パズルやアバターを活用したボット対策ツールを提供開始(セキュアイノベーション) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.19(金)

パズルやアバターを活用したボット対策ツールを提供開始(セキュアイノベーション)

セキュアイノベーションは、Capyが開発した次世代の不正ログイン対策ツールの販売代理店契約を結び、10月9日よりサービス提供を開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
「CapyパズルCAPTCHA」の例
「CapyパズルCAPTCHA」の例 全 2 枚 拡大写真
株式会社セキュアイノベーションは10月10日、Capy株式会社が開発した次世代の不正ログイン対策ツールの販売代理店契約を結び、10月9日よりサービス提供を開始したと発表した。同ツールは、ECサイトや会員サイト、ポイントサイトといったWebサービスにおいて、ボット等による不正アクセスユーザによる不正購入やクレジットカード・各種ポイントの不正利用、お問合せフォームへの不正投稿などの課題に対応するもの。

提供を開始するツールは、他サイトなどから不正に取得したユーザIDとパスワードのリストを使った「パスワードリスト攻撃」に対応する「CapyパズルCAPTCHA」、およびイラスト・アイコンの意味やその関係性を答えることでアクセス可能にする「CapyアバターCAPTCHA」。人間には容易でもボットには難しいパズルやアバターを使うことでボットによる不正アクセスを遮断する。数行のJavaScriptをWEBサイトに貼り付け、API連携させるだけで対策でき、表示数に応じた料金体系のため費用対効果の見えやすい対策としている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

アクセスランキング

  1. 朝日新聞のサイバー事件報道姿勢 - 記者が語る「伊勢志摩サミット」「ポケドラ」「SkySEA Client View」

    朝日新聞のサイバー事件報道姿勢 - 記者が語る「伊勢志摩サミット」「ポケドラ」「SkySEA Client View」

  2. 根拠なき安心へ突きつける不吉な答え - 書評「原発サイバートラップ」

    根拠なき安心へ突きつける不吉な答え - 書評「原発サイバートラップ」

  3. 件名と本文に本当のパスワードを記載、仮想通貨を要求するメール確認(JPCERT/CC)

    件名と本文に本当のパスワードを記載、仮想通貨を要求するメール確認(JPCERT/CC)

  4. 「FileZen」にリモートからOSコマンドを実行される脆弱性(JVN)

    「FileZen」にリモートからOSコマンドを実行される脆弱性(JVN)

  5. 「Chrome 70」警告対象証明書、9割対応済み(デジサート・ジャパン)

    「Chrome 70」警告対象証明書、9割対応済み(デジサート・ジャパン)

  6. 特定のメッセージでPS4が動作不能に陥るグリッチを確認

    特定のメッセージでPS4が動作不能に陥るグリッチを確認

  7. 走る SOC「IBM X-Force C-TOC 」公開、インシデント対応能力強化(IBM)

    走る SOC「IBM X-Force C-TOC 」公開、インシデント対応能力強化(IBM)

  8. インシデント報告件数、「フィッシングサイト」が「スキャン」を上回る(JPCERT/CC)

    インシデント報告件数、「フィッシングサイト」が「スキャン」を上回る(JPCERT/CC)

  9. Mirai ボットマスターが禁固刑免れる、FBI 大絶賛の「社会奉仕」活動(The Register)

    Mirai ボットマスターが禁固刑免れる、FBI 大絶賛の「社会奉仕」活動(The Register)

  10. Proxyログ分析パッケージ提供開始(マクニカネットワークス)

    Proxyログ分析パッケージ提供開始(マクニカネットワークス)

ランキングをもっと見る