「ZOWHOW」が第三者から不正アクセス、セキュリティコードを含むカード情報が流出(新日本造形) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.03.23(土)

「ZOWHOW」が第三者から不正アクセス、セキュリティコードを含むカード情報が流出(新日本造形)

新日本造形株式会社は11月27日、同社が運営する陶芸・版画・クラフト用品ショップ「ZOWHOW」が第三者からの不正アクセスを受け顧客のクレジットカード情報流出の可能性が判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 4 枚 拡大写真
新日本造形株式会社は11月27日、同社が運営する陶芸・版画・クラフト用品ショップ「ZOWHOW」が第三者からの不正アクセスを受け顧客のクレジットカード情報流出の可能性が判明したと発表した。

これは2018年7月18日に、同社がクレジットカード決済代行を委託している会社から、同サイトにて利用されたカード情報の流出懸念についての連絡を受け判明したもので、同日中に同サイトでのカード決済を停止、第三者調査機関による調査も開始した。

9月14日に完了した調査機関の調査によると、同サイトのシステムの一部の脆弱性を突いた第三者の不正アクセスが原因で、同サイトで利用されたカード情報が流出し、一部のカード情報については不正利用された可能性も確認したとのこと。

流出した可能性がある個人情報は、2018年4月25日から7月18日に同サイトでカード決済を行った顧客のカード情報397件(カード名義人名、カード番号、有効期限、セキュリティコード)。

同社では既に、カード会社と連携し流出した可能性のあるカードのモニタリングを継続して実施し、不正利用の防止に努めているが、身に覚えのない請求項目の記載がカード明細にあった場合はカード会社に問い合わせるよう顧客に呼びかけている。

11月13日に同社では監督官庁である個人情報保護委員会に報告を行い、また所轄警察である蔵前警察署にも同日に被害申告を行っている。

今後、同社では調査結果を踏まえたシステムのセキュリティ対策と監視体制の強化を行い再発防止を図る。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 不正アクセスで手帳アプリ「Lifebear」のアカウント情報が流出の可能性(ライフベア)

    不正アクセスで手帳アプリ「Lifebear」のアカウント情報が流出の可能性(ライフベア)

  2. 予約システム「Coubic」に不正アクセス、登録された個人情報が流出(クービック)

    予約システム「Coubic」に不正アクセス、登録された個人情報が流出(クービック)

  3. 疑問その3「クラウドのセキュリティ = CASB?」~日商エレに聞く、CASBとクラウドセキュリティの疑問

    疑問その3「クラウドのセキュリティ = CASB?」~日商エレに聞く、CASBとクラウドセキュリティの疑問PR

  4. 中国・ロシア・イラン・北朝鮮、国別国家支援アクター分析レポート(CrowdStrike)

    中国・ロシア・イラン・北朝鮮、国別国家支援アクター分析レポート(CrowdStrike)

  5. x86 アーキテクチャの不可解な「仕様」

    x86 アーキテクチャの不可解な「仕様」

  6. 不正アクセスによる改ざんで情報調査室ホームページと文献情報総合検索システムが2ヶ月間停止(広島大学高等教育研究開発センター)

    不正アクセスによる改ざんで情報調査室ホームページと文献情報総合検索システムが2ヶ月間停止(広島大学高等教育研究開発センター)

  7. iOSアプリ「an」に、情報漏えいの脆弱性(JVN)

    iOSアプリ「an」に、情報漏えいの脆弱性(JVN)

  8. 「中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン」を2年4カ月ぶりに改訂(IPA)

    「中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン」を2年4カ月ぶりに改訂(IPA)

  9. ニュージーランド乱射事件犯人、同程度の時間かけ SNS 拡散を準備 ~ ソーシャルメディアが作った世界

    ニュージーランド乱射事件犯人、同程度の時間かけ SNS 拡散を準備 ~ ソーシャルメディアが作った世界

  10. お勧めIoTセキュリティガイドライン5種--診断レポート(ラック)

    お勧めIoTセキュリティガイドライン5種--診断レポート(ラック)

ランキングをもっと見る