「ZOWHOW」が第三者から不正アクセス、セキュリティコードを含むカード情報が流出(新日本造形) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.06.18(火)

「ZOWHOW」が第三者から不正アクセス、セキュリティコードを含むカード情報が流出(新日本造形)

新日本造形株式会社は11月27日、同社が運営する陶芸・版画・クラフト用品ショップ「ZOWHOW」が第三者からの不正アクセスを受け顧客のクレジットカード情報流出の可能性が判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 4 枚 拡大写真
新日本造形株式会社は11月27日、同社が運営する陶芸・版画・クラフト用品ショップ「ZOWHOW」が第三者からの不正アクセスを受け顧客のクレジットカード情報流出の可能性が判明したと発表した。

これは2018年7月18日に、同社がクレジットカード決済代行を委託している会社から、同サイトにて利用されたカード情報の流出懸念についての連絡を受け判明したもので、同日中に同サイトでのカード決済を停止、第三者調査機関による調査も開始した。

9月14日に完了した調査機関の調査によると、同サイトのシステムの一部の脆弱性を突いた第三者の不正アクセスが原因で、同サイトで利用されたカード情報が流出し、一部のカード情報については不正利用された可能性も確認したとのこと。

流出した可能性がある個人情報は、2018年4月25日から7月18日に同サイトでカード決済を行った顧客のカード情報397件(カード名義人名、カード番号、有効期限、セキュリティコード)。

同社では既に、カード会社と連携し流出した可能性のあるカードのモニタリングを継続して実施し、不正利用の防止に努めているが、身に覚えのない請求項目の記載がカード明細にあった場合はカード会社に問い合わせるよう顧客に呼びかけている。

11月13日に同社では監督官庁である個人情報保護委員会に報告を行い、また所轄警察である蔵前警察署にも同日に被害申告を行っている。

今後、同社では調査結果を踏まえたシステムのセキュリティ対策と監視体制の強化を行い再発防止を図る。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. パスワードリスト攻撃による不正ログイン、カード不正利用確認(イオン銀行、イオンクレジットサービス)

    パスワードリスト攻撃による不正ログイン、カード不正利用確認(イオン銀行、イオンクレジットサービス)

  2. フィッシング詐欺キットに脆弱性、ターゲットは二度被害に遭う可能性(The Register)

    フィッシング詐欺キットに脆弱性、ターゲットは二度被害に遭う可能性(The Register)

  3. 「NOTICE」と合わせ、感染IoT利用者にも注意喚起(総務省、NICT、ICT-ISAC)

    「NOTICE」と合わせ、感染IoT利用者にも注意喚起(総務省、NICT、ICT-ISAC)

  4. Webサイトのサーバに第三者から不正アクセス、ウイルス感染や情報流出は確認されず(日邦産業)

    Webサイトのサーバに第三者から不正アクセス、ウイルス感染や情報流出は確認されず(日邦産業)

  5. 「脆弱性診断の内製化」セミナー、体験会も同時開催(SHIFT)

    「脆弱性診断の内製化」セミナー、体験会も同時開催(SHIFT)PR

  6. PostgreSQL において COPY 文の権限設定不備により遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

    PostgreSQL において COPY 文の権限設定不備により遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  7. 決済画面書き換えカード情報窃取(熊本ワイン)

    決済画面書き換えカード情報窃取(熊本ワイン)

  8. 約5,000枚の「振替払出書」と「振替払出証書」を紛失、誤廃棄の可能性(ゆうちょ銀行)

    約5,000枚の「振替払出書」と「振替払出証書」を紛失、誤廃棄の可能性(ゆうちょ銀行)

  9. Vtuber支援サービスでユーザーのメールアドレスが流出、暗号化されたパスワードの脆弱性も判明(ZIG)

    Vtuber支援サービスでユーザーのメールアドレスが流出、暗号化されたパスワードの脆弱性も判明(ZIG)

  10. セブン銀行を騙るフィッシングSMSに注意を呼びかけ(フィッシング対策協議会)

    セブン銀行を騙るフィッシングSMSに注意を呼びかけ(フィッシング対策協議会)

ランキングをもっと見る