣

    CrowdStrike Blog:可視化と制御、職場での USB 安全利用の秘訣

  7. チケットの案内に関するメールで個人情報を誤送信(阪神タイガース)

    チケットの案内に関するメールで個人情報を誤送信(阪神タイガース)

  8. 月例セキュリティ情報を公開、対象ソフトウェアは13種(IPA、JPCERT/CC)

    月例セキュリティ情報を公開、対象ソフトウェアは13種(IPA、JPCERT/CC)

  9. アドビが2件のセキュリティアップデートを公開、適用を呼びかけ(JPCERT/CC、IPA)

    アドビが2件のセキュリティアップデートを公開、適用を呼びかけ(JPCERT/CC、IPA)

  10. Dockerコンテナなどに使用される「runc」にコマンド実行の脆弱性(JPCERT/CC)

    Dockerコンテナなどに使用される「runc」にコマンド実行の脆弱性(JPCERT/CC)

ランキングをもっと見る