Laravel においてヘッダ情報のアンシリアライズ処理の不備を悪用して遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report) | ScanNetSecurity
2021.01.25(月)

Laravel においてヘッダ情報のアンシリアライズ処理の不備を悪用して遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

PHP の開発フレームワークである Laravel に、遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性が公開されています。

脆弱性と脅威 エクスプロイト
laravel.com
laravel.com 全 1 枚 拡大写真
◆概要

 PHP の開発フレームワークである Laravel に、遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性が公開されています。攻撃者に API 鍵が入手されてしまった場合、脆弱性を突く攻撃クエリを埋め込んだリクエストを送信されることにより、Laravel サーバの管理者が意図していない動作を実行されてしまう可能性があります。アップデートにより対策してください。

◆分析者コメント

 API 鍵が漏洩してしまうことが前提となる脆弱性であるため、API 鍵が漏洩しないようにしっかり対策していれば影響を受けない脆弱性であると考えられます。しかし、サーバの設定不備により API 鍵が意図せず外部から見えてしまう可能性があるため、Laravel 自体をアップデートすることにより、根本的に対策することを推奨します。

◆深刻度(CVSS)

 本記事執筆時点 (2018 年 10 月 2 日) で CVSS 値の情報は公開されていません。


◆影響を受けるソフトウェア

 Laravel のバージョン 5.5.40 以前が当該脆弱性の影響を受けます。バージョン 5.6 系に関してはバージョン 5.6.29 以前のバージョンが当該脆弱性の影響を受けます。

◆解説

 PHP によるアプリケーションを作成するための開発フレームワークとして世界的に普及しているソフトウェアである Laravel に、遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性が報告されています。

《株式会社ラック デジタルペンテストサービス部》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. VPN製品に関する脆弱性対策情報の深刻度別割合、「危険」「警告」で95%を占める

    VPN製品に関する脆弱性対策情報の深刻度別割合、「危険」「警告」で95%を占める

  2. 先端セキュリティ企業は互いをどう評価したか、ゼロトラストネットワーク 4 つの条件

    先端セキュリティ企業は互いをどう評価したか、ゼロトラストネットワーク 4 つの条件

  3. 仮想通貨取引所「Liquid」への不正アクセス最終報、APIキー等169,782件の流出を確認

    仮想通貨取引所「Liquid」への不正アクセス最終報、APIキー等169,782件の流出を確認

  4. 我が社の IoT 活用の課題 総洗い出し ~ JSSEC IoT セキュリティチェックシート活用方法

    我が社の IoT 活用の課題 総洗い出し ~ JSSEC IoT セキュリティチェックシート活用方法

  5. Bugtraq の死と復活、歴史あるコミュニティにアクセンチュアがとった処遇

    Bugtraq の死と復活、歴史あるコミュニティにアクセンチュアがとった処遇

  6. 売上規模別に見た 全 IT 投資中のセキュリティ予算比率 ~ 東証上場企業

    売上規模別に見た 全 IT 投資中のセキュリティ予算比率 ~ 東証上場企業

  7. イエラエセキュリティ CSIRT支援室 第4回「ツール 運用 組織体制 コスト - 経営バランスの中で実現するセキュリティの難しさ」

    イエラエセキュリティ CSIRT支援室 第4回「ツール 運用 組織体制 コスト - 経営バランスの中で実現するセキュリティの難しさ」

  8. CrowdStrike Adversary Calender 2021 年 1 月( Velvet Chollima )

    CrowdStrike Adversary Calender 2021 年 1 月( Velvet Chollima )

  9. 一体どうバランスを取るか?  高度なサイバー攻撃対策 & 日々のセキュリティ運用

    一体どうバランスを取るか? 高度なサイバー攻撃対策 & 日々のセキュリティ運用PR

  10. ファイル誤添付、Excel 別シートに新型コロナ接触者情報記載

    ファイル誤添付、Excel 別シートに新型コロナ接触者情報記載

ランキングをもっと見る