制作委託会社のディレクターが映像ファイルを第三者に誤送信(NHK) | ScanNetSecurity
2020.02.22(土)

制作委託会社のディレクターが映像ファイルを第三者に誤送信(NHK)

日本放送協会は11月10日、同局が制作を委託している会社のディレクターが映像ファイルをダウンロードできるURLが記載されたメールを第三者に誤送信していたことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
公式サイト
公式サイト 全 2 枚 拡大写真
日本放送協会は11月10日、同局が制作を委託している会社のディレクターが映像ファイルをダウンロードできるURLが記載されたメールを第三者に誤送信していたことが判明したと発表した。

これは11月18日に総合テレビで放送予定のバラエティ番組「テンゴちゃん」の制作を委託している会社のディレクターが、11月9日夜から10日朝にかけて、映像ファイルをダウンロードできるURLの記載されたメールを、映像編集を担当する別の委託先業者に送信した際、3回にわたって第三者に誤送信したというもの。同ディレクターは、委託先業者から誤ったメールアドレスを伝えられていた。

誤送信された映像ファイルには、スタジオ出演者と街頭インタビューの回答者計33名の映像と音声が含まれており、連絡が取れた回答者への謝罪を開始した。

なお同局では11月2日にも、住民へのインタビューファイルを宗教団体「アレフ」に誤送信したことが判明したばかり。

同局では今後、ファイルはシステム上開けないようにする措置を実施するとともに、外部の制作会社を含め情報管理の厳格化に努めるとのこと。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. NEC製のWi-Fiホームルータ製品に複数の脆弱性(JVN)

    NEC製のWi-Fiホームルータ製品に複数の脆弱性(JVN)

  2. 複数の製品にDLLハイジャックの脆弱性(トレンドマイクロ)

    複数の製品にDLLハイジャックの脆弱性(トレンドマイクロ)

  3. 職業技術専門校メール誤送信、謝罪メールは一斉送信システムで送る(大阪府)

    職業技術専門校メール誤送信、謝罪メールは一斉送信システムで送る(大阪府)

  4. SSD対応のデータ消去・物理破壊機と管理ソフト発売(オリエントコンピュータ)

    SSD対応のデータ消去・物理破壊機と管理ソフト発売(オリエントコンピュータ)

  5. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  6. 保有ドメインへ不正アクセス、迷惑メール送信の踏み台に(日本郵便)

    保有ドメインへ不正アクセス、迷惑メール送信の踏み台に(日本郵便)

  7. ホームセンターWebサイトが改ざん被害、別サイトへ誘導(ケーヨー)

    ホームセンターWebサイトが改ざん被害、別サイトへ誘導(ケーヨー)

  8. 6割が過去に入手した認証情報で侵入、OTへの攻撃は前年の20倍に(日本IBM)

    6割が過去に入手した認証情報で侵入、OTへの攻撃は前年の20倍に(日本IBM)

  9. 国際的に広がるデータ保護規制が生むビジネス上のリスク対応支援(パロアルトネットワークス、TMI P&S)

    国際的に広がるデータ保護規制が生むビジネス上のリスク対応支援(パロアルトネットワークス、TMI P&S)

  10. JR山手線で寝ている間にUSBメモリやノートPC置き引き(筑波大学附属高等学校)

    JR山手線で寝ている間にUSBメモリやノートPC置き引き(筑波大学附属高等学校)

ランキングをもっと見る