libssh において認証を回避して遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report) | ScanNetSecurity
2020.06.01(月)

libssh において認証を回避して遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

SSH ライブラリソフトウェアである libssh に、認証機能の実装の不備に起因する、遠隔コード実行の脆弱性が報告されています。

脆弱性と脅威 エクスプロイト
www.libssh.org
www.libssh.org 全 1 枚 拡大写真
◆概要

SSH ライブラリソフトウェアである libssh に、認証を回避して遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性が報告されています。脆弱性を悪用されてしまった場合、攻撃者により遠隔から悪意のあるコードを実行されて、サーバの制御を奪われてしまいます。ソフトウェアのアップデートにより対策してください。

◆分析者コメント

SSH の機能を損なう深刻な脆弱性ですが、OpenSSH と比べると libssh を利用しているサーバがあまりないため、社会的影響度は高くないと考えられます。SSH は遠隔コード実行につながる脆弱性が少ないため、多くの SSH の脆弱性ではアクセス制御により対策することで充分な対策になると考えられます。しかし、本脆弱性は認証を回避して容易に任意の OS コマンドを実行させることが可能となる脆弱性であるため、アクセス制御を間違えた時の危険性を考慮して、アップデートにより対策してください。

◆深刻度(CVSS)

[CVSS v2]
6.4
https://nvd.nist.gov/vuln-metrics/cvss/v2-calculator?name=CVE-2018-10933&vector=(AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:N)

[CVSS v3]
9.1
https://nvd.nist.gov/vuln-metrics/cvss/v3-calculator?name=CVE-2018-10933&vector=AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:N

◆影響を受けるソフトウェア

libssh のバージョン 0.6 以上で、0.7.6 未満または 0.8.4 未満が当該脆弱性の影響を受けると報告されています。

◆解説

SSH ライブラリソフトウェアである libssh に、認証機能の実装の不備に起因する、遠隔コード実行の脆弱性が報告されています。

《株式会社ラック サイバー・グリッド研究所》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 楽天を騙るフィッシングメールを確認、注意喚起を発表(フィッシング対策協議会)

    楽天を騙るフィッシングメールを確認、注意喚起を発表(フィッシング対策協議会)

  2. 今後Nコムは旧サービスにも最新セキュリティ対策実施、撤去予定サーバ経由の不正アクセス発生受け(NTT Com)

    今後Nコムは旧サービスにも最新セキュリティ対策実施、撤去予定サーバ経由の不正アクセス発生受け(NTT Com)

  3. 日本はランサムウェア暗号化成功率世界最悪、復旧費用は世界2位の高額(ソフォス)

    日本はランサムウェア暗号化成功率世界最悪、復旧費用は世界2位の高額(ソフォス)

  4. メール配信プログラムのコーディングミス重なる、原価マスク販売で誤送信(トリニティ)

    メール配信プログラムのコーディングミス重なる、原価マスク販売で誤送信(トリニティ)

  5. iOSに“脱獄”につながる未対策の脆弱性(JVN)

    iOSに“脱獄”につながる未対策の脆弱性(JVN)

  6. 問い合わせフォームを悪用した不正メールに注意喚起、発信元IP特定し遮断(船橋市)

    問い合わせフォームを悪用した不正メールに注意喚起、発信元IP特定し遮断(船橋市)

  7. 愛知県の新型コロナウイルス感染者の氏名等495件誤掲載

    愛知県の新型コロナウイルス感染者の氏名等495件誤掲載

  8. コールセンター業務委託先で新型コロナウイルス相談記録データを誤送信(愛媛県、NTTマーケティングアクト)

    コールセンター業務委託先で新型コロナウイルス相談記録データを誤送信(愛媛県、NTTマーケティングアクト)

  9. 外部から不正にWebサイトのプログラム書き換え(高知県言語聴覚士会)

    外部から不正にWebサイトのプログラム書き換え(高知県言語聴覚士会)

  10. Scan BASIC 登録方法

    Scan BASIC 登録方法

ランキングをもっと見る